PVアクセスランキング にほんブログ村

平屋

平屋の不安#2 外から丸見え?新築時に考える目隠し・視線対策

2022年6月13日

「平屋の不安」の第2弾は「新築時に考える目隠し・視線対策」について紹介します。

平屋のデメリットでもよく挙げられますが、全ての部屋が1階に集まる平屋は、何もしないと外部から宅内が筒抜けになりやすい住宅。

プライバシーの問題だけでなく、在宅不在・ライフサイクルが把握しやすいので、防犯面でも注意すべきポイントです。

今回の記事では、平屋の目隠し・視線対策として新築時に考えられることをまとめます。併せて、我が家が実際に採用した対策の効果についても紹介。

平屋の新築を検討中の方、不安で迷っている方の参考になればと思います。

前回の記事は、「平屋の防犯対策」について紹介しました。

平屋の防犯対策

平屋の不安#1 空き巣に狙われやすい?新築時に考える防犯対策!

最近は一段と人気の平屋住宅ですが、少数派で情報は少なく新築時は不安も沢山。中でも「平屋は空き巣に入られやすい」は、進入経路にしやすい1階の窓が多い平屋の宿命です。今回の記事では、そんな平屋の防犯対策、特に新築時に考えると効果的な防犯について紹介します。

続きを見る

平屋は外から丸見え?

平屋で住んでみて感じる視線はどんなものか?

意外といろんな方向から見られています。平屋を取り巻く視線について紹介します。

通行人からの視線

まずは一番気になるのは通行人の視線。特に新築直後は、珍しい平屋住宅にご近所さんも興味津々です。

歩いてる人からすれば、覗いてる訳ではなく何となく見ていたら、カーテンが開いて住人とばったり。

生活空間が道路と同じ高さになる平屋住宅。こういった事は起こりがちです。

道路に面した和室で在宅仕事中、「平屋なんだ〜」という声が聞こえて外を見ると、犬の散歩中のご夫婦と目があって軽く会者。

声も2階に比べればよく聞こえます。お互いちょっと気まずい感じです。

隣人からの視線

お隣さんの視線も気になります。見えないと思っていた場所が、お隣の2階のベランダからは丸見えだったり。

気づかないうちは良いですが、気づいてしまうと気になるところ。一度でも目が合うと、その後お互い気を使うことも。

我が家は中庭で食事する事も多く、お隣さんから見えていないか気になっていました。

妻がお隣さんと仲良くなったので、2階のテラスから我が家を確認。戻るや否や「見えてなかった」との報告。

下着も含めて洗濯物を中庭に干すので気になってたそうです。

周辺建物からの視線

特に都市部の平家の場合、周りに背の高いマンションがずらり。遠くからでも意外とよく見えるので気になります。

水平視線に強い天窓や中庭であっても、上からの視線は防げません。周囲の高層建築物、もしくは建築計画の位置には注意が必要です。

我が家の周辺にマンションはありませんが、高台の家からどれぐらい見えるかが気になってました。

実際に高台に上がって見たところ、屋根は全部見えますが、幸い中庭までは見えません。プライベート空間は守られてます。

家の中はNO、家の周りはYES

全方向からの視線に曝される平屋ですが、決して悪いことばかりではありません。

平屋は周囲の建物に埋もれるため死角が多く、空き巣・泥棒の標的になりやすいのも事実。

家の中・プライベートスペースへの視線は遮りつつ、建物への進入経路は周囲の視線に守ってもらえる配置・間取りが重要です。

目隠し・視線対策は土地選び・新築計画で

周囲の視線と上手に付き合う平屋には、周辺環境を含めた土地選びが最重要。

隣家との距離がとれるゆったりした土地が一番。周辺に高層建築がなければ、閉じる・開くの選択肢も広がり、開放感・防犯を両立した家を作りやすくなります。

さらに、広い土地を確保できれば、前面道路との間に庭を配置、植栽で自然な目隠しを作る事も可能。

平屋は「土地の広さ」「土地条件」「周辺環境」が重要とされますが、本当にその通りです。

平屋の目隠し・視線対策

ここからは、具体的な平屋の目隠し・視線対策について紹介。さらに、対策を行うにあたっての注意点も併記します。

中庭の設置

2階を支える必要がない平屋は、口の字やL字といった変則的な形の家が作りやすい建物。このため中庭との相性は抜群です。

「口の字で外に閉じた家」「開く方向を選べるL字・コの字」は、平屋の視線問題を手っ取り早く解決する方法です。ただし、注意点もあります。

口の字型平屋の注意点

  • 口の字は建物外周が大きく敷地を広く使います。隣地境界距離緑化率には注意
  • 水の逃げ場がないと中庭がプールに。排水面の対策が必要。植物の生育にも悪影響なので、暗渠や排水計画は念入りに
  • 口の字の最大のデメリットはコスト。基礎・排水・屋根周りでは結構なコストアップ

デメリットの少ないL字・コの字

  • 安定した平屋でも、L字の家は重心バランスが取りずらい建物。耐震面の要望は事前にしっかり伝えておく
  • 口の字に比べてL字・コの字は中庭に侵入されやすい。死角になりやすいので入念な防犯対策が必要
  • 回遊動線の口の字に対して、L字・コの字は宅内動線が長い事がデメリット。間取り検討は動線設計を慎重に

縦・横滑り窓の活用

「通風」「採光」「出入り」と便利な引き違い窓。一方で、大きく開く窓は、目に留まりやすく視線対策は苦手。

実際に平屋で暮らして感じますが、気になる視線の大半は、意図的に覗き込んだ視線ではなくたまたま見えてしまった視線。

これを避けるには、縦滑りスリット窓横滑りの高窓が効果的。小さく開き視線を避けつつ通気効果は十分です。

縦横滑り窓の注意点

  • 気になる点は少ないですが、網戸の効果が低く掃除がかなり面倒なのはデメリット。割り切って家事代行を頼むとか
  • 高窓のオペレーターハンドル(クルクル回して開閉する)は面倒、頻繁に開ける窓には電動がベター

深い軒を設置

上からの視線に対しては深い軒の出が有効。視線だけでなく、夏の強い日差しも遮りパッシブデザインとしても優秀です。

雨の日でも軒下を使えるので、雨音を聞きながらゆっくりするのも平屋ならではのスタイルです。

深い軒の注意点

  • 壁芯から1mを超えた軒は建ぺい計算に含まれます。条件の厳しい土地は、意外と自由が利きません
  • 屋根が大きくなり建物重量は増えます。軽い屋根材を選ぶなど、平屋の高い耐震性を損なわない対策も重要
  • 猛威を振るう台風。深い軒は風の被害を受けやすい。特に海近くの土地は要注意
  • 深い軒はカッコ良くて憧れます。しかし、屋根は現場施工なのでコストアップは予想以上

道路と高低差のある土地

新築平屋

「前面道路から一段上がった土地」「傾斜地のひな壇地」だと目線を遮りやすく、低めの植栽との併用でも十分な効果が期待できます。

さらに、道路との高低差があれば、平屋の弱点「水害対策」でも効果的です。

高低差のある土地の注意点

  • 傾斜地は土砂崩れのリスクが高まります。ハザードマップを確認して、寝室位置をずらすなど万が一の対策も必要
  • 全面道路との高低差があると、駐車場や玄関アプローチなど外構工事でのコストアップは避けられません

植木で目隠し

株立ちのシマトネリコ(手前)と梅(奥2本)

最近は里山風、雑木風の庭づくりも人気。窓周りを自然に隠せる植物を選ぶのも良い方法です。

特に株立ちの常緑樹をうまく透かしてやると、目隠しをしつつ木漏れ日も楽しめる素敵な庭になります。

夜はライトアップしても綺麗です。

植栽目隠しの注意点

  • シマトネリコなど成長旺盛な常緑樹もあり、放ったらかすと大変。メンテナンス含め樹種選びは慎重に
  • 落葉樹は一気に葉を落としますが、常緑樹は年中パラパラ落ちます。常緑樹の方が返って面倒という声もあります
  • 在不在の手がかりになるのでライトアップはタイマーで定時点灯。また、樹木の影が家にかかると、暗闇に紛れられます

縦ルーバーやフェンスの設置

縦ルーバーやフェンスは、外からの視線を遮りつつ新鮮な空気を取り込める便利なアイテム。

水平基調の平屋住宅に縦ルーバーで変化をつけると、見た目が一段とカッコよくなるのも人気の理由です。

縦ルーバー・フェンスの注意点

  • 完全に外の視線を遮ると、侵入時の隠れ場所になります。間隔広めのルーバーと樹木の目隠しを併用すると効果的
  • 屋根近くの構造物は屋根に上がる足がかり。せっかくの中庭も、侵入されると周囲の目が届かない空間です。ルーバーの配置に注意

次のページでは我が家が採用した視線対策の効果を検証します

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-平屋
-, ,