PVアクセスランキング にほんブログ村

人気記事 外構・植栽・菜園

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

2021年5月6日

植えてはいけないトクサ

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。

「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。

今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。

外構・植栽関連の前回記事はこちらです。

こちらもCHECK

スナゴケ
やっと中庭が完成!その後、八掛で四苦八苦の梅の木移植、植栽工事5日目

DIYを含め5日間にわたる植栽工事も今回で終了となります。何も植えていない庭を眺めて、春を待ち続けた数カ月もこれでおわりです。今回は中庭の最終工事と植木屋さんにアドバイスをもらったDIYの修正項目です ...

続きを見る

「植えてはいけない」トクサを植えた理由

「植えてはいけない」と言われる植物にはいくつか特徴があります。代表的なところでは、

  1. (繁殖力が旺盛で)地下茎で広がっていく植物
  2. (繁殖力が旺盛で)ランナーやツルで広がっていく植物
  3. あっという間に大きく育つ樹木
  4. 害虫がつきやすく、生活に支障が出る植物
  5. 実や葉に毒がある植物
  6. 法律上、栽培してはいけない植物

⑤は生命に関わることですし、もちろん⑥も植えてはいけない事は当然です。

①〜④ですが、「植えてはいけない」と言うと少し言い過ぎに感じます。植える場所・育て方・付き合い方を理解して植えれば、そういった植物の良い面も見えてきます。

そして今回の主役、「トクサ」は「1.(繁殖力が旺盛で)地下茎で広がっていく植物」に分類されます。

そもそもトクサはどんな植物か?

常緑性の植物でスギナの仲間です。抜いても抜いても生えてくる、悪名高いスギナです。

「つくし」と同じ様な「はかま状の葉」があり、先端に咲く花も「つくし」そっくり。

背丈は1mぐらいまで伸びつくしよりはるかに大きくなります。

青々とした茎が真っ直ぐ空に向かって伸びていく姿は、力強く清々しい光景です。

ヤスリグサやミガキグサとも呼ばれ、表面は荒れてざらついた感触。このざらつきを利用して、木材や金属、爪の研磨にも使用されていたそうです。これが砥草という漢字の由来です。

「トクサ」の付き合いにくさ

ランナーやツルで広がる植物は目で見て分かるので、手間はかかりますが、伸びてきたランナー・ツルを切ってやれば生育範囲を制限できます。

これに対して、地下茎で広がるトクサは特有の扱いにくさがあります。

気づかないうちに広がっている事

トクサが飢えてはいけないと言われる1番の理由は、地下茎でどんどん広がっていく事です。地表には現れず、気づかないうちに土の中に茎を這わせて、予想外のところから生えてきます。

地下茎が残っている限り何度も生えてくる事

しかも、地表に出ている部分を抜き取っても地下茎が残ってると、そこから新しい芽が出てきます。竹や笹、ドクダミ、カタバミも同じで、地下茎がある限り、抜いても、抜いても芽が出てきます。

庭のスギナで苦労している話と同じです。

生存競争に強い事

地下茎で増える植物は、全般的に生存競争にも強いことも特徴。他の草花を排除して陣地を広げます。地下茎に栄養分を蓄え、離れた場所を攻め落とす。補給ルートを確保して前線基地を増やしていく、この点は本当に厄介な植物です。

旺盛な繁殖力

トクサ新芽

とにかく繁殖力が旺盛。植え付けからたった1ヶ月ですが、背丈20cm近い新芽が沢山出ています。

この勢いで庭中に広がり、育てている他の植物を侵食してしまったら、「植えてはいけない」と言われるのも納得できます。

なぜ厄介なトクサを植えたのか?

「そんな厄介なトクサを植えるメリットがあるのか?」我が家がトクサを植えた理由は、2つの課題を解決することができるためです。

法面の土留ブロックをどうするか?

法面(斜面)部分は大雨が降ると土が流され、放っておくとそのうち斜面が崩れます。土を留めるためにブロック塀をたて土の流出を防ぐ方法(土留ブロック)が一般的ですが、問題はその費用。

土留ブロックを設置するとしたら幅10mの石積みの上。道路面から1m上に設置するので、地震で倒れないようにアンカーを打ち込む大掛かりな工事です。

提示された見積は数十万円。予算不足の我が家は大騒ぎです。

道路に面した窓の目隠しはどうするか?

主寝室と客間和室の掃き出し窓は、庭を挟んで前面8m道路に面しています。中庭があるので殆ど開けることはありませんが、換気の時に目線が気になるのは困ります。

雑木風の庭に馴染む木製フェンスの提案もありましたが、それでも人工物、定期的なメンテナンスも必要で踏み切れずにいました。

土留め兼目隠しのトクサ

そんな時、植木屋のアイデアは「トクサで目隠しを兼ねた土留めにする」というもの。トクサが張り巡らす地下茎で土を保持し、真っ直ぐ伸びる茎で視線を遮る作戦です。

少し調べてみると「竹などの地下茎は、地表から30cm下までの土を保持する効果はある」という記事が見つかりました。(ただし、あくまで表層部分のみ。地盤を頑丈に安定させるまでは期待できません。)

1mの高さがあれば十分に視線を遮ることができ費用も予算内。「天然の土留め」兼「目隠しフェンス」としてトクサを採用することにしました。

次のページでは厄介な地下茎をどうするか?我が家の対策」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-人気記事, 外構・植栽・菜園
-,