PVアクセスランキング にほんブログ村

DIY

アプローチ階段のタイル貼り#3 階段のタイル貼りはDIYには難しい?

2022年6月12日

コストダウンのために行ったアプローチ階段のDIYタイル貼り。今回の記事では、

  • 階段タイル貼りをやってみて難しかった所
  • 階段のタイル張りはDIYに向いているのか?

について紹介します。正直な所、かなり難易度が高いDIYでした。

また、新築の場合、外構工事もハウスメーカーに依頼することが多いと思います。

DIYは外構工事の後に行うので、この点も階段タイル貼りをDIYで行う事の難しさです。

全部で3回連載の記事です。

アプローチ階段のタイル貼り

  1. 予算不足、タイルはDIYできるか?
  2. タイル施工の手順と必要な道具
  3. 階段タイルDIYで難しかった事、DIYに向いてない?(今回の記事)

タイル施工の手順と道具

アプローチ階段のタイル貼り#2 なんとか完成!タイルDIYの道具と手順

コストダウンを理由にDIYに踏み切ったアプローチ階段のタイル貼り。前回の記事では、業者に依頼したときのコストとの比較を中心に紹介しました。2回目の「タイル施工の手順と必要な道具」では、タイルDIYの施工手順、施工にあたって購入した・使った道具を紹介します。

続きを見る

階段タイルはDIYできるか?

アプローチ階段のタイル貼り#1 予算不足、タイルはDIYできるか?

2年近くかけて建材・住宅設備見て回り、予算イメージはできてたつもりでしたが、蓋を開けてみると予算オーバーの連続。 なかなか上手くいかないものです。御多分に洩れず泣く泣く仕分けです。(嫌な作業、夫婦関係 ...

続きを見る

その他、今年のDIY予定はこちらで紹介しています。

今年のDIY計画

新築2年目の外構DIY計画、難易度高めタイルとウッドデッキが目玉!

新築の検討時、予算不足からいくつかの外構工事をDIYに切り替え。 引っ越し1年目は、庭づくりに追われて「メッシュフェンスの設置」までしかできませんでした。 2年目の今年、アプローチ階段と駐車場よう壁の ...

続きを見る

上手くできた所?… 無い

貼った本人にとっては失敗した所ばかりが目につき、正直、上手くできたと思う事はほとんど有りません。

遠くから見ればそれなりにタイル階段、できれば夜に見てほしいと思う限りです。

事前に動画やネット記事を読んで入念にプランニングしたつもりでしたが、作業を始めると想定外や思うように行かない事の方が多かったです。

それでも何も知らずに階段タイルを見た人からは、「違和感は感じない」「DIYと思わなかった」というコメントは貰えました。

初めてのタイル貼り。悔しいですが、「最後までやり切り、なんとか形になった事」が、唯一良かった点です。

階段タイル貼りはDIYには向かない?

アプローチ階段にタイルを貼ってみましたが、とにかく難しく思うようにできませんでした。

全体の工程順・作業自体の難しさを考えると、階段タイルはDIYには向かないと思います。

「圧着貼り工法」で施工すれば、シンプルなタイルデッキは比較的容易にタイルを貼れます。これはDIYにおすすめ。

圧着貼りとは?

タイル個別にモルタルをつける「直貼り工法」に比べると、作業工程が独立しているので比較的ゆっくり、工程ごとに集中して作業できるのがメリットです。

通常「砂:セメント:水=6:2:1」で作るモルタルですが、水の量を大幅に減らし「バサッとしたモルタル」を使います。

  1. バサモルをタイル施工範囲に2〜3cm厚で敷き詰め、しっかり叩き込んで空気を抜く
  2. ノロと呼ばれる「セメントを水で溶いた接着剤」を流し込みタイルを圧着

1工程ずつ丁寧に仕上げやすいので素人作業には向いています。

しかし、階段になると、形は複雑で寸法面でもシビアな貼り付けが必要。実際にやってみて感じた難しさは、

  1. 作業順:他の外構工事が終わってからタイルDIYなので、周りが固められ調整幅がない
  2. 踏み面:狭い限られたスペースに、所定枚数のタイルを収めなければならない
  3. 蹴込み:蹴込みタイルのモルタル量を一定にしないと、踏み面の広さが変化する
  4. 連続する平面と垂直面:1段当たりの少しのズレが、最下段に行く頃には大きなズレになる

具体的に苦労したポイントを順番に紹介します。

タイルの高さ合わせ

まず1点目はタイル同士の高さ揃え。これは階段だけではなく、タイル施工全般に言えること。慣れが必要な難しさです。

比較的高さを揃えやすい「圧着貼り工法」を選択しましたが、場所によっては高さがチグハグ。

苦労した原因は、

  • バサモルの水不足:ノロ(接着剤)の水分をすぐ吸ってしまい、表面が乾いてタイルが貼り付かない
  • ノロが多すぎる:ノロをたくさん流しすぎて、バサモルが極端に柔らかくなりタイルが沈む

上から下に施工したので最上段では高さ違いが特に多め。下に行くにつれ水の量やノロの使い方が安定し、だんだん上手くなっていきます。

もう一度、最初からやり直せるならと思いますが、一発勝負なのがモルタル作業の難しいところ。

それでも、それなりの見栄えに仕上がったのは「圧着貼り工法」のお陰です。

側面のタイル貼り

階段側面のタイル貼りも苦労しました。これは「#1 タイル作業を最後に行なった事」の弊害。

垂直面へのタイル施工は直張り工法(モルタルをタイル裏に盛って直接貼り付ける)で行いました。

同じ垂直面でも、蹴込みと側面で作業性が大きく異なります。

  • 蹴込み面:貼り付け後、踏み面に楔形のスペーサーを使って仮固定できる
  • 側面:地面が斜面になっていてスペーサーが使えない

側面はスペーサーが使えず、貼り付けてもずり落ちて斜めに傾きます。結局、貼り付けて20分ぐらい手で押さえてました。

事前に側面の地面を平に均しておけばスペーサーも使えますが、植栽が育っているため土を掘り起こすことができません。

タイル施工・土入れ・植栽の順ならばここまで苦労しなかったと思います。

水平面と垂直面の合わせ

蹴込みにタイルを貼るとき、モルタルの量が多かったり少なかったり。その結果、階段のコーナー部分がうまく揃いません。

これは「#3 モルタル量が安定しない事」という問題。

  1. モルタルの量が安定しない
  2. 蹴込みタイルの位置がずれる
  3. 踏み面の奥行きが変化
  4. 踏み面と蹴込みが合わなくなる

モルタルが一定の厚みになるように、治具を作っている記事も見かけましたが、そこまでは不要だと甘くみていました。

せめてお玉やカップを使って、簡単に一定量を計って貼り付けるといった工夫をするべきでした。

均等な目地幅

先ほどのコーナー部分の合わせを優先したため、均等な目地幅は諦めざるをえません。

「#2 所定枚数を限られたスペースに貼り付ける事」の難しさ。

奥行き60cmの踏み面に、29.7cmのタイルを2枚・目地幅5〜6mmで配置する作業。

  • モルタル多く、蹴込みが5mm手前にはみ出すと、目地幅は0mmに
  • モルタルが少なく、蹴込みが5mm奥にずれると、目地幅は10mmに

バサモルの敷き込み易さ、まとめてタイルカットを優先し、蹴込みを仕上げてから平面を貼りました。

平面を先に施工してから蹴込みの垂直面を貼るべきだったのか?作業手順にも問題があったかもしれません。

いずれにしても、限られた範囲に所定枚数のタイルを配置する難しさを感じました。

最下段は調整できず

踏み面・蹴込みが連続するため、上段のズレが積み重なり下段ほど大きなズレになります。「#4 面が連続する階段」の難しさを感じました。

実際、ズレが集約する最下段では、数mmですが、踏み面タイルが軒のように張り出す始末。

さらに、最下段の施工が難しかった理由がもう1つ、これは「#1 タイル作業を最後に行なった事」によるもの。

最下段の両隅は、砂利と土間コンを仕切るためのピンコロが埋め込まれています。

タイル厚み分、階段とピンコロの間に隙間を開けてもらいましたが、積み重なったズレが大きく蹴込みタイルが収まりません。

タイル後にピンコロ施工ならばこういった事は起きませんが、タイルが後回しになったので、こういった部分に皺寄せがきます。

面変化が連続する階段の難しさに加え、本来の施工順序と逆になった事が、難しい階段をさらにシビアにした原因です。

剥がれて再施工で悲劇

施工後、怪しいタイルが1枚。1ヶ月後、その1枚が剥がれました。モルタル面には大きな空洞があり、全く接着できていません。

大変だったのはここから。タガネとハンマーで下地モルタルを剥がし、再度モルタルで貼り付けます。

叩く音が大きく近所に響き渡ります。さらに、重いハンマーを振り下ろすのは体への負担も大きく、1日1時間が限界。遅々として進みません。

結局、剥がし切るのに1週間かけ再施工。うまく貼り直せましたが、かなりきつい作業でした。

次のページではタイルDIYをやる方へ事前に行うべき対策」を紹介

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-DIY
-,