PVアクセスランキング にほんブログ村

外構・植栽・菜園

やっと中庭が完成!その後、八掛で四苦八苦の梅の木移植、植栽工事5日目

2021年4月2日

スナゴケ

DIYを含め5日間にわたる植栽工事も今回で終了となります。何も植えていない庭を眺めて、春を待ち続けた数カ月もこれでおわりです。今回は中庭の最終工事と植木屋さんにアドバイスをもらったDIYの修正項目です。

前回記事「植木屋さんの工事完了」はこちらからどうぞ。

こちらもCHECK

ハラン植え付け
植木屋さんの外庭完成!アプローチにハランとトクサをちょい足し 植栽工事4日目

植木屋さんによる植栽工事は、今回含めてあと2日で一旦終わります。中庭の工事ではプロならではの拘りや作業のメリハリに驚きました。今回は、植木屋さんによる外庭の植栽工事とちょっとしたアプローチの植栽DIY ...

続きを見る

植木屋さんの中庭工事完了

今回の作業内容は自力でやろうと考えていましたが、植木屋さんにお願いしても費用があまり変わらなかったので、作業をお願いしました。大きく3つの作業を予定していましたが、そのうち一つは中止になってます。まずは、作業内容をひとつづつご紹介します。

スギゴケの貼り付け

作業の最初はスギゴケの貼り付けで、施工場所は2カ所あります。

和風庭園

イロハモミジ、枝垂れモミジの足元に、築山を中心としてコケを貼ります。貼り付け面積は畳1畳分ぐらい。この中庭では比較的日当たりの良い場所です。

2人がかりでどんどん貼っていき、小一時間で貼り付け終了。早いですね。

2カ所目はヤマツツジの足元(トップ画像の場所)ですが、この場所は直射日光の当たらないシェードガーデン。

暗渠排水

三方をタイルに囲まれ大雨の日はプールになっていた場所ですが、DIYで暗渠を設置した結果、排水も改善しプールになる事はありません。

無理矢理作った感の強い暗渠なので、植木屋さんも苦笑いしていましたが、ちゃんと機能しています。

苔の生育環境ですが、四方を建物に囲まれた中庭で、一部を除き直射日光はほとんど当たりません。風が強い日は中庭内でつむじを巻く事もあります。降ってくる落ち葉の動きを見ていると地表付近ではまっすぐ落下していますので、苔のある地表付近ではそれほど強い風は吹いていない様です。苔の大敵『乾燥』の原因となる日光と風が少なく、栽培環境としては悪くないはずです。

まだ貼り付け直後で、苔マットの継ぎ目がよくわかります。砂利との境目もはっきりしていて取って付けた感が強いです。今後苔が根を張り、マットの継ぎ目、砂利との境界がぼやけてくるともっと自然な見た目になると思います。

防草シート設置

スギゴケ周りには白い玉砂利が入ります。砂利の下に防草シートを貼る予定でしたが、予想以上に砂利敷きの幅が狭く、シートを施工しないことになりました。若干ですが、コストダウンできました。

気になる雑草ですが、家の外周、犬走りにも防草シートと砂利を敷いていますが、草が全く生えないわけではありません。結局、一定期間で抜いて回るか、除草剤を使います。中庭の砂利は範囲も限られているので、気になった時に草を抜くだけでも十分だろうという結論です。

白玉砂利

枯山水は無理ですが、水をイメージして白玉砂利を入れてます。黒砂利と迷いましたが、サッシや屋外家具の色とも被るので、当初のイメージ通り白としました。中央タイルデッキとの色被りを懸念しましたが、玉砂利表面の艶感がタイルの荒れた表面とは異なり、色が近くても被るほどではなかったです。

夜ライトがない状態でも、白い砂利のお陰で庭全体が明るく感じます。黒い石だと土か石か分からなかったかもしれません。ライトアップした時、白い石に映る影がはっきりと陰影を作るのも、白玉砂利ならではです。

中庭でこだわった事

中庭のヤマツツジ

外部と閉ざされたプライベートスペースです。設計当初は四方に窓を設置して、全方向から中庭を見られるように希望しました。

「壁面をスクリーンのようにつかって、植栽の影を投影する方法もある」とのアドバイス(ミサワホーム設計さん)もあり1面のみ壁です。

耐震面でも強くなりますし、こうして正解だったと思います。

四方全方向からの視線を満たすように外構、植栽の設計を行うと、「あちらを立てるとこちらが立たず」といった配置の制約も多くなります。一面が壁になっていると、どの面を表とするか、裏とするかが自ずと決まるため、植栽の配置やタイル、ドアの配置が考えやすくなりました。

人が集まった時のBBQスペースや普段すわって安らぐ空間、和室やLDKから眺める空間として、色々な使い方のできる中庭ができました。

今後の追加計画

せっかく築山があり、これだけ和の雰囲気がある中庭なので、小さくても良いので雪見灯篭を置きたいと話しています。最近はあまり人気がないのでしょうか?メルカリやジモティでの出品も見かけます。処分するとなると費用もかかるので、冷静に考えたいと思います。

植木屋さんからは、センリョウやマンリョウ、ナンテンなど赤い実がなる植物があっても良いのではとの話があります。灯籠もこの植物も築山まわりの配置なので、今ある植物の具合を見ながらバランスを取って進めたいと思います。

BBQスペースでもあるので、GISELEやニチエスの屋外家具を見てきました。ここまで和の色が強くなると、どちらも洋の印象が強く選びにくくなります。Costcoの合成木材も考えましたが、今のイメージを崩しそうで一旦取りやめにしました。勇んで購入しなくてよかったです。

スノーピークやモンベルなど、アウトドアブランドの取り扱うキャンプ用品も考えています。簡単に片付けられるので中庭の雰囲気を邪魔しないですが、自分たちの性格と照らし合わせると、毎回片付ける事は最初のうちだけだと思います。

雨風で劣化せず、出したままでも雰囲気を壊さない選択肢として今考えているのは、信楽焼のテーブル・スツールセットです。雰囲気だけなら峠の茶屋っぽく縁台とテーブルでも良いのですが、屋根がない中庭では木材系は使いにくいです。焼き物ならば雨風にも強く雰囲気にもあるので有力候補になっています。来週には最終決定する予定です。

DIY作業内容

植木屋さんが中庭で苔や砂利作業をしている間に、アプローチの梅の木を植え替えました。残念ながら植木屋さんの作業が先に終わり八掛が間に合わず、最終確認は行えませんでした。八掛はイマイチだと思っていますが、DIY作業の内容もご紹介します。

梅の木の移植

水道メーターに近すぎて先々不安と言われた枝垂れ梅を植え替えました。場所を植木屋さんと相談し、外庭の梅とヤマボウシの間に移動しています。外庭はアプローチと異なり土の入れ替えを行っていないので、掘ればすぐ石や土丹がゴロゴロ出てきます。

枝垂れ梅植え替え

直径70cm、深さ50cmほどの穴を掘り、腐葉土、培養土、黒土を混ぜて植えています。

堆肥など肥料の手持ちがなかったので培養土で代用しましたが、日々新芽も次々出てきているので順調だと思います。

八掛やり直し

枝垂れ梅

直径10cm、長さ3mぐらいの青竹を2本植木屋さんに譲ってもらい設置しました。かなり難しかったです。

ヤマボウシの八掛を参考にしながらやりましたが、結局、竹も足りなくなり外庭の枝垂れ梅はなんとか固定できた程度です。

枝垂れ梅

問題は樹高2m超のアプローチの枝垂れ梅です。幅1mほどのアプローチでスペースが狭く、さらに下には水道管が通っています。

自由に竹を差し込む場所が選べませんでした。また、枝葉も多い木なので1カ所がうまく通ると他の枝が干渉し、なかなか位置が決められませんでした。

水道管を優先すれば枝に当たり、上の枝に合わせれば下の枝に当たると、パズル用な作業でした。途中で竹も足りなくなり、最初に使っていた細い竹を使ってなんとか固定しました。不安の残る八掛です。

なんとなく植木屋さんの作業を見ているとできそうな気もしますが、実際にやってみるとなかなかうまく固定できません。やり方も経験も違います。シュロ縄さえもうまく結べず、何度も結び直すうちにシュロ縄も足りなくなりました。台風前までにリベンジしたいと思います。

まとめ

植木屋さんにお願いする事、自分たちでやる事を考えて植栽工事をやりました。「さすがプロの仕事」と発見も多かったです。植物園の方との新しい出会いもありました。みなさん楽しそうに植物の話をしている笑顔がとても印象的です。

掘れば出てくる石に心折れかけ、出てきた石の処分で悩み、自分たちで植えた植物が育つか心配し色々と苦労しましたが、予算内でこれだけの庭を手に入れたので、苦労した甲斐があったと思います。しばらくはこまめに水やりをしながら、我が家と共に末長く育ってくれることを願います。

これから家を建てられる方へ

庭の土いじりは戸建てならではの醍醐味です。初めての作業で不安もたくさんありあますが、プロの経験や知識に助けてもらえると心強いです。

ショールームや打ち合わせと忙しいと思いますが、時間を見つけて、庭づくりのサポーター探しもやってみてはいかがでしょうか?

気分転換にもなりますし、新しい楽しみやイメージが見つかるかもしれません。

最後まで有難うございました。植栽工事の記事は、今回で一旦完結です。今後は植えた草木の成長具合、お世話になっている植物園(樹木屋)をご紹介していきます。

トウガラシってナス科?
トウガラシってナス?連作障害を避ける輪作カレンダーと土入れ替え

2022/5/20

5月上旬には家庭菜園をスタートする予定。このため、4月は畑やプランターの土の準備を行っています。 美味しい野菜を育てる上でとても重要な土ですが、昨年は知識不足から植え付ける野菜を選択ミス。同じミスを繰 ...

ガーデンエッジの設置
自分でできる土留め トクサエリア・アプローチ庭に連杭の設置完了

2022/5/20

今年最初の庭づくり作業「トクサエリア・アプローチエリアの土留め」を設置。今までは土留めがなかったので、 大雨の日にはアプローチ庭の黒土が砂利へ流出 トクサを植えている法面の土が流れてトクサの根元が露出 ...

【2022年の作業計画】暖かくなったので、庭づくり・家庭菜園を再始動!

2022/5/20

雪の多い寒い冬でしたが、日に日に気温も上がりあっという間に春。庭木のイロハモミジ、紅梅も新緑が広がり清々しい景色に変わりました。土いじりをしやすい季節になったので、今年の「庭づくり」「野菜づくり」の計 ...

クラピア
3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

2022/5/20

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピア ...

クラピア
花も咲きました。元気いっぱいのクラピア、植え付け1ヶ月後の成長状況

2022/5/20

引っ越してから半年かけて庭づくりをしてきましたが、最後の仕上げグランドカバーにクラピアを植えました。 成長が早いと聞いていましたが、植え付けから1ヶ月驚くほど大きく育っています。植え付け後1ヶ月のクラ ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-外構・植栽・菜園
-,