PVアクセスランキング にほんブログ村

エネルギー

V2H導入#1 電気代削減のため、トライブリッド導入を決めた皮算用

2022年7月7日

最近の電気・ガス・ガソリンの高騰には驚いています。特に電気代は家計に占める支出割合も高く頭を悩ませます。

燃調費が最安だった2021年1月の「▲5.02円/kWh」に対して、2022年8月は「+5.10円/kWh」となり完全に反転。

10円/kWhの値上がりで4人家族(400kWh/月)では4,000円/月。ガス・ガソリンを足すと負担増は7,000円/月を超えます。

年間7,000kWhを消費するオール電化の我が家。新築時の「エネルギー計画」を前倒し、電気代対策を行う事にしました。

今回の記事では、次の点について我が家が考えた事を紹介します。

この記事のポイント

  • 我が家のエネルギー計画について
  • このタイミングで計画を変更し、設備導入に踏み切る理由
  • 活用できる補助金
  • 最終的にかかる費用や回収見込み

こんな方におすすめ

  • これから新築予定の施主の方
  • 光熱費の高騰に困っているオール電化住宅の方
  • 災害時の電力供給に不安な方
  • V2Hの導入を考えている方
  • 対象となる補助金を調べている方

色々な考え方があり賛否はあると思いますが、「我が家はこういう考え方で導入します」という話です。

新築時に考えたエネルギー計画

我が家がハウスメーカと契約したのは2019年末、「台風15号・19号(東日本広域)」の直後です。

立て続けにきた2つの台風による被害は甚大で、電力供給網も大きな被害を受け復旧にはかなりの日数がかかりました。

そういった状況を目の当たりにして始まった家づくり。「台風を含めた災害時はどのするか?」夫婦で何度も話し合いました。

その話し合いで決めた事を、我が家では「エネルギー計画」と呼んでいます。

どのエネルギーを使うか

家庭で使うエネルギーは「電気・ガス・ガソリン・灯油」の4種類ありますが、我が家は「ガソリンも含めて全て電気に集約する事」を選びました。

大地震の度に「オール電化の弱さ」が報道され不安もありますが、以下4つの理由から電気への集約を決めました。

電気に集約する理由

  1. 電気は家庭で唯一創れるエネルギー
  2. 化石燃料の価格はいずれ上昇する
  3. 電気はガス・ガソリン・灯油の代わりになる
  4. 電気に1本化すれば投資効果が高い

最小限のエネルギーコスト

平常時の生活ではエネルギーコストの削減もエネルギー計画の重要なテーマです。

最小限がいくらかを知る事で、最終目標とする削減幅や段階的な削減計画が見えてきます。

我が家の場合、ガソリン・電気・ガスの合計で30万円/年に対して、最大で26.3万円(1+2+4)の削減が見込めます。

最小限のエネルギーコストは年間で3万円となります。

エネルギーコストの削減効果

  1. オール電化へ変更:▲1.8万円/年
  2. ガソリン車→HV車:▲3万円/年
  3. ガソリン車→EV車:▲8万円/年
  4. 太陽光のみ(5kW):▲14.3万円/年
  5. 太陽光+V2H:▲16.5万円/年

ただし、電気・ガス代は「2人暮らし世帯の平均支出額(新電力ネット)」を参考に試算しました。

実際の電気代は試算より6万円多くなっています。(冷暖房の24時間稼働・電気代高騰による)

以下は削減額の試算方法です。

  • ガソリン車:12万円/年(走行距離10,000km/年・燃費13km/L)
  • HV車:▲3万円/年(ガソリン比で約2/3弱)
  • EV車:▲8万円/年(ガソリン比で約1/3)
  • 電気代・ガス代:¥1.5万円/月×12ヶ月=18万円/年(電気・ガス平均支出額「新電力ネット」)
  • オール電化:電気+ガスの約1割減
  • 太陽光:積載量5kW・発電量6,000kWh
  • 太陽光のみ:50%消費(3000kWh×¥30/kWh=▲9万円/年)・50%売り(3000kWh×¥17.7/kWh≒▲5.3万円/年)
  • 太陽光+V2H:80%消費(4800kWh×¥30/kWh=▲¥14.4万円/年)・20%売り(1200kWh×¥17.7/kWh≒▲¥2.1万円/年)

災害時に必要な電力

台風15号・19号では電力網自体が被災し避難所でも停電が発生。他避難所への移動を余儀なくされたケースもあったそうです。

自宅に被害が無い限り在宅避難を基本とし、まずは、在宅避難で使う家電・設備の消費電力を計算しました。

「絶対に必要」と「あれば良いな」の2つに分けて考えています。

絶対に必要の電力量(7kWh/日)

  1. 冷蔵庫:消費電力 30Wh × 24時間 = 0.7kWh
  2. エアコン(1基・暖房):700Wh × 5時間 = 3.5kWh
  3. シャワー(沸かし太郎・20L):900Wh × 1時間 × 2人 = 1.8kWh
  4. 照明・スマホ・テレビ・ホームセキュリティなど:1.0kWh

あれば良いなの電力量(13.3kWh/日)

  1. 冷蔵庫:消費電力 30Wh × 24時間 = 0.7kWh
  2. エアコン(1基・暖房):700Wh × 10時間7.0kWh
  3. シャワー(沸かし太郎・30L):900Wh × 1.5時間 × 2人 = 2.7kWh
  4. 照明・スマホ・テレビ・ホームセキュリティなど:1.0kWh
  5. IHクッキングヒーター:3kWh × 0.5時間 = 1.5kWh
  6. 炊飯器:炊飯1回あたり0.2Wh × 2回 = 0.4kWh

必要な設備と資金

ここまでの内容(導入設備・平常時のコストダウン・非常時の自立日数)に、それぞれの「必要資金」を一覧表にまとめました。

導入設備 必要資金(工事込み) 平常時のコストダウン 非常時の自立日数
  • オール電化
  • HV車
  • 50万円
  • 400万円(ハリアー)
  • ▲5.8万円
  • 最低限の電力:6日間
  • 欲しい電力:3日間
  • オール電化
  • 太陽光
  • HV車
  • 50万円
  • 120万円
  • 400万円(ハリアー)
  • ▲20.1万円
  • HVで3kWh/残り太陽光
  • 最低限の電力:15日間
  • 欲しい電力:15日間
  • オール電化
  • 太陽光
  • EV車
  • 50万円
  • 120万円
  • 420万円(リーフ60kWh)
  • ▲24.1万円
  • EVで3kWh/残り太陽光
  • 最低限の電力:18日間
  • 欲しい電力:18日間
  • オール電化
  • 太陽光
  • V2H
  • EV車
  • 50万円
  • 120万円
  • 100万円(ニチコン プレミアム)
  • 420万円(リーフ60kWh)
  • ▲26.3万円
  • EVで3kWh/残り太陽光/余剰はEV戻し
  • 最低限の電力:30日以上
  • 欲しい電力:18日間

※HV車にはオプションの「非常給電システム」(最大1500Whの出力)と建物側には冷蔵庫・寝室エアコンをつなぐ特定配線を設置しています。詳しくはこちらで紹介しています。

※2番目・3番目の最大の違いはガソリン/電気の残量。確率論ですが、家で充電できるEVの方が、災害発生時に満タンである可能性は高くなります。

※3番目・4番目の違いは、消費電力を減らして蓄電量を回復し自立期間を調整できる点。3日に1日の割合で最低限消費を挟めば、13.3kWh消費でも自立日数は大幅に伸びます。

設備導入スケジュール(エネルギー計画 Ver.1)

理想は4番目のV2Hまで揃ったパターンですが、初期投資が670万円とかなり大きくなります。

そこで上から順番に段階を踏んで設備導入をする事にしました。具体的には

エネルギー計画 Ver.1

  • 入居1年目(=新築時):オール電化・HV車・配線準備(HV→特定コンセント・太陽光・V2H)
  • 入居2年目:太陽光(5kWh)を追加
  • 入居3年目:EV車を導入
  • 入居4年目:V2H設備の導入

何かと物入りな1年目の支出は抑えて、キャッシュアウトが一巡した2年目以降で設備投資を始める計画です。

(ガソリン満タンが条件ですが)最も自立日数が短い1年目でも最低限で6日間の生活を確保できるのが肝。

さらに、新居での消費電力の実績も揃うので、太陽光の積載量を現実に即して判断ができるのもメリットです。

取り巻く環境の変化

何度も話し合いを重ねて考えたエネルギー計画ですが、世の中の変化には抗えず。2年目の今年、外部環境の変化を考慮して前倒す事を決めました。前倒しを決めた理由を紹介します。

電気代が想定以上に高い

まずはオール電化での電気代。想定していた電気代を大きく超えました。

1.5万円/月で試算していましが、実際の平均電気代は2万円/月。年間で6万円のコストアップです。

原因は「冷暖房による消費量増加(+2万円)」と「高騰した電力単価(+4万円)」です。

支払った電気代は取り返せないので、設備導入とコスト削減を前倒し、急ぎ出血を止めるべきだと考えました。

災害リスクの増大

頻発する地震や豪雨被害を見ていると、自分達も同じように被災する可能性を意識します。

2019年台風15号では、土砂崩れによる送電設備の損壊や変電所の水没が長期停電を引き起こした一因とされます。

最近は台風だけでなく、線状降水帯による被害も報道されています。

昨年、町内・近隣自治体で大規模な土砂崩れも発生。改めて早急な災害対策の必要性を感じました。

設備の供給懸念

半導体不足の影響もあり、EVに限らず自動車全般の納期が長くなっています。

その他、家電や住宅設備でも在庫不足が深刻化。納期待ちの状況が続いています。

さらに折りからの電力不足。V2Hがニュースで特集されるなど注目度も上がり、在庫不足に拍車がかかっているようです。

以前は納期1ヶ月だったトライブリッドが現在は2.5ヶ月待ち。

オール電化の消費電力は冬がピーク。EVは手遅れですがV2Hはまだ間に合います。

状況が悪化する可能性もあり、結局買うのであれば、入手できるものは早めに入手と考えました。

補助金の拡充

最後は補助金の拡充です。今年からEVに対する補助金が大幅に増え、V2Hの補助金も充実してきました。

国・自治体の補助金を上手く使えば、EV・V2Hでの補助金は合計200万円前後。特に、V2Hでは負担額は2〜3割程度で済みます。

問題はどちらも供給不足による納期の遅れ。

CEV補助金

車の納入後1ヶ月以内の申請。既に納期が年度を跨ぐ車種も出始めています。今年度予算での申請はかなり厳しい状況です。

V2H補助金

「決定通知後の発注」「年度末までの実績報告」が補助金の条件。申請が増加し審査が遅れると、決定通知の受領も遅れます。

現時点で2.5ヶ月の納期を考えると意外と猶予はありません。

次のページでは「エネルギー計画 Ver2・設備費用・補助金・回収期間」を紹介します

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


2022/7/12

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

ネットでオール電化と入れると、キーワードに「後悔」という文字が出てきます。 今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても、「不安が残る」決断でした。 そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 実際に暮らしてみると「オール電化を選んで良かった」と感じています。 オール電化5連載の最後は、 「入居前まで心配だった事とその結果」 「選んだ理由・住んで分かったメリット」 「気になった・住んで分かったデメリット」 について紹介します。 「オール電化に不安を感じて ...

ReadMore

キッチンハウスデュエの寸法と収納力

2022/7/12

キッチンハウスデュエ(II型)バックキッチンの寸法と収納力のまとめ

キッチンハウスDue(II型)でオーダーした我が家のキッチン、フロント側キッチンの寸法・収納力に続いて、バック側キッチンの寸法・収納力を紹介します。フロント側の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK フロント側は「LDKに馴染む家具のようなキッチン」を強く意識しました。対してバック側は、悪目立ちしない範囲で実用性を最優先してます。使ってみた感想と合わせて紹介します。 目次(ジャンプできます)Page 1バックキッチンの天板寸法何をどれだけ置けるか?①この余白スペースは意外と便利② ...

ReadMore

フェムトセル

2022/7/12

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

2022/7/12

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/6/24

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/6/12

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/6/3

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

-エネルギー
-,