PVアクセスランキング にほんブログ村

DIY 人気記事

外構フェンス取付ー予算不足でDIY(前編)結局、いくらかかったか?

2021年1月6日

DIYフェンス

しっかり予算管理したつもりですが、お金はいくらあっても足りません。予算不足のしわ寄せは外構工事に、新築でよくある話です。

コストダウンのため、メッシュフェンスの取り付けは自分でやることにしました。そこそこできたので記事にします。やってみるものです。おすすめのコストダウンです。

いくらコストメリットがあったのか?

最も重要な点ですが、いくら安くなったのか?ざっと8万円安くできました。フェンス本体の他に作業道具も必要です。まずは、購入したものからご紹介します。

購入したもの一覧

まずは、購入した物のリストです。作業開始後に、部品が足りない、資材が足りない、工具がないは最悪なので事前にしっかりチェックです。

購入した道具の使い道

フェンスを取り付けた場所は4面ある土地境界線のうち2面のみで、設置距離は約37m。先行外構で土留コンクリートブロックまで施工済み。

ブロック天面には500mlペットボトルぐらいの支柱穴が19箇所あいてます。この穴にモルタルで支柱を固定し、フェンスを設置します。

 

セメント

ポルトランドセメント 25kgだとかなり余りました

フェンスに次ぐ主役のセメント。実際に使ったのは約12kgなのでほとんど残っています。

庭仕事が始まったら花壇や土留めなど、使い道はあります。

(実際は雨に濡れて固まってしまい廃棄しました。)

砂はたくさん使います、合計40kgぐらい使ってます

セメントより多く使う川砂です。袋ごとに乾燥具合にムラがあります。

今回は空モルで施工するので、ムラがあるのは悩みものです。

内側に水滴がある袋は、慎重に水を足して硬さを確認しながら作業します。

ボルトクリッパー フェンスを切ったり、釘の頭をはつったりしました

メッシュフェンス本体を切って、長さを調整するボルトクリッパー。

メッシュフェンスのワイヤー1本ずつ切るには、それなりに力が入ります。ペンチで代用は厳しいと思います。

4寸釘の頭を落とすのにも使いまいた。

空モルを押し固めるためのもの、ホームセンターのフラットバー3本を養生テープで固定してます

空モルを突き固めるフラットバー。幅2.5cmのフラットバーを3本、養生テープで固定してます。

先端が開くとモルタルが挟まるので、写真より先までテープを巻いた方が良いです。

結構重たいですが、ある程度重量がないと突き固めるのに力が必要です。

Tools

混錬バケツ、スコップ、鏝と釘

モルタルの混錬バケツ、スコップ、左官コテ、4寸釘です。

モルタルは重いので専用のバケツが便利。流し口や手をかける窪みもあります。

4寸釘は支柱の高さを揃えるために使用します。

砂やセメントを計る計量カップ、はみ出した空モルを掃除する刷毛、支柱の垂直を確認する水平器

計量カップはセメント・砂・水の計量で使用。配合比率なので、1杯:3杯のようにすれば、マグカップで十分です。

水準器は水平と垂直両方見れるものが便利。刷毛は、はみ出した空モルの掃除用。100均で十分です。

空モルは、計量カップでセメント1+砂3をバケツに入れて混ぜたもの。水は砂の水分次第ですが、水50mlで握って塊ができるぐらいの硬さになりました。

支柱19本分の空モルで6回+α作り、天面に蓋をするモルタルで追加5回。合計11回練りましたが、結構な重労働です。

参考にしたページ

今回のDIYではこのページを参考にさせて頂きました。有難うございます。

とても分かりやすく丁寧に説明してあり、道具・材料、作業手順、段取りなど事前にイメージができて本当に安心しました。

メッシュフェンに限らず、色々なDIYのやり方が説明されています。今後もお世話になると思います。

フェンスを購入したのはEx-Handsさんです。対応は迅速で、何より個人でも安く購入できます。

配送も葉山まで自社便で届けて頂き、階段上の庭まで運んでもらえました。有難うございます。今後もお世話になると思います。

結局いくらやすくなったのか?

まずは、業者見積もりです。(先行外構や植栽以外の外構をお願いした業者さんです。DIYの効果がわかる程度の価格情報で説明します。)

本体(LIXIL T-8)115,830円+取付費用 59,400円 = 175,230円+現場管理費(税別)

94,620円(DIYコスト)ー 175,230円(業者見積)= ▲80,610円

※業者見積りはLIXILフェンスなので本体価格が違います。工事費59,400円は0円に、現場管理費や消費税まで考えると▲8万円を超えます。

まとめ

作業は参考にしたページの説明で十分です。しかし、モルタルを触ったこともない素人には不安が尽きません。やってみて失敗した事もあります。

次回は、不安や失敗を中心に、実際にやってみて感じたことを書きます。

こちらもCHECK

外構フェンス取付ー予算不足でDIY(後編)成功した事、失敗した事。

予算不足から始めたフェンスの取り付けの後編です。自分で設置し、外構業者にお願いするより約8万円コストダウンできました。 前回の記事はこちらです。 こちらもCHECK コストメリットがあると分かっても、 ...

続きを見る

作業結果、こんな感じで出来上がりました。

庭仕事やDIYには軍手が必須。3Mのグローブはフィット感、グリップが良くリピートしてます。

ちょっとキツめなのでワンサイズ大きめを購入。色も複数あるので、家族で色分けすると間違えません。

おすすめ

アプローチ階段のタイル貼り#2 なんとか完成!タイルDIYの道具と手順

2022/5/23

コストダウンを理由にDIYに踏み切ったアプローチ階段のタイル貼り。前回の記事では、業者に依頼したときのコストとの比較を中心に紹介しました。2回目の「タイル施工の手順と必要な道具」では、タイルDIYの施工手順、施工にあたって購入した・使った道具を紹介します。

アプローチ階段のタイル貼り#1 予算不足、タイルはDIYできるか?

2022/5/16

2年近くかけて建材・住宅設備見て回り、予算イメージはできてたつもりでしたが、蓋を開けてみると予算オーバーの連続。 なかなか上手くいかないものです。御多分に洩れず泣く泣く仕分けです。(嫌な作業、夫婦関係 ...

新築2年目の外構DIY計画、難易度高めタイルとウッドデッキが目玉!

2022/5/21

新築の検討時、予算不足からいくつかの外構工事をDIYに切り替え。 引っ越し1年目は、庭づくりに追われて「メッシュフェンスの設置」までしかできませんでした。 2年目の今年、アプローチ階段と駐車場よう壁の ...

ガーデンエッジの設置
自分でできる土留め トクサエリア・アプローチ庭に連杭の設置完了

2022/5/20

今年最初の庭づくり作業「トクサエリア・アプローチエリアの土留め」を設置。今までは土留めがなかったので、 大雨の日にはアプローチ庭の黒土が砂利へ流出 トクサを植えている法面の土が流れてトクサの根元が露出 ...

エアコン目隠しルーバー
DIYエアコン目隠しルーバー、構造上の補足情報と1年後のメンテナンス

2022/4/29

夏も終わりクーラーを使うことも無くなりました。冬は床暖房中心の生活になるので、しばらくはエアコンの出番はない見込み。 DIYで製作したエアコンルーバーも使用開始からもうすぐ1年。でネジの緩み・摺動具合 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-DIY, 人気記事
-,