PVアクセスランキング にほんブログ村

DIY

アプローチ階段のタイル貼り#2 なんとか完成!タイルDIYの道具と手順

2022年5月22日

コストダウンを理由にDIYに踏み切ったアプローチ階段のタイル貼り。前回の記事では、業者に依頼したときのコストとの比較を中心に紹介しました。

2回目の「タイル施工の手順と必要な道具」では、

  • DIYでのタイル施工手順
  • 施工にあたって購入した・使った道具・材料

を紹介します。

こんな方にオススメの記事
  • タイルDIYは決めたが、やり方がわからない方
  • 作業内容が分からず決断できていない方
  • 外構工事の設計段階の方

そんな方の参考になればと思います。

時間をかけて下調べした甲斐もあり形になりましたが、難易度は高いですが、やり応えは抜群。お腹いっぱいになります。

全部で3回連載の記事です。

アプローチ階段のタイル貼り

  1. 予算不足、タイルはDIYできるか?
  2. タイル施工の手順と必要な道具(今回の記事)
  3. タイルDIYで難しかった事、失敗した事

アプローチ階段の他、敷地境界のフェンスも自分達で設置しました。これは意外と手軽にできるコストダウンです。

敷地境界フェンスの設置#1

DIYフェンス
外構フェンス取付ー予算不足でDIY(前編)結局、いくらかかったか?

しっかり予算管理したつもりですが、お金はいくらあっても足りません。予算不足のしわ寄せは外構工事に、新築でよくある話です。 コストダウンのため、メッシュフェンスの取り付けは自分でやることにしました。そこ ...

続きを見る

敷地境界フェンスの設置2

外構フェンス取付ー予算不足でDIY(後編)成功した事、失敗した事。

予算不足から始めたフェンスの取り付けの後編です。自分で設置し、外構業者にお願いするより約8万円コストダウンできました。 前回の記事はこちらです。 こちらもCHECK コストメリットがあると分かっても、 ...

続きを見る

その他、今年のDIY予定はこちらで紹介しています。

今年のDIY計画

新築2年目の外構DIY計画、難易度高めタイルとウッドデッキが目玉!

新築の検討時、予算不足からいくつかの外構工事をDIYに切り替え。 引っ越し1年目は、庭づくりに追われて「メッシュフェンスの設置」までしかできませんでした。 2年目の今年、アプローチ階段と駐車場よう壁の ...

続きを見る

タイル貼りで使用した道具・材料

タイル貼り作業の前に、今回のタイル貼りで使用した道具・材料を紹介します。

タイル貼りで使った道具の写真

作業で使用した道具

  1. 混錬バケツ:セメントペースト(ノロ)作りで使用
  2. タイル目地材(家庭化学)
  3. ゴムコテ:目地入れの時に使うコテ
  4. コテ:モルタルを平すのに使用
  5. 計量カップ:モルタル配合時の軽量用
  6. スポンジ:タイル表面のモルタルや目地材を取り除く
  7. フネ:この中でモルタルを作る
タイルとタイルカッターの写真

購入したタイルとタイルカッター

左側は今回購入したタイルの一部。約7平米分で6ケース合計42枚。玄関ポーチと同じロットです。

右側はAmazonで購入したBOSCHの大判用タイルカッター。これは予想外の出費。

30cm以下のタイル用だと5千円程度で購入できますが、60cm対応のタイルカッターだと2万円を超えます

この他、セメント(20kg)を2袋・川砂(20kg)を4袋購入。手元に残っていた砂2袋と合わせて、約150kgのモルタルを作ります。

いざ施工開始!


  • step.1 タイルカット

    まずはタイルを必要な大きさにカットします。

    カットするサイズは、

    1. 蹴込み高さ15cmに合わせて、60cm×30cmのタイルを半分にカットし、60cm×15cmを15枚
    2. 階段幅(160cm)に合わせて、40cm×30cm、40cm×15cm(1のタイル)を各3枚
    3. 同じく、20cm×30cm、20cm×15cm(1のタイル)を各6枚

    タイルカットは思ったより簡単にできました。

    注意点は、「カッターの位置が若干ブレる事」「割り線をしっかり引く事」の2点です。

    一通り割り終わったタイルは、階段に仮置きして大きさを確認。間違いがなければ、段ごとにまとめておきます。

    これでタイル割りは完了です。


  • step.2 蹴込みのタイル貼り

    次は階段の蹴込みにタイルを貼っていきます。

    階段側面の蹴込みは、モルタル直貼りで施工します。

    通常配合でモルタルを練って、タイルの裏面に1cm未満で塗り付けます。

    この時に塗り付けたモルタルの表面をコテで軽く叩きます。

    そうすることで、内部の空気が抜けてモルタルがタイルに密着します。

    モルタルを塗ったタイルを蹴込み部分に貼り付けて、ゴムハンマーで圧着。

    ポイントは、階段の踏み面から約2cm上に張り出すように固定すること。

    こうする事で踏み面の周囲に枠ができます。

    踏み面に空モルを敷く際に、この2cmの張り出しが役に立ちます。

    2枚目の写真にオレンジ色のプラスチックが写っています。

    ドアストッパーのような形をしたもので、タイル下に挟み込んで「倒れ防止」「高さ合わせのスペーサー」として使っています。

    木材をくさび状にカットして使うそうですが、Amazonで探すとこういった既製品も販売されています。


  • step.3 空モル敷き

    続いて踏み面に空モルを敷いていきます。

    上段の写真を撮り忘れたので、最下段の写真です。

    少量の水を加えて練った空モル(バサモル)を作り、蹴込みタイルの張り出しを目安に、踏み面に敷き込む。

    次に、木の板などを使って空モルしっかり叩き込みます。

    最後に、角材を使って表面の凹凸をすきとり表面を平らに均したら、タイル貼り付け準備完了です。

    DIYに関する情報サイトを確認しましたが、この空モルを平らにしっかり叩き込む作業が最も重要とのこと。

    表面が平らでないとタイルが水平に施工できません

    また、内部に隙間が残っていると、タイルを貼り付けた時にタイルが沈む原因になります。

    しっかり時間をかけて作業するポイントです。


  • step.4 踏み面のタイル貼り

    空モルの敷き込みができたら、踏み面のタイルを貼っていきます。

    タイルの貼り付けには、セメントを水で溶いてトロトロにしたセメントペースト(ノロ)を使います。平たく言うと接着剤。

    これを敷き込んだ空モルの上に流し込み、表面をトロトロの状態にしてタイルを配置していきます。

    タイルを置いたら、ゴムハンマーでタイルを軽く叩いて空気を抜き圧着します。

    セメントペーストを流し込んでからは時間との戦い。途中の写真を撮る余裕はありませんでした。

    タイルを圧着したのち、表面に付着したモルタル・セメントペーストは、固く絞ったスポンジを使って除去

    乾いてしまうと簡単には取れないので、このタイミングでしっかり清掃しておきます。

    この段階ではタイルは固定されていません。

    謝って踏んでも良いように、タイル上に大きめの木板を置いて、局所的に荷重がかからないようにします。

    作業はここで一旦中断。モルタルが乾燥するまで待って、目地入れを行います。


  • step.5 目地入れ

    最後は目地入れ。モルタルで目地入れすることもできますが、玄関ポーチの目地色と揃えるために目地材を使いました。

    1. ダークグレーの色がついているので、基礎に色がつかないように養生
    2. 配合指定通りに目地材と水を混ぜ、トロトロになった目地材をタイルの隙間に流し込む
    3. しっかり奥まで入るように、ゴムコテを使って押し込む
    4. はみ出した目地を大まかにゴムコテでこすり取り
    5. 最後は、スポンジを使って拭き取る

    面倒ですが、ここも丁寧に拭き取った方が良いです。乾いてしまうと簡単には取れません


タイル貼り完成!

土日2日間かけてタイルを貼り付け、翌週末にまとめて目地入れし作業完了。施工後の写真です。

#2のまとめ

境界フェンスやエアコン目隠しルーバーなど色々なDIYをやってきましたが、このタイル施工が一番難しかったです。今までで一番下調べに時間をかけました。

とにかくモルタルの施工量が多く、境界フェンスとは比較になりません。また、タイル自体の費用が高いので、万が一失敗した時の被害が大きいのも不安を感じる理由です。

それでも一つ一つの手順を丁寧に行えば、(職人には程遠いですが)それなりに仕上げることは出来ますが、正直、階段タイルはかなり難しいです。

次回は、作業で苦労した点、失敗したと思う点を紹介します。

タイル施工の手順と道具

アプローチ階段のタイル貼り#3 階段のタイル貼りはDIYには難しい?

階段タイルのDIY記事も3回目。今回の記事では、タイルを施行して感じた難しさについて紹介。階段なので垂直・水平面にタイルを貼りますが、これがかなり曲者。さらに、外構工事が終わった後にDIYを行うという点も、階段タイルでは難易度が高くなる理由です。

続きを見る

最後まで読んで頂き有難うございました。

DIYでやると決めても、なかなか時間が取れません。気がついたら後回しになってませんか?

どうしようもない時は、ピンポイントリリーフも可能です。

アプローチ階段のタイル貼り#3 階段のタイル貼りはDIYには難しい?

2022/7/4

階段タイルのDIY記事も3回目。今回の記事では、タイルを施行して感じた難しさについて紹介。階段なので垂直・水平面にタイルを貼りますが、これがかなり曲者。さらに、外構工事が終わった後にDIYを行うという点も、階段タイルでは難易度が高くなる理由です。

アプローチ階段のタイル貼り#2 なんとか完成!タイルDIYの道具と手順

2022/6/12

コストダウンを理由にDIYに踏み切ったアプローチ階段のタイル貼り。前回の記事では、業者に依頼したときのコストとの比較を中心に紹介しました。2回目の「タイル施工の手順と必要な道具」では、タイルDIYの施工手順、施工にあたって購入した・使った道具を紹介します。

アプローチ階段のタイル貼り#1 予算不足、タイルはDIYできるか?

2022/7/4

2年近くかけて建材・住宅設備見て回り、予算イメージはできてたつもりでしたが、蓋を開けてみると予算オーバーの連続。 なかなか上手くいかないものです。御多分に洩れず泣く泣く仕分けです。(嫌な作業、夫婦関係 ...

新築2年目の外構DIY計画、難易度高めタイルとウッドデッキが目玉!

2022/6/12

新築の検討時、予算不足からいくつかの外構工事をDIYに切り替え。 引っ越し1年目は、庭づくりに追われて「メッシュフェンスの設置」までしかできませんでした。 2年目の今年、アプローチ階段と駐車場よう壁の ...

ガーデンエッジの設置
自分でできる土留め トクサエリア・アプローチ庭に連杭の設置完了

2022/9/1

今年最初の庭づくり作業「トクサエリア・アプローチエリアの土留め」を設置。今までは土留めがなかったので、 大雨の日にはアプローチ庭の黒土が砂利へ流出 トクサを植えている法面の土が流れてトクサの根元が露出 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-DIY
-, ,