PVアクセスランキング にほんブログ村

家づくり

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

2021年8月26日

壁紙選び

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。

こちらもCHECK

漆喰、珪藻土、ペイント
【採用検討した湿式壁3種】それぞれの機能性や意匠性の特徴を紹介

内装の壁仕上げ材と聞くと真っ先に思い浮かぶのは塩ビクロス。日本では、単価が安く施工業者も多い塩ビクロスが圧倒的。これに不織布や紙も含め、壁紙による仕上げを乾式壁と呼びます。 一方で、職人が手作業で仕上 ...

続きを見る

こちらもCHECK

壁材探し
希望の壁材はどうやって探す?「試行錯誤した壁材探し」と「効率が良かった探し方」

新築当時、壁材といえば壁紙、壁紙といえば塩ビクロスしか知りませんでした。実際探してみると、左官壁、ペイント、フリース壁紙、非塩ビ壁紙、塩ビ壁紙と多くの種類があります。 こだわって選んだ家具が配置される ...

続きを見る

塗装壁を断念した頃、並行して壁紙も検討していました。壁紙の本命は不織布クロス「エコフリース」、塩ビ(ビニール)クロス+αのコスト・工期で、塗装壁のような質感が手に入ります。

塩ビクロスが主流の壁紙ですが、最近は非塩ビで不織布・織物・和紙といった素材の良さを活かした質感の高い壁紙も増えています。施工面積が広くコストインパクトは大きいので、適材適所が大切です。

今回の記事では、実際に我が家で採用した「壁紙4種の特徴」と「特徴に沿った適材適所な採用」について紹介します。まずは、比較検討した4種類の壁紙に星をつけてみました。(我が家の意見です。)

項目 エコフリース 非塩ビクロス 塩ビ(1000番) 塩ビ(100番)
意匠性 ★★☆ ★★☆ ★☆☆ ☆☆☆
機能性 ★★☆ ★★☆ ★★☆ ☆☆☆
耐久性 ★★☆ ★☆☆ ★☆☆ ★☆☆
コスト・工期 ★★☆ ★☆☆ ★★☆ ★★★
星の数 8 6 6 4

塗壁のような質感「エコフリース」

エコフリースを最初に見つけたのはある建築士さんのブログ。その後、建築会社(当時は候補)ジューテックホームでも採用可能と聞き、建築実例を見せてもらい塗装壁の代替として採用しました。

パルプとポリエステルを原料とした不織布(フリース)壁紙で、マットな質感・簡単には破れない強度・塩ビクロス+αのコストが特徴です。

エコフリースの公式ページはこちらです。

質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)

見る人が皆、「塗装壁?」と聞きます。壁紙とは思えない質感は、これだけで選ぶ価値があります。こだわった北欧家具や絵画の背景としても、違和感なく馴染んでいます。

カラー展開・エンボス加工

表面に細かい毛羽立ちが光を拡散し、テカらずマットな質感。色は11色、さらに、色によってはエンボス加工(フラット・#70・#50)があり、合計19パターンから選べます。

我が家はノルディックグレー色(フラットのみ)を選択。超短焦点プロジェクターを壁面投影するので、エンボス無しのフラットがあると助かります。(詳細は下の記事からどうぞ)

こちらもCHECK

超短焦点プロジェクターEH-LS500
大画面テレビを置かない選択!エプソンEH-LS500とプライベートビエラ

新居への引っ越しで家電を一新しましたが、その中で悩んで悩んで購入を決めたのが、超短焦点プロジェクター「EPSON DREAMIO EH-LS500」。 天吊プロジェクターも考えましたが、我が家のインテ ...

続きを見る

残念なところ2点

残念なのはつなぎ目が目立つ事。他の壁紙でも単色・エンボス無しはつなぎ目が目立ちます。エコフリースは突き付け施工なので、さらに目立ちます。それでも遠目には分からない程度です。

エコフリースのつなぎ目

もう1点は、出隅(凸コーナー)部分の見た目です。一部の出隅では、厚紙を折り曲げたようなシワがよってます。硬い壁紙でちょっとした施工の差が出やすいそうです。我が家では気にならないレベル。

エコフリースのデメリット

下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)

不織布なので透湿性が高く石膏ボードの調湿性能を阻害しません。公式ページにある比較試験では、通気性塩ビクロスに比べて、吸湿量は1.7倍、放湿量では2.3倍となっています。

珪藻土のように壁材として調湿する素材ではありませんが、調湿能力の高い石膏ボードと組み合わせれば、十分な調湿効果を期待できます。厚みのある壁下地材で調湿するのは理にかなっています。

公式ページでは、「調湿素材」と書かず「通気・透湿」と表現されている点に好感が持てます。

簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)

現場監督によると「とにかく頑丈な壁紙」だそうです。生活し始めて実際に頑丈さを感じました。

ダメージの比較

エコフリースの特徴

写真左側がエコフリース。SICに吊っていたロードバイクが落ち、金属部品が擦った跡です。下地の石膏ボードが少し凹みましたが、エコフリースは破れず。汚れはメラミンスポンジで落としました。

写真右側がビニールクロスです。ロードバイクを吊るす時に金属部が少し擦っただけですが、燕尾クロスは破れていました。これは修理しようがないので、放置しています。

汚れの落とし方

汚れ落としには、消しゴムやメラミンスポンジが使えます。メラミンはキッチン天板にも使われる硬いプラスチック。エコフリースの頑丈さがよく分かります。

それでも落とせない汚れがには、補修用塗料を取り寄せタッチアップも可能。先程の傷は、いつかタッチアップで直すつもりです。

塗装下地にもなる

長く住んで色褪せてきたら、エコフリースを塗装下地にして上から塗装することができます。将来、塗り替えてイメージを変えられるのも大きなメリットです。

塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)

施工費用は、100番クロス比で2倍、1000番クロス比では4割増しでした。塩ビクロスよりは高価ですが、塗装壁に比べれば大幅に安く済みます。塗装壁に近い質感がこの価格なら十分だと思います。

工期も塩ビよりは多少長くなりますが、塗装に比べればはるかに短いです。施工できる職人さんが限られているので、早めに採用を決めてスケジュールを押さえてもらう方が良いと思います。

多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」

珪藻土クロス

住宅展示場で見かけてショールームへ確認しに行きました。和紙・織物・麻・金属箔など色々な種類の壁紙が展示されています。

我が家は客間で珪藻土クロスを採用。粉落ちしないので掃除の手間や日常生活で気を使う事なく、珪藻土の質感を楽しむ事ができます。

多彩な素材で質感高い(意匠性:★★☆)

KAMISM和紙クロス

サンゲツだとエクセレクトシリーズやリリカラのマテリアルズシリーズなど、大手壁紙メーカーでも非塩ビクロスのラインナップがあります。

鉱物・和紙・織物・金属箔と素材感を全面に押し出したデザインで、塩ビとは異なる落ち着いた光沢感や柔らかい質感が特徴です。まとめて確認できるのは大手ショールームの良さです。

非塩ビクロスの場合、専門メーカーという選択肢もあります。特に和紙や織物は専門メーカーならではのこだわりのラインナップが豊富で、大手で物足りない人でもお気に入りが見つかります。

襖表に採用したKAMISM株式会社は、様々な和紙に職人の手作業で模様をつけた創作和紙を使い壁紙に仕上げています。大量生産とは異なる高いデザイン性と素材の質感が特徴です。

耐久性は様々、部分的な補修は難しい(耐久性:★☆☆)

和紙壁紙は紫外線・熱・水に弱いので、汚れを拭き取ることも難しく日常生活では気を使います。タッチアップ補修もできないので、ちぎり絵のように貼り重ねて補修するそうです。センスが必要です。

織物壁紙は帯電しにくいので埃が付きにくく、強度も高く全般的に耐久性は良いそうです。ただし、一旦糸がほつれてしまうと部分的な補修は難しくなります。汚れによっては衣類と同じくシミになるので、注意が必要です。

価格は素材次第(コスト・工期:★★☆)

価格は素材次第。手仕事の和紙や金箔は素材自体が高価で、平米単価で1万円を越えるものも多数あります。大量生産ではないので値引きが少ないのも高くなる理由です。

値段が高くなる理由はもう1つ。施工には特殊な技術が必要です。施工の注意書きを見ても通常のクロスとは取り扱いが違うという記載があります。

和紙や箔は薄いので下地の状態が表に出やすいです。下地処理でも要求が高く費用・工期に影響します。やはり特殊な壁紙の場合は、検討初期、早い段階で要望を伝える必要があります。

次のページではコスパ壁紙、ビニール1000番/100番」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-家づくり
-,