PVアクセスランキング にほんブログ村

平屋

平屋の不安#2 外から丸見え?新築時に考える目隠し・視線対策

「平屋の不安」の第2弾は「新築時に考える目隠し・視線対策」について紹介します。

平屋のデメリットでもよく挙げられますが、全ての部屋が1階に集まる平屋は、何もしないと外部から宅内が筒抜けになりやすい住宅。

プライバシーの問題だけでなく、在宅不在・ライフサイクルが把握しやすいので、防犯面でも注意すべきポイントです。

今回の記事では、平屋の目隠し・視線対策として新築時に考えられることをまとめます。併せて、我が家が実際に採用した対策の効果についても紹介。

平屋の新築を検討中の方、不安で迷っている方の参考になればと思います。

前回の記事は、「平屋の防犯対策」について紹介しました。

平屋の防犯対策

平屋の不安#1 空き巣に狙われやすい?新築時に考える防犯対策!

最近は一段と人気の平屋住宅ですが、少数派で情報は少なく新築時は不安も沢山。中でも「平屋は空き巣に入られやすい」は、進入経路にしやすい1階の窓が多い平屋の宿命です。今回の記事では、そんな平屋の防犯対策、特に新築時に考えると効果的な防犯について紹介します。

続きを見る

平屋は外から丸見え?

平屋で住んでみて感じる視線はどんなものか?

意外といろんな方向から見られています。平屋を取り巻く視線について紹介します。

通行人からの視線

まずは一番気になるのは通行人の視線。特に新築直後は、珍しい平屋住宅にご近所さんも興味津々です。

歩いてる人からすれば、覗いてる訳ではなく何となく見ていたら、カーテンが開いて住人とばったり。

生活空間が道路と同じ高さになる平屋住宅。こういった事は起こりがちです。

道路に面した和室で在宅仕事中、「平屋なんだ〜」という声が聞こえて外を見ると、犬の散歩中のご夫婦と目があって軽く会者。

声も2階に比べればよく聞こえます。お互いちょっと気まずい感じです。

隣人からの視線

お隣さんの視線も気になります。見えないと思っていた場所が、お隣の2階のベランダからは丸見えだったり。

気づかないうちは良いですが、気づいてしまうと気になるところ。一度でも目が合うと、その後お互い気を使うことも。

我が家は中庭で食事する事も多く、お隣さんから見えていないか気になっていました。

妻がお隣さんと仲良くなったので、2階のテラスから我が家を確認。戻るや否や「見えてなかった」との報告。

下着も含めて洗濯物を中庭に干すので気になってたそうです。

周辺建物からの視線

特に都市部の平家の場合、周りに背の高いマンションがずらり。遠くからでも意外とよく見えるので気になります。

水平視線に強い天窓や中庭であっても、上からの視線は防げません。周囲の高層建築物、もしくは建築計画の位置には注意が必要です。

我が家の周辺にマンションはありませんが、高台の家からどれぐらい見えるかが気になってました。

実際に高台に上がって見たところ、屋根は全部見えますが、幸い中庭までは見えません。プライベート空間は守られてます。

家の中はNO、家の周りはYES

全方向からの視線に曝される平屋ですが、決して悪いことばかりではありません。

平屋は周囲の建物に埋もれるため死角が多く、空き巣・泥棒の標的になりやすいのも事実。

家の中・プライベートスペースへの視線は遮りつつ、建物への進入経路は周囲の視線に守ってもらえる配置・間取りが重要です。

目隠し・視線対策は土地選び・新築計画で

周囲の視線と上手に付き合う平屋には、周辺環境を含めた土地選びが最重要。

隣家との距離がとれるゆったりした土地が一番。周辺に高層建築がなければ、閉じる・開くの選択肢も広がり、開放感・防犯を両立した家を作りやすくなります。

さらに、広い土地を確保できれば、前面道路との間に庭を配置、植栽で自然な目隠しを作る事も可能。

平屋は「土地の広さ」「土地条件」「周辺環境」が重要とされますが、本当にその通りです。

平屋の目隠し・視線対策

ここからは、具体的な平屋の目隠し・視線対策について紹介。さらに、対策を行うにあたっての注意点も併記します。

中庭の設置

2階を支える必要がない平屋は、口の字やL字といった変則的な形の家が作りやすい建物。このため中庭との相性は抜群です。

「口の字で外に閉じた家」「開く方向を選べるL字・コの字」は、平屋の視線問題を手っ取り早く解決する方法です。ただし、注意点もあります。

口の字型平屋の注意点

  • 口の字は建物外周が大きく敷地を広く使います。隣地境界距離緑化率には注意
  • 水の逃げ場がないと中庭がプールに。排水面の対策が必要。植物の生育にも悪影響なので、暗渠や排水計画は念入りに
  • 口の字の最大のデメリットはコスト。基礎・排水・屋根周りでは結構なコストアップ

デメリットの少ないL字・コの字

  • 安定した平屋でも、L字の家は重心バランスが取りずらい建物。耐震面の要望は事前にしっかり伝えておく
  • 口の字に比べてL字・コの字は中庭に侵入されやすい。死角になりやすいので入念な防犯対策が必要
  • 回遊動線の口の字に対して、L字・コの字は宅内動線が長い事がデメリット。間取り検討は動線設計を慎重に

縦・横滑り窓の活用

「通風」「採光」「出入り」と便利な引き違い窓。一方で、大きく開く窓は、目に留まりやすく視線対策は苦手。

実際に平屋で暮らして感じますが、気になる視線の大半は、意図的に覗き込んだ視線ではなくたまたま見えてしまった視線。

これを避けるには、縦滑りスリット窓横滑りの高窓が効果的。小さく開き視線を避けつつ通気効果は十分です。

縦横滑り窓の注意点

  • 気になる点は少ないですが、網戸の効果が低く掃除がかなり面倒なのはデメリット。割り切って家事代行を頼むとか
  • 高窓のオペレーターハンドル(クルクル回して開閉する)は面倒、頻繁に開ける窓には電動がベター

深い軒を設置

上からの視線に対しては深い軒の出が有効。視線だけでなく、夏の強い日差しも遮りパッシブデザインとしても優秀です。

雨の日でも軒下を使えるので、雨音を聞きながらゆっくりするのも平屋ならではのスタイルです。

深い軒の注意点

  • 壁芯から1mを超えた軒は建ぺい計算に含まれます。条件の厳しい土地は、意外と自由が利きません
  • 屋根が大きくなり建物重量は増えます。軽い屋根材を選ぶなど、平屋の高い耐震性を損なわない対策も重要
  • 猛威を振るう台風。深い軒は風の被害を受けやすい。特に海近くの土地は要注意
  • 深い軒はカッコ良くて憧れます。しかし、屋根は現場施工なのでコストアップは予想以上

道路と高低差のある土地

新築平屋

「前面道路から一段上がった土地」「傾斜地のひな壇地」だと目線を遮りやすく、低めの植栽との併用でも十分な効果が期待できます。

さらに、道路との高低差があれば、平屋の弱点「水害対策」でも効果的です。

高低差のある土地の注意点

  • 傾斜地は土砂崩れのリスクが高まります。ハザードマップを確認して、寝室位置をずらすなど万が一の対策も必要
  • 全面道路との高低差があると、駐車場や玄関アプローチなど外構工事でのコストアップは避けられません

植木で目隠し

株立ちのシマトネリコ(手前)と梅(奥2本)

最近は里山風、雑木風の庭づくりも人気。窓周りを自然に隠せる植物を選ぶのも良い方法です。

特に株立ちの常緑樹をうまく透かしてやると、目隠しをしつつ木漏れ日も楽しめる素敵な庭になります。

夜はライトアップしても綺麗です。

植栽目隠しの注意点

  • シマトネリコなど成長旺盛な常緑樹もあり、放ったらかすと大変。メンテナンス含め樹種選びは慎重に
  • 落葉樹は一気に葉を落としますが、常緑樹は年中パラパラ落ちます。常緑樹の方が返って面倒という声もあります
  • 在不在の手がかりになるのでライトアップはタイマーで定時点灯。また、樹木の影が家にかかると、暗闇に紛れられます

縦ルーバーやフェンスの設置

縦ルーバーやフェンスは、外からの視線を遮りつつ新鮮な空気を取り込める便利なアイテム。

水平基調の平屋住宅に縦ルーバーで変化をつけると、見た目が一段とカッコよくなるのも人気の理由です。

縦ルーバー・フェンスの注意点

  • 完全に外の視線を遮ると、侵入時の隠れ場所になります。間隔広めのルーバーと樹木の目隠しを併用すると効果的
  • 屋根近くの構造物は屋根に上がる足がかり。せっかくの中庭も、侵入されると周囲の目が届かない空間です。ルーバーの配置に注意

次のページでは我が家が採用した視線対策の効果を確認します。

土地探しでは条件設定がポイント。Yahoo!不動産なら「200㎡以上」「自由設計できる土地」「平坦地」などテーマ検索も可能。

気になる土地があったらとにかく資料請求。良い土地はみんな狙ってます。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/6/3

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/6/24

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/6/12

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/6/3

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール) ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出 ...

ReadMore

-平屋
-, ,