PVアクセスランキング にほんブログ村

Web内覧会

Web内覧会 LDK#1 デンマーク建築家の自宅をモチーフにした家

2021年1月16日

web内覧会LDK

今回からWeb内覧会は「LDK」に入ります。

LDKは我が家の家づくりイメージを最も強く反映しています。1回目は、「新築にあたりどんな建築イメージを持っていたか」について説明します。

次回以降、キッチンや北欧家具についても紹介します。前回までのWeb内覧会記事はこちらです。

こちらもCHECK

Web内覧会玄関
Web内覧会 ビンテージの照明とシューズボックスが迎える我が家の玄関

2020年末に待望の新居が完成。夫婦で意見を出し合いながら作りあげた「大きな中庭のある平屋」です。Web内覧会では、玄関から順番にご紹介します。これから新築される方のご参考になればと思います。 目次( ...

続きを見る

こちらもCHECK

中庭のある平屋
Web内覧会「中庭のある家」の「回遊廊下」、生活・来客動線の分析と廊下幅

今回からWeb内覧会は「廊下とロフトにあがる階段」です。 間取り作成の本を読むと「廊下を増やすと生活スペースが減る」「廊下はできるだけ減らすべき」といった説明を目にします。 一方で、中庭を中心とした回 ...

続きを見る

1冊の本との出会い、北欧建築家との出会い

東京体育館プールからの帰り道、「カールハンセンに寄り道しよう」と外苑西通りを歩いている時に見つけた家具店(O-ROSE FURNITURE)。

ここで紹介された1冊の本が我が家の家づくりのターニングポイントです。

家づくりのターニングポイント

家づくりのターニングポイントとなった本は、"Scandinavian Modern Houses #1" (Living Architecture Publishing) です。

Scandinavian Modern Houses

全部で#5までありますが、我が家のバイブルとなった#1には

  • Arne Jacobsen別荘
  • Alvar Aalto自邸
  • Finn Juhl自邸
  • Hanne & Poul Kjaerholm自邸

など、北欧家具の歴史に名を連ねる巨匠にまつわる建築が多数掲載されています。その中から我が家が最も感銘を受け、家づくりの目標とした建物が「Halldor Gunnløgsson 自邸」です。

懐かしさを感じる Halldor Gunnløgsson自邸

Halldor Gunnløgssonは、北欧ミッドセンチュリー期に活躍したデンマークの建築家。我が家がコンセプトとした彼の自宅は、1958年に建築された平屋住宅です。

1950年代は戦時中の物資不足もひと段落し、フランク・ロイド・ライトやミース・ファン・デル・ローエに代表される新しい建築スタイルを取り入れる動きが強くなります。

また、同時に日本の伝統的な建築様式や文化、芸術も、アメリカを通じてデンマークへ伝わります。Gunnløgssonも、日本建築の影響を受けた1人と言われています。

オープンプランという考え方

Jørn Utzon(シドニーのオペラハウスの設計者)が、1953年に建築した自宅で初めて導入した考えが「オープンプラン」とされます。

Jørn Utzonとの親交が深く、彼の才能に魅せられていたGunnløgssonも、自宅の設計でこのオープンプランを採用します。

独立した個室はバスルームと寝室だけ。キッチン・ダイニング・リビング・書斎は仕切りの無い大空間です。この空間をダイニングテーブル・ソファなどの家具で緩くゾーニングしています。

Gunnløgsson邸から考えた家づくりのエッセンス

家具を中心としたフリーアドレス

先ほどのオープンプランをLDKの空間作りで採用しました。

欲しい家具があり、その家具でどう過ごしたいかというイメージははっきりしていました。家づくりでは細かい仕切りは設置せず大きな空間だけを作り、細かいゾーニングは家具の配置で決めていきます。

最適な家具のある場所でやりたい事をする。家具を中心にしたフリーアドレスです。

配色設計、カラースキーム

Gunnløgsson自邸で使われている色は、ベースカラーでグレイ、メインカラーでブラック・ブラウン、アクセントでグリーンとレッドです。

基本のベース・メインは、同じくグレイ・ブラック・ブラウンで統一しました。壁・床でグレイを使い、窓サッシ・建具・キッチンはブラック、天井や木製家具でブラウンです。

問題のアクセントカラーは一旦保留にしています。外向きの大きな窓が無くカーテンは不要なので、生活し始めてから家具や全体のバランスを確かめながら考える事にしました。

平屋の中庭を囲む大窓

中庭のある平屋

Gunnløgsson自邸の大きく広がる窓は再現できませんでしたが、平屋中央に18畳の大きな中庭を配置し、LDKを含む3方向に大窓を設置しています。

リビングの窓は、高さ2.4m 幅4m(方立を含む)と大きな窓を設置することで、暗くなりがちな平屋を明るく開放的にしています。

モミジやツツジ、苔のある和風な中庭です。昼は採光、夜は景観と1日を通してLDKに華を添えます。

チーク突板の天井

web内覧会LDK

Gunnløgsson自邸は天井にパイン(松)材を貼り、構造の梁は黒くペイントされています。このイメージを再現してみました。

天井にはチーク突板を貼っています。2種類の厚みの板を交互に貼る事で、平らな天井に陰影を作っています。黒くペイントされていた梁は、ダクトレールを設置する溝で再現しています。

壁は左官壁を希望しましたが値段が高く断念しました。代わりにフリース(不織布)壁紙の「エコフリース」を全面で使用しています。質感が高くぱっと見では壁紙とは思えない仕上がりです。

Mix貼りの石目調床タイル

リビエラアルティカ

床はGunnløgsson邸では大理石を馬貼りにしています。天井のパイン材と無機質な大理石のコントラストが印象的です。この雰囲気を再現するためタイルを探して回りました。

最終的に選んだのは「リビエラタイル・アルティカ」。サイズが6種類あるので、ランダムに見えるように大きさをミックスした馬貼りで仕上げています。

我が家の「ランダムに見せたい」という要望を叶えるためのインテリアコーディネーターの力作です。設計間取りに、LDK・玄関・洗面・廊下・トイレなど全て割り付け指示が含まれています。

平屋で低く抑えた天井

web内覧会LDK

Gunnløgsson邸でとても印象的な天井までの大開口窓は、中庭に面する大窓で再現しました。

ここで問題となったのはフルハイト窓のコスト。最近は高天井も増えており、ハウスメーカーによっては2.7m高の窓もオプション設定可能です。我が家も天井高2.7mを希望していました。

しかし、ただでさえ幅の広い特注窓を、2.7mのフルハイト窓にすると完全に予算オーバーでした。このため天井高を2.4mにしてフルハイトを取るか、2.7m天井の垂れ壁付き窓にするかの2択です。

悩みましたが、Gunnløgsson邸のシンプルな線構成を優先するために、2.4mの天井高でフルハイト窓を選びました。

ミニマリストの鬼才が生み出した家具

ポールケアホルム

Gunnløgssonはケアホルムとの親交も深く、PK0・PK25・PK11など多くのケアホルム家具が並びます。この点もGunnløgsson邸が気に入った理由です。

我が家では籐編みのPK22、エレガンスレザーのPK80、ガラス天板のPK61が並びます。シンプルな線構成の内装とミニマリスト ケアホルム家具はとても良く似合います。

まだカーペットがないのでメリハリが効いていません。今後、シンプルな北欧ラグを購入する予定です。

全体を照らさず陰影を意識した照明

ルイスポールセン

照明では、ビンテージのアンバー色のルイスポールセンを中心に、電球色の狭角スポットライトを多用しています。

全体を照らさず家具や部分的な動線だけを最低限で照らします。光と影のコントラストがはっきりするので、空間に立体感が出ます。

手元や部屋の隅はフロアライトで間接照明を入れながら、適宜調整していきます。

最後に

家づくりを始めた頃はどんな家にしたいかも分かりませんでしたが、1冊の本との出会いで建築のイメージがはっきりとしました。

過酷な自然環境の中で快適に生活する工夫がたくさんある北欧住宅は、日本の住宅建築でも参考になります。窓サッシなど気密断熱面でも日本より進んでいます。

日本でも高性能窓が増えており選択肢は十分です。一方で、建築士や建築会社によると、36畳の大空間にこれだけ大きな窓を設置して、耐震性と気密断熱を両立するにはまだまだ制約も多いそうです。

最後まで読んでいただき有り難うございました。次回は、LDKでチーフテンチェアを設置しているエリア「エンタメエリア」をご紹介します。

こちらもCHECK

web内覧会LDK
Web内覧会 LDK#2 緩く日常使いできるホームシアターエリア

Web内覧会 LDK#2ではシアターエリアを紹介します。新築時に本格的なホームシアターを設置する方もいますが、我が家は緩めのホームシアター。家具で空間を定義するため建築側では特別な対応は行っていません ...

続きを見る

Web内覧会ロフト・SIC
Web内覧会 収納が足りない!デットスペースを活かした大型ロフトと玄関収納

2022/4/6

Web内覧会は今回で最後となります。屋根裏のデットスペースを使った大型ロフトと玄関収納をご紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1平屋の方 ...

Web内覧会 幅が足りない!最初に戻ってやり直したいと思ったトイレ

2022/4/6

今は気にしていませんが、設計途中で気がついた時には夫婦で大騒ぎ。なんで早く気づかなかったのかと悔やみました。我が家のしくじりポイント「トイレ」のご紹介です。 なお、アイキャッチにある版画は後半で紹介し ...

Web内覧会仕事部屋
Web内覧会 納戸改め仕事部屋 IKEA家具が並ぶ唯一のフローリング個室

2022/4/6

Web内覧会も残りあと数回です。今回の仕事部屋の他、トイレとロフト納戸で終了です。中庭や外庭の植栽工事も一巡し、ようやく生活に落ち着きが出てきました。 前回のウェブ内覧会記事「和室客間」はこちらです。 ...

ウェブ内覧会客間和室
Web内覧会 和室客間 使用頻度は予想以上、椅子に疲れたら和室

2022/4/6

中庭の植栽工事もひと段落。あとは苔貼りと砂利入れを残すのみです。外庭の植栽工事も一旦終わり。 中庭、外庭の両方に面し我が家で一番眺めの良い和室客間となりました。設計時の考えや採用した建材を紹介します。 ...

web内覧会寝室・WIC
Web内覧会 寝室・WIC 和室寝室と通り抜け動線を作るWIC

2022/4/6

小学生の頃は畳に布団を敷いて、兄弟3人で川の字で寝てました。中学の頃、引っ越しそれからはずっとベッド生活です。 そんな長い付き合いのベッドですが、新築ではベッドを手放し「和室に布団」にしています。LD ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-Web内覧会
-, , ,