PVアクセスランキング にほんブログ村

家具

我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2021年11月20日

ポールケアホルム PK80

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。

徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1本までこだわり抜いてデザインされたケアホルムの代表作です。

デイベッドという家具を設置するのは初めてですが、色々な使い方ができるユーティリティ家具。予想以上に便利です。日常的な使い方も紹介します。

前回の記事では、我が家のアイコン「チーフテンチェア」についてご紹介しました。

こちらもCHECK

フィンユール チーフテンチェア
我が家の北欧家具紹介#1 家づくり、始まりの椅子「チーフテンチェア フィンユール」

夫婦で家づくりを考え始めたのは5年前のゴールデンウィーク。マンション探しに疲れ、思いつきで訪れた平沼住宅展示場が家づくりの始まりです。 しかし、漠然と戸建という希望はあっても、具体的な家のイメージはあ ...

続きを見る

「ここで漫画を読みたい」で始まったデイベッド

ポールケアホルムPK80

このPK80と出会ったのは表参道(今は外苑前に移転)にあったフリッツ・ハンセンの地下ショールーム。階段を降りた先に広がる世界に目を奪われました。

そこにはファブリック仕上げのPK80(中央奥)がありました。その他、PK22(右上2脚)、PK33(右下)、写真外にはPK61やPK31もありました。

その中で妻の目に止まったのはPK80。このデイベッドの上で、ワイン飲みながら漫画を読みたいとか…。店員さんも苦笑い。これが我が家のポール・ケアホルムとの出会いです。

強い信念を持った孤高のデザイナー

ポールケアホルム
"Detail of Never Realized Poul Kjærholm Prototype" by plindberg is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/, PK0

デンマーク美術工芸学校の教師だったハンス・J・ウェグナーに師事し、卒業後フリッツ・ハンセン社に入社。社内でのデザイン選考の結果で、意見の相違があり1年で退社したそうです。

その後、生涯に渡る家具製作のパートナー、アイヴァン・コル・クリステンセンと出会い、1956年、PK22とPK61を発表。翌年にはPK22がグランプリを受賞し、その名を世に知らしめます。

木製が多い北欧家具で、ステンレスフレームに、皮革、布、ガラスや石などを組み合わせ20点近い作品を発表。PK22のデビューから24年後の1980年、51歳の若さでこの世を去ります。

フリッツハンセン

セブンチェアやグランプリチェアでお馴染みの曲げ木(成形合板)技術を最初に確立したのがフリッツ・ハンセンと言われています。

ケアホルムが退社するきっかけとなった社内選考では、ケアホルムはPK0という曲げ木技術を全面に使用したラウンジチェアをデザインしています。(上写真)

PK0は社内選考で落選。一方で開発対象として選ばれたのが、アルネ・ヤコブセンのアリンコチェアです。ケアホルムはフリッツハンセンを離れます。

そのPK0ですが、1996年に数量限定でフリッツハンセンから販売されました。シリアル入りの実物を1度だけ目にしましたが、真っ黒なボディで目を奪われる存在感です。

リデザイン × ミニマリスト

ポールケアホルム PK80

今回紹介するPK80や代表作であるPK22は、近代建築家3大巨匠の1人に数えられるミース・ファンデル・ローエのバルセロナシリーズをリデザインしたもの。

ポールケアホルム PK80
"Farnsworth House in Plano, IL. Designed by Ludwig Mies van der Rohe in 1949." by Ronald Douglas Frazier is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/, バルセロナデイベッド

上の写真にあるバルセロナデイベッドをリデザインしたものがPK80。ケアホルムのリデザイン手法は引き算で、丁寧に抽出された出汁のようにすっきりシンプルながら奥深い味わい。

ケアホルムがデザインするものには一点の曇りもない。彼がミニマリストの鬼才と呼ばれる所以です。

フリッツハンセン

ミニマリストとされるケアホルムですが、彼の自宅の庭は紅葉や庭石のある砂利敷きの和風庭です。屋内を飾る絵画では日本画も飾られています。

我が家のPK家具エリアの正面には、イロハモミジと垂れ紅葉が赤く染まる中庭があります。和モダン x 北欧家具を意識していた我が家にとって、ケアホルムの家具は必然の選択です。

PK80の特徴

ケアホルムはバルセロナデイベッドをどの様に認識しリデザインしたのか、PK80の特徴をまとめます。

最低限の直線で構成されるデザイン

ポールケアホルム PK80

我が家の設計時には空間を構成する線は最低限に留める事にこだわりました。空間がすっきりシャープな印象になります。

このデイベッドでも、フレームを構成するステンレスは全て直線的な板の組み合わせです。バルセロナベッドから彼が抽出したのは、直線で構成するシンプルな構造。

ステンレスの板厚は約1cm、脚やフレームの角は最低限の面取り程度でほぼピン角です。

驚くほど部品数が少ないデイベッド

フレームは、2組の門型フレーム(脚)、ベッドを支える2本のフレーム、それらを繋ぐ部品4つ、ボルトナット8セットのみ。

その上に樹脂製のベッド台座、台座とフレームを固定するゴムリング8本、ベッドマットレスが全ての部品です。

無駄なものを見せない工夫

ポールケアホルム PK80

フレームのステンレス板はサテン調でマットな仕上げ。悪目立ちはしないがレザーのマットレスとの質感の対比はしっかり表現されています。

フレームと脚を繋ぐナットは、表裏どちらから見ても同じ見た目になるようにデザインされた特注品。見ただけでは、どちらがナットかボルトか全くわかりません。

台座はマットレスより一回り小さく、マットレスに隠れて見えません。フレームの上にマットレスが浮いているようにも見えます。

バルセロナデイベッドとの違い

ポールケアホルム PK80

フレーム・台座・マットレスの耳を、まとめてゴムリングに挟み込んで固定しています。置くだけでは使用中にマットレスが動くので、マットレスの固定は必須。

バルセロナデイベッドの側面に見えているようなベルトを使えば、簡単に固定することができます。そうしなかったのは、直線を細切れにするベルトが許せなかったと想像しています。

最低限の部品点数で、直線的なイメージを阻害するものや不要な線を徹底的に排除しつつ、実用性を考え抜いたデザインだと考えます。

メーカーや販売店に関して

このPK80は現行品でフリッツ・ハンセンによるものです。ビンテージでは、パートナーEKC製もよく見かけます。

以前のフリッツハンセンの店舗は表参道駅近くにありましたが、2021年4月に外苑前駅から徒歩数分の所に移転。外苑西通りに沿いの開放的な建物で、隈研吾氏による設計。

この通り沿いにはカールハンセン&サンやボーコンセプトもあり北欧家具通りになりました。お隣の青山1丁目駅に行くと、バルセロナシリーズを販売するKnollのショールームもあります。

PK80を購入した店舗は、銀座1丁目駅から徒歩数分のところにあるDansk Mobel Gallery。トーンを抑え落ち着いた静かな店内に、フリッツハンセン、PPモブラー等の名作家具が並びます。

インテリアコーディネートにも力を入れており、我が家のインテリアでも沢山のアドバイスを頂きました。

同じ建物の1Fにはビンテージショップ Luca Scandinavia もあります。青山-銀座の家具探訪ルートは、ランチもしながら1日たっぷりと楽しめる定番コースです。

我が家のPK80との付き合い方

デイベッドというあまり馴染みのない家具ですが、使ってみるととても便利なユーティリティ家具です。

設置場所論争

どこに設置するかでは、妻との間で少々論争がありました。チーフテンチェアの背後(キッチン側)に設置していますが、これは妻とダンスクさんの意見。

中庭に面した大窓の前に設置したいと考えていましたが、LDKの通路が狭くなる事やレザーの日焼けといったデメリットがあり、敢えなく撃沈です。

デイベッドの使い方は?

PK80はホテルや美術館のロビーにも設置されています。3人ぐらいは余裕で座れる大きさなので、来客時はベンチ代わりに使用しています。

デイベッドなのでうたた寝もしますが、最近は多いのは洗濯物を畳むスペース。中庭から取り込んだ洗濯物をデイベッドの上で畳む。場所とサイズが丁度良い。購入前には想像もしなかった使い方です。

PK80と床材の話

我が家の床材はタイルですが、タイルとステンレス脚の組み合わせにはとても満足しています。重量のある硬いもの同士なので、見た目質感に違和感は全くありません。

ステンレス脚は柔らかい床材だと傷や凹みを作ります。傷防止パッドを付けていますが、使っていると少しずつズレてきます。それでもタイルには傷ひとつなく、相性が良い事の表れです。

追加であると便利だと思うもの

PK62という高さ17cmのローテーブルがあります。PK80の下にも収まる高さで、ベッド脇に置くとサイドテーブルとしても使えます。

グラスを持ってデイベッドに横にった時、グラスの置き場所がなく床置きする事もありますが、やはり直置きは気になります。ちょっとした台があると便利なので、PK62は早めに入手したい家具です。

最後に

今回はPK80デイベッドの紹介でした。ケアホルムらしい素材感にこだわったシンプルさが最大の魅力です。ナット一つをとっても考えられています。

デイベッドは日本ではあまり見かけませんが、海外の家具ではラインナップされています。ソファと違って背もたれがないので、設置場所や使い方は幅広く、我が家では大活躍の家具です。

最後まで読んで頂き有難うございます。次回は、人生で初めて購入したビンテージ家具、Nils Jonnsonデザインのサイドボードです。

こちらもCHECK

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

続きを見る

おすすめ

カーペット、照明、植木鉢や食器まで、色々とお世話になっているACTUSのオンラインショップ。

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/6/25

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/5/26

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-家具
-, ,