PVアクセスランキング にほんブログ村

家具

我が家の北欧家具紹介#1 家づくり、始まりの椅子「チーフテンチェア フィンユール」

2021年11月16日

フィンユール チーフテンチェア

夫婦で家づくりを考え始めたのは5年前のゴールデンウィーク。マンション探しに疲れ、思いつきで訪れた平沼住宅展示場が家づくりの始まりです。

しかし、漠然と戸建という希望はあっても、具体的な家のイメージはありません。「マンション選び」と「家づくり」の大きな違いを感じました。

そんな頃、ハウスメーカーOB訪問の帰り道、イメージ作りの一環になればと立ち寄った大塚家具でこの椅子と出会います。

我が家の始まりの椅子「チーフテンチェア」

この椅子が似合う家を作りたい。そう思った瞬間から家づくりの歯車が強く噛み合い始めました。我が家にとって、家づくりの「始まりの椅子」です。

家具の彫刻家 Finn Juhl

この椅子のデザイナーは、ヤコブセンやウェグナーと並び、20世紀中頃の北欧ミッドセンチュリー期を代表する巨匠、家具の彫刻家と呼ばれるフィンユールです。

フィンユール初期のデザインは、ポエトソファのようにオブジェに直接脚をつけたようなデザイン。その後、#45チェアのような3次元曲線を組み合わせたフレームの流麗なデザインに変遷します。

いずれものデザインも当時のデンマークでは評価されなかったそうです。その後、彼の作品はアメリカで評価され、それに伴い本国での評価も上がり巨匠と呼ばれるに至ります。

チーフテンチェアのバックグラウンド

フィンユールの黄金期、1949年に発表されたラウンジチェア。フィンユール自身が自宅の暖炉の前でくつろぐためにデザインしたと言われています。

同じ年の展示会で国王が自ら着座したことで脚光を浴びた一方、肘掛け下地の素材に物言いがつき、博物館購入の選考対象から外されたそうです。

フィンユールは建築家なので椅子も構造建築として捉えているように感じます。独特な幕板や貫の配置を見ると、「リデザイン」を軸とする当時のデザイン思想とは切り口が違います。

チーフテンチェアの特徴

フィンユールを代表するこの椅子ですが、短時間で細かいデザインまで完成したそうです。設計する前に使用場面、座り方、デザインがほぼ出来上がっていたとされます。

フィンユールのデザインアイコンとも言える特徴をほぼ全て網羅しており、幾つもの椅子をデザインし、積み上げた理論と経験で行き着いた、フィンユールの集大成です。

頑丈さと柔らかさの両立

フィンユール チーフテンチェア

この椅子の特徴は、どんな座り方をしても「びくともしないほど頑丈」で「体への当たりが柔らかい」こと。荷重を受け止める力強いフレーム組み、3次元曲面で構成された大きな背板・座面・肘掛けによるものです。

暖炉の前でどう座るか、体と椅子どのよう接するか、どこにどれだけの力がかかるか。こういった事が完璧にイメージ出来ていたはずです。

三角で構成するフレーム

フィンユール チーフテンチェア

後脚、背板を支えるフレーム、貫で三角形を作っています。トラス構造など三角形はとても安定した構造とされます。古代エジプトの家具を研究し、ツタンカーメンの椅子から着想したそうです。

これは同時期にデザインされたエジプシャンチェアとも共通しています。三角形の頂点には角のような丸い突起があります。飾りですが、これもエジプト由来のデザインアイコンです。

デザイン性のある幕板

フィンユール チーフテンチェア

幕板のデザインも特徴的です。通常の幕板は前後脚をつなぎますが、この椅子は座面下の前面幕板と後脚を繋ぎます。このハの字配置の幕板で座面を支えながら椅子の剛性を保っています。

フィンユールの椅子は、座面下の構造にこだわりが詰まっていて、ファイアーサイドチェアの十字の貫や#45の逆ハの字の貫も特徴的です。

幕板とは?

多くの椅子には、座面下に4本の脚を連結し四角形を作るフレームがあり、これを幕板と呼びます。幕板の下に、貫と呼ばれる脚を連結する部品が追加されることもあります。

浮遊感を演出する面構造

フィンユール チーフテンチェア

フレームとの接合部を小さくすることで、背板、座面、肘掛けが浮いたように見えるデザインです。フィンユールのデザインアイコンで、多くの椅子で同様のデザインが見られます。

このチーフテンチェアだと、肘掛け・座面はフレームの両脇を削り接合部だけを凸状にしています。接合部が面材に隠れて浮いているように見えます。

メーカー・販売店など

フィンユールのオリジナルの多くはNiels Vodder社という家具工房で作られました。その他、Bovirke社、France & Son社などモデルによっていくつかオリジナルの工房もあります。

現在は、House Of Finn Juhl(旧Onecollection/旧旧Hansen & Sorensen)が、ほぼ全てのライセンスを持っています。日本のキタニも一部生産していましたが、今年10月に生産終了となりました。

日本では浜松にあるDanish Interiors社が正規ディーラーとして輸入していますが、このチーフテンチェアを含む一部のモデルは、日本で生産されています。109チェアもそうです。

https://iconsinmyhouse.com/kagu11/
あわせて読みたい

小売では、我が家もお世話になっているIDC大塚家具での取り扱いが充実していおり、ほとんどの店舗でフィンユールコーナーを設置しています。大手ならではの柔軟な支払い方法も魅力です。

我が家にとってチーフテンチェアとは?

我が家の家づくりを大きく動かしたチーフテンチェアですが、なぜこの椅子を選んだのか、実際にどう使っているかを紹介します。

この椅子のどこに惹かれたのか?

圧倒的な存在感です。広い大塚家具の売り場の中で、この椅子のオーラは抜群に輝いていました。実際に座ってみてその抱擁感にも驚きました。

その時は、値段を見て諦めましたが、その存在感が日に日に大きくなっていきます。結果、間取り検討の頃には、この椅子が間取りの中心にありました。

どんな使い方を考えたのか?

大きくて深く座れるラウンジチェアなので、中庭の正面に設置してゆっくり過ごすイメージでした。週末、お酒を飲みながら座れると最高だと思っていました。

実際に自分達で作った間取りの原案では、中庭の前にチーフテンチェアが2脚並んでいます。

実際の使い方は?

フィンユール チーフテンチェア

壁面に向けて設置し、プロジェクターで映画やテレビを見るため使っています。今年のオリンピック・パラリンピックでは大活躍でした。

多い時は映画3本ぐらい見ていますが、座面が大きいので色々な姿勢で座る事ができます。フィンユールの写真にもありますが、足を肘掛けに乗せて体を伸ばす事もできます。

もう一度家を建てるとしても購入するか?

北欧のラウンジチェアであれば、チーフテンチェアを選ぶ可能性が高いです。この大きさのラウンジチェアだとウェグナーのベアチェアも選択肢ですが、座り方の自由度はチーフテンチェアならではだと思います。

ポルトローナ・フラウ

妻は、もう一軒となればイタリア系の家具も良いといっています。Poltorona Frau(ポルトローナ・フラウ)がお気に入りです。確かにレザーの質感は抜群です。

テレビドラマ「天国と地獄〜サイコな2人〜」でも登場しました。半年ほど前ですが、横浜鶴見にある大塚家具アウトレットでは、撮影に使われた椅子が販売されてました。

最後に

我が家の家具紹介、第1回はチーフテンチェアを紹介しました。フィンユールの現行品でも最も高い椅子の1つですが、価格に見合った価値のある椅子だと思います。

次回の家具紹介は、もう1人の我が家の主役デザイナー、Poul KjærholmのPK80です。

こちらもCHECK

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

続きを見る

世界中から厳選した家具・インテリアの通販サイト MAARKET

家具だけでなく照明も充実。Louis Poulsen・LYFA・Ingo Maurer・Santa&Coleなど名作揃いです。

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/6/25

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/5/26

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-家具
-, ,