PVアクセスランキング にほんブログ村

DIY

アプローチ階段のタイル貼り#1 予算不足、タイルはDIYできるか?

2022年5月13日

2年近くかけて建材・住宅設備見て回り、予算イメージはできてたつもりでしたが、蓋を開けてみると予算オーバーの連続

なかなか上手くいかないものです。御多分に洩れず泣く泣く仕分けです。(嫌な作業、夫婦関係がギスギスしてきます...。)

仕分けと言っても壁・天井・床・窓や住宅設備は「入居後に」とはいかず、皺寄せは「外構」です。

外構屋さんには申し訳なかったですが、欲しい物のためにいくつかの外構工事を入居後のDIYに変更。

そんなコストダウンDIYの1つが「アプローチ階段のタイル貼り」、今回から3回に分けて紹介します。

アプローチ階段のタイル貼り

  1. 予算不足、タイルはDIYできるか?(今回の記事)
  2. タイル施工の手順と必要な道具
  3. タイルは難易度高め!でもやり甲斐あり。

1回目の「予算不足、タイルはDIYできるか?」では、

  • アプローチ階段・タイルの仕様
  • DIYによるコストメリット
  • タイル施工の方法・事前の注意点

を紹介します。

こんな方にオススメの記事

我が家と同じように、

  • 予算オーバーで困っている方
  • せっかくなら自分でやってみたい方

一度検討してみてはいかがでしょうか?

DIYとしては難易度は結構高め、出来上がりは職人には遠く及びませんが、なんとかなります。

アプローチ階段の他、敷地境界のフェンスも自分達で設置しました。これは意外と手軽にできるコストダウンです。

敷地境界フェンスの設置#1

DIYフェンス
外構フェンス取付ー予算不足でDIY(前編)結局、いくらかかったか?

しっかり予算管理したつもりですが、お金はいくらあっても足りません。予算不足のしわ寄せは外構工事に、新築でよくある話です。 コストダウンのため、メッシュフェンスの取り付けは自分でやることにしました。そこ ...

続きを見る

敷地境界フェンスの設置#2

外構フェンス取付ー予算不足でDIY(後編)成功した事、失敗した事。

予算不足から始めたフェンスの取り付けの後編です。自分で設置し、外構業者にお願いするより約8万円コストダウンできました。 前回の記事はこちらです。 こちらもCHECK コストメリットがあると分かっても、 ...

続きを見る

その他、今年のDIY予定はこちらで紹介しています。

今年のDIY計画

新築2年目の外構DIY計画、難易度高めタイルとウッドデッキが目玉!

新築の検討時、予算不足からいくつかの外構工事をDIYに切り替え。 引っ越し1年目は、庭づくりに追われて「メッシュフェンスの設置」までしかできませんでした。 2年目の今年、アプローチ階段と駐車場よう壁の ...

続きを見る

我が家のアプローチ階段

我が家の敷地は山を切り出した傾斜地にあるので、前面道路(道路GL)と敷地面(GL)には約70cmの高低差があります。

この高低差を上るために、玄関ポーチ前にアプローチ階段を設置。

屋内床、玄関床、玄関ポーチは「RIVIERAタイル アルティカ アントラチッテ」で統一しているので、階段部分も同じタイルを施工します。

アプローチ階段の仕様

アプローチ階段の寸法

我が家のアプローチ階段の仕様は写真の通り。

1段あたりの高さは約15cm、全部で5段あるので75cmを上る階段です。

幅は広く160cm、将来的にはスロープ化や手摺設置も視野にいれています。

使用するタイルは?

タイルは「RIVIERAタイル アルティカ アントラチッテ 屋外用」。

雨に濡れた時に滑らないように、屋内用に比べると荒い表面仕上げになってます。

屋内用のサイズは5種類あるので、LDKや廊下部分は全てのサイズを使ってランダム調の「ミックス貼り」。

一方で、屋外用は「30cm×60cm」「60cm×60cm」の2種類。

玄関床・SIC床・玄関ポーチはハウスメーカーで施工で、30cm×60cmのタイルを馬貼りにしています。

ミックス貼り(LDK)

ミックス貼り(LDK)

馬貼り(玄関まわり)

馬貼り(玄関まわり)

タイル割り付け

タイル割り付けは、玄関ポーチと同じく半分ずつずらした馬貼りで施工します。

カットが必要なタイル(赤)

カットが必要なタイル(赤)

面倒なのは赤色部分。タイルカットが必要です。

奥行き60cmなので1段2列で使えますが、蹴上(立ち上がり)部分は高さ15cm。5段分全て半分に切断します。

幅方向では長手60cmのタイルなので、列あたり3枚弱で必ずタイルカットが発生。さらに、半分の列で両端でカットが必要。

切り間違えないように注意が必要です。

必要なタイル枚数

最終的に注文したタイル枚数は、7枚入り×6ケースで合計42枚です。

30cm×60cmタイルなので42枚で7.56平米分。アプローチ階段の蹴上げを含めた面積は6平米。

タイルカット後の端切れ、上手く割れない可能性、納品時に割れている可能性も考慮して多めに発注しています。

新築時にもらった補修用ストックも1ケースり、2ケース強の余裕がある状態です。

DIYのコストメリットは?

実際にDIYで安くなったのか?

当初の業者見積もりは浮階段、その後、タイルに変更しました。ひと通り記載します。

新築時の見積もり内容

2社で見積もりを取りましたが、仕様はどちらも浮階段なので高額です。浮階段に比べるとタイルは半額以下。

ハウスメーカー経由A社

見積価格は315,132円です。左右非対称の浮階段デザインでかっこいいです。予算があればお願いしたかった。

  • 仕様:幅180cm〜240cmの浮階段(天板ストーンベイプ・5段
費用項目 数量 金額(税別)
天板(幅3種) 10枚 151,140円
天板施工 5段 65,300円
蹴上モルタル 5段 44,000円
諸経費(管理費など) 10% 26,044円
消費税 10% 28,648円
合計 - 315,132円

 

ネットで見つけたB社

続いてネットで見つけたB社ですが、こちらは3段目に自然石の乱形貼で踊り場を設置。階段途中で意匠に変化があって良いですが、342,457円と最高値

  • 仕様:幅180cmの浮階段(天板ヴィスタストーン4段+石乱形貼1段
費用項目 数量 金額(税別)
天板(幅180cm) 4枚 144,000円
天板施工 4段 30,000円
自然石乱形貼(3段目・1.6m×3m) 5平米 122,500円
諸経費(管理費など) 5% 14,825円
消費税 10% 31,132円
合計 - 342,457円

タイル施工の見積もり

A業社に依頼した場合のタイル施工費です。137,940円とタイルにするだけで半額以下になります。

  • 仕様:幅160cmのタイル貼り階段5段・タイル:RIVIERAタイル アルティカ アントラチッテ
費用項目 数量 金額(税別)
タイル代(送料込み) 42枚(約7.5平米) 48,000円
施工費用 6平米 66,000円
諸経費(管理費など) 10% 11,400円
消費税 10% 12,540円
合計 - 137,940円

DIYでかかった費用

タイル代、モルタル、必要な工具・道具を含めた費用一覧です。タイルにするだけでも十分安くなりましたが、DIYで80,883円まで抑えられました。

  • 仕様:幅160cmのタイル貼り階段5段・タイル:RIVIERAタイル アルティカ アントラチッテ
費用項目 数量 金額(税別)
タイル代(送料込み) 42枚(約7.5平米) 48,000円
タイルカッター(BOSH) 1台 21,504円
セメント(カインズ) 2袋(40kg) 900円
砂(カインズ) 4袋(80kg) 1,400円
ゴム鏝(カネ三) 1個 1,240円
目地材(家庭化学) 2袋(1kg) 486円
消費税 10% 7,353円
合計 - 80,883円

結局、コストメリットは?

当初のA社浮階段の見積もりから比べると、▲234,249円と大幅な減額になりました。

天板は1枚あたり数百kgを超えます。輸送費・重機を使った設置を考えると当然です。

タイル同士の比較では▲57,057円の減額。これを大きいと見るか、小さいと見るか。

10万円ぐらいメリットが出ればと思いましたが、そこまではいきませんでした。

想定外のタイルカッター

長手30cm未満のタイル用カッターであれば6,000円程度で手に入りますが、長手60cm以上だと税込23,000円とかなり高額

タイルDIYを検討するときは、タイルカットの要否タイルサイズに注意です。

外構業者に依頼したこと

タイルカッター代を含めても6万円弱の減額になるので、DIYで行うことに決めました。

このため、外構業者に依頼したのは、土台となるブロック階段の造作まで。

造作費用は49,500円と安価ですが、上からタイルを貼るので「まさに土台」という最低限な仕上げ。

その前の土工事・下地工事・諸経費を含めると7万円前後と理解しています。

記事後半ではタイルの施工方法・DIYでやりやすい方法」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-DIY
-, ,