PVアクセスランキング にほんブログ村

エネルギー

V2H導入#2 EVで大丈夫?車は電池?EV7車種を乗り比べた結論

2022年7月16日

電気・ガソリン代の削減、災害時の電力確保に向けて太陽光・V2Hの導入を検討しています。V2Hを導入する場合、車はV2H対応のEV(PHV)車から選ぶことになります。

V2H導入を考える中、頭の片隅にひっかかる疑問が2つ。

  • 本当にEVで大丈夫なのか?
  • EVを蓄電池として選ぶことは正しいのか?

この疑問を解決するため、「EVのデメリット」「V2Hを諦めればどんな車を選べるのか」を念頭に各社のEV7車種を試乗。

最終的には日産アリアを注文しV2H導入を決めました。今回の記事では我が家がこの結論に至った経緯を紹介します。

この記事でわかる事

  • EVのデメリットは何か?
  • それでもEV導入を決めた理由
  • 試乗比較したEV7車種の特徴
  • 日産アリアを選んだ理由

こんな方におすすめです

  • V2Hの導入を考えている方
  • EVの購入を考えている方

EV導入時に気になったデメリット

いつかはEV導入と考えていましたが、いざ購入となると「本当にEVで大丈夫か?」という不安もあります。記事前半では「EV購入時に気になるデメリット」と「そのデメリットを乗り越えた理由」を紹介します。

車の選択肢が少ない

最初にEVを考えたのは家づくりがスタートした2019年末。当時購入できるEV車は「日産リーフ・三菱 i-MiEV・BMW i3・テスラ」しかなく、時期尚早と判断しハリアーHVを購入しました。

EV元年とも言われる2022年、国産・輸入のほぼ全メーカーでEVがラインナップされ、2019年に比べれば選択肢は大幅に広がりました。それでも、国内のボリュームゾーン(コンパクト・軽)では日産サクラのみ。

まだまだ「自由に選べる」とは言い難い状況です。

我が家はSUVでOK

どのメーカーもSUVを中心にラインナップ。SUVが希望の我が家にとっては好都合です。サイズ別に3〜4車種が揃うHVに比べれば見劣りはしますが、メーカー間での比較ができる点は大きな変化です。

ガソリン高騰や補助金という後押しが強いのも事実ですが、「ある程度は比較検討できる」状況になったと理解しています。

車本体の価格が高い

2022年からCEV補助金が拡充。自治体の補助金もあり価格面のハードルは随分下がりました。それでも補助金頼み。予算上限で受付終了になると「来年度への先送り」を視野に燃料代と補助金の損得勘定です。

アリアが最安539万円に対して同じ車格のX-TRAILは316万円から。200万円以上の値差があり、年間11万円のガソリン代と自動車税2万円が減っても回収するには18年。

さらに、ガソリンやHVと比べて値引きがないのもEVが割高な理由。販売店からは収益性や先々のリスクと言った意見もあり、価格での競合はもう少し先になりそうです。

V2Hで電気代も視野に

太陽光発電のある家庭なら、V2Hの導入で購入する電気代を削減できます。卒FITに限らず売電価格が下がり、買電価格が高騰している昨今では、自家消費を増やせるV2Hは効果抜群。

我が家の試算では、ガソリン・自動車税・電気代で年30万円の削減効果。V2H・EV補助金を最大に活用すれば8年程度まで回収期間を短縮可能です。

補助金頼みは変わりませんが…。

航続距離が短く充電時間が長い

HVが数分の給油で800km走るのに対し、EVは高速充電(50kW)30分でも160kmしか走りません。しかも冷暖房の強い夏冬はさらに走行距離が短くなります。あまりにも大きな違いです。

より高速な90kW充電機もありますが、まだまだ設置場所は限られています。見つかっても他の車が使用中など、すぐに充電できるとは限りません。

特に片道150kmを超える日帰り運転は、充電込みの観光・休憩計画が必要。EVに慣れるまでは、わからない事も多く付き合いづらく感じそうです。

酒好きの我が家

幸い夫婦揃って酒好きで美味しい物には酒が必須。日帰りで片道100km程度なら車も考えますが、それ以上の長距離は基本新幹線か飛行機。車での長距離移動はほぼありません。

どうしても車で移動する時は、レンタカーでハイブリッド車を借りれば事足ります。レンタカー代はかかりますが、EVで削減したガソリン代を考えれば十分に許容範囲です。

バッテリーの劣化問題

スマホの電池と同じように、EVの電池も使用に伴い劣化します。このため、各社電池劣化に対する保証を設定しています。例えば、

  • 日産:8年 or 16万kmで75%(9/12セグメント)以上
  • トヨタ:10年 or 20万kmで70%以上
  • スバル:8年 or 16万kmで70%以上

といった具合です。

充放電頻度が多いほど劣化しやすく、V2Hのような使い方は特に厳しいと言われますが、V2Hに対する例外条項は見当たりません。

各社の長期保証は安心ですが、問題は30%程度の劣化条件。例えば20%劣化だと、100km近く航続距離が短くなった状態です。あと10%劣化するまでそのまま乗り続けるのは、なかなかの苦労がありそうです。

5年を目安に

EVの選択肢が増えたといってもまだまだEVは過渡期。EVの仕組み・インフラ・電池でも進化は続きます。現時点では5年を目処に乗り換えることにしました。

次の車を探す頃には、もっと選択肢が増えている事を楽しみにしています。

エンジンの音・振動・高揚感

最後まで悩んだポイントです。

車は生活の道具・目的地に着けば良いという考えもあります。その意味では、EV車なら災害対策も兼ね備えた優秀な道具になります。一方で、運転中に感じる高揚感も車の魅力。「EVはちょっとね」という意見もその通りです。

ある記事で「スマホと同じくEVネイティブ世代には理解されない感覚になる」という記載を見かけました。ガソリン車は富裕層の趣味という時代が来るかもしれませんし、レコードのように復刻するかもしれません。

車を運転する楽しさ

BMW iX3を試乗した時、やっぱりBMWだと感じました。EVらしさを強調するメーカー・自社らしさを強調するメーカーと各社の異なる考え方が垣間見れます。

BMWの走行感を体験した直後には「V2Hはやめてこの車で楽しくガソリン代を削減」という考えもよぎりましたが、少し時間をおいて話し合い「補助金が充実している今は、V2Hを条件に車を選ぶ事」で決定。

それでも「次に買う車はV2H抜きで選びたい」という夫婦共通の意見もまとまりました。

結局、車って何なんだろう?

色々と考えた結果行き着いたのは「車って何なんだろう?」という疑問。世代・性別・地域が違えば車に対する考え方も違います。

我が家にとって、現段階でのEVは「移動・災害対策・電気代削減のツール」なので、この目的を重視してEVを選びます。

V2H非対応の輸入車にも試乗することで、あらためて今必要な事を再確認できたと感じています。また、試乗したからこそ、次の車のイメージもできました。

1ヶ月半という駆け足スケジュールでしたが、乗り比べて良かったと思います。

次のページでは「試乗した7車種の特徴」をまとめます

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


2022/7/12

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

ネットでオール電化と入れると、キーワードに「後悔」という文字が出てきます。 今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても、「不安が残る」決断でした。 そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 実際に暮らしてみると「オール電化を選んで良かった」と感じています。 オール電化5連載の最後は、 「入居前まで心配だった事とその結果」 「選んだ理由・住んで分かったメリット」 「気になった・住んで分かったデメリット」 について紹介します。 「オール電化に不安を感じて ...

ReadMore

キッチンハウスデュエの寸法と収納力

2022/7/12

キッチンハウスデュエ(II型)バックキッチンの寸法と収納力のまとめ

キッチンハウスDue(II型)でオーダーした我が家のキッチン、フロント側キッチンの寸法・収納力に続いて、バック側キッチンの寸法・収納力を紹介します。フロント側の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK フロント側は「LDKに馴染む家具のようなキッチン」を強く意識しました。対してバック側は、悪目立ちしない範囲で実用性を最優先してます。使ってみた感想と合わせて紹介します。 目次(ジャンプできます)Page 1バックキッチンの天板寸法何をどれだけ置けるか?①この余白スペースは意外と便利② ...

ReadMore

フェムトセル

2022/7/12

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

2022/7/12

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/6/24

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/6/12

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/6/3

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

-エネルギー
-,