PVアクセスランキング にほんブログ村

エネルギー

オール電化の停電対策!新築時なら格安、非常給電を使った簡易V2H

2021年1月11日

台風や地滑りといった雨にまつわる災害報道を見ると、地震以外も深刻だと感じます。

ガスに比べれば電気の復旧は早いと言われ、電気さえ復旧すれば通常の生活ができる事はオール電化のメリットの1つ。

そのメリットを活かすために考えるべきは「復旧までの一定期間をいかに乗り切るか」。

新築にあたり、数年後に導入する太陽光・V2Hまでのつなぎとして、目先のリスクを減らすために最低コストで導入できる簡易V2Hを設置。

数日間の停電ならば簡易V2Hで乗り切る算段です。

今回の記事では、新築時なら低コストで導入できる「HV車の非常給電システムを使った簡易V2H」について紹介します。

オール電化の停電対策、4つの選択肢

オール電化の停電対策では「発電設備」「蓄電設備」「導入費用」がポイント。

発電設備には、太陽光パネルの他、PHVやHV車のエンジンも含む事ができます。蓄電設備には、家庭用蓄電池の他、PHVやEV車の蓄電池も含められます。

まずは新築時に考えたオール電化の停電対策4種を、「停電時にできること」「導入コスト」で一覧表にまとめました。

設備 停電時 平常時の
電気代削減
導入コスト
(車除く)
電気の使用 自立期間 供給電力
  • HV(非常給電)
常に制約(大) 4.5日以下
  • 1500W/100V
  • 特定負荷
× 20万円以下
  • 太陽光
  • HV(非常給電)

夜間の制約(大)

10日以下

  • 1500W/100V
  • 特定負荷
200万円以下
  • 太陽光
  • 蓄電池
  • HV(非常給電)
夜に(若干)制約 10日以上
  • 2kVA/200V
  • 全負荷
300万円以上
  • 太陽光
  • 蓄電池
  • V2H(EV/PHV)
ほぼ制約無し 2週間以上
  • 5.9kVA/200V
  • 全負荷
400万円以上

①最低限の災害対策(後半で詳しく説明)

停電対策

停電時はHV車を非常給電モードにし、家の給電ソケットとつなぎ最大1500w(100V)で宅内に給電。冷蔵庫と小型のエアコンなら十分な電力です。

新築時に給電用配線を設置すれば、非常給電オプション(5万円弱)で完成する手軽さ・低コストが最大のメリット。

ガソリン満タンのプリウスで45kWhの電力を供給できるので、1日7kWhに抑えれば約1週間自立可能です。

残念ながら平時のメリットはHVの省燃費のみ。電気代削減には至りません。

②太陽光併用でHVの自立期間を延長

昼に太陽光でしっかりと電力を使えば、太陽光の稼働時間外に使うHV電力を最低限に抑えることができます。

冷蔵庫はHVからの給電で動かし1日2kWh程度。冷暖房は昼に太陽光でしっかり、夜は必要な時だけHVでピンポイントという使い分けも可能。

HVの供給電力を4kWh/日に抑えられれば、10日程度は自立することができます。

太陽光の自家消費・売電により平時の電気代削減できるので、災害専用ではない事もポイントです。

③太陽光・蓄電池でほぼ自立可能

5kWh以上の蓄電池を太陽光と組み合わせれば、HVの電力を使う事なく自立することも可能になります。ここまでやれば、本格的な災害対策です。

夜にどうしても電力が足りない時は、バックアップとしてHVの電力を使うことができるので安心。移動手段として、車の燃料を温存する事もできます。

平時の生活では、太陽光の余剰電力・安い深夜電気を最大限活用でき、電気代の削減効果も高くなります。

さらに、次の④への移行期間としてEVを導入すれば、平時のガソリン代が電力に置き換えられるので大幅なコスト削減が期待できます。

④文句なしの最終形態

停電対策

③のHVをV2H+EVに置き換えたパターンで、災害時でも普段とほぼ変わらない生活が期待できます。

EVの圧倒的な蓄電力で太陽光の余剰電力を全て充電可能。太陽光の発電量以下の生活をすれば、理屈上は無期限で自立生活可能です。

この点は平時でも同じですが、オール電化の場合、発電量が最低となり省電力が最大になる冬が課題。年間購入電力80%減ぐらいが限界だと思います。

①②でスタートし順次③④に拡張が現実的

何かと予算オーバーが続いた我が家は、いきなり④でスタートする余裕はありませんでした。

そのため、一旦①でスタートし、2年目に②、3年目に③…と順次拡張する計画に切り替えました。

ポイントになるのは、新築時に必要な配管類を準備しておく事。特にV2Hの配線は太いので事前にしっかり計画が必要です。

新型トライブリッドのメリット

こういった拡張計画に適した設備が「ニチコン トライブリッド」です。太陽光、V2H、蓄電池を一括コントロールできるトライブリッドパワコンがポイント。

効率よく充放電を管理でき、DC・AC変換も削減でき電力ロスを削減。蓄電池を追加したり、V2Hを後付けにする事も可能で、順次拡張には最適です。

さらに、分電盤までの配線を1本に集約できるのもメリット。

実は、コストダウンでV2H配管を廃止していた我が家。配線をまとめられる新型トライブリッドは渡りに船です。

災害訓練、実際にHV非常給電をやってみた

HV単体での停電対策が機能するか実際に試してみました。非常給電の配線、起動方法、家電の動作、その他工夫した点を紹介します。

ハリアーHVを使った非常給電の仕組み

非常給電システムの活用方法

新築時に家の外壁に給電用ソケット、そこから冷蔵庫横・寝室エアコン横の非常用コンセントまで独立配線を設置。

HV車の非常給電コンセントと外壁給電ソケットをつなぐ事で、2つの非常用コンセントに最大1500wでガソリンがある限り給電することができます。

トヨタ自動車の公式ページにも同様の仕組みが紹介されています。

我が家の場合は汎用部品を使いハウスメーカーと実装した仕組み。安価・汎用的・実用的なことが特徴です。

非常給電の開始手順

冷蔵庫と寝室のエアコンにHV車から電気を供給してみました。順番に説明します。


  • step.1 非常給電モードの起動

    非常給電システムの活用法

    非常給電用のコンセント

    まず最初に「非常給電モード」を起動します。

    車の「パワースイッチ」を2回「AC100Vボタン」を3回押すと、メーターパネルに「非常給電モード」という表示が出ます。これで完了。

    モードを切り替えたら、ヘッドライト・エアコンを必ずOFFに。無駄に電力を消費します。

    ※非常給電モードを解除する時は、AC100Vボタンを1回押すと解除できます。


  • step.2 外部給電ソケットと接続

    非常給電システムの活用法

    次に家の給電ソケットと車の非常給電コンセントを接続します。

    一番上の白いテプラ付きのものが家の給電ソケットです。EV充電用ソケットを流用しています。

    ※給電ソケットの下には、EV充電用200V・ジャンクションスイッチがあります。EV充電用200Vはつけた方が良い設備です。

    非常給電システムの使い方

    両端が凸になった電源ケーブル。売っていないのでワンオフで製作してもらいました。

    家と車をつなぐ場合、車・家ともに差込口は凹なのでこのような特殊ケーブルが必要です。

    家の窓や玄関を開けて延長コードを引き込めば不要。ただし、災害時の防犯を考慮して戸締りをした状態で給電できるようにしています。

    車の窓は少し開けた状態なので、雨の日や車の防犯に課題あり。


  • step.3 非常用コンセントへの接続

    非常給電システムの使い方

    これが非常用コンセントで、分電盤を経由しない独立した配線系統

    外壁の給電ソケットと直結していて、冷蔵庫横と寝室エアコン横に設置してます。

    冷蔵庫とエアコンのコンセントをここに差し替えれば、車からの給電が開始されます。


やってみて確認できた事と今後

理屈上は機能すると考えていましたが、実際に動く事が確認できて一安心です。やってみて分かった事、今後の課題を紹介します。

今回使用した機器・車

今回使用した機器は、

  • HV車:トヨタ 80系ハリアーハイブリッド 非常給電オプション付き
  • エアコン:三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV2220
  • 冷蔵庫:三菱電機冷蔵庫 MR-MX46F

最大で1500Wまでの供給なので、エアコンの消費電力次第では使えない事もあります。

試してみた手順

今回は、冷蔵庫を接続し動作を確認してから、エアコンを暖房・27℃設定・ハイパワーで起動しました。

このエアコンの電力スペックは、

  • 消費電力:冷房 655W/暖房 470W
  • 最大消費電力:冷房 940W/暖房 1315W

暖房の最大消費電力でも200W弱の余力がある状態です。

真冬に朝から暖房を入れていない部屋で、冷蔵庫→エアコンの順で稼働したのはかなりの安心材料。

「先にエアコンを起動、消費電力が落ち着いてから冷蔵庫」ならば、さらに余裕がでると思います。

この仕組みの良さ「新築で手軽に実装でき、戸締りをしたままHVの電気が使える」事を確認できました。

今後の課題・拡張

EVのラインナップは十分とは言えません。現時点では③を目標に、来年には「太陽光」、再来年には「蓄電池」を追加する計画です。

1年生活すれば季節ごとの電力消費量が分かり、太陽光・蓄電池の最適量もわかってきます。どちらも高価な設備なので、できるだけ過不足なく設置したいと考えています。

最後まで読んで頂き有難うございます。次回のエネルギー記事では「平屋の勾配屋根と太陽光パネルの積載量」について書きたいと思います。

目一杯載せると発電所?

片流れ屋根の太陽光
北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対 ...

続きを見る

V2H導入#3 V2H・蓄電池選びで重視した、たった1つのポイント

2022/7/27

電気代・ガソリン代が高騰する中、太陽光・蓄電池・V2H・EVの導入を決定。導入するのは優れた充放電効率を誇る「トライブリッド蓄電システム」。この記事では「パワコンの数・変換効率」を切り口に「なぜトライブリッドを選んだか?」について紹介します。

V2H導入#2 EVで大丈夫?車は電池?EV7車種を乗り比べた結論

2022/7/25

V2H導入を考える中、頭の片隅にひっかかる疑問が2つ。この疑問を解決するため各社EV7車種を試乗。最終的には日産アリアを注文しV2H導入を決めました。今回の記事では我が家がこの結論に至った経緯を紹介します。

V2H導入#1 電気代削減のため、トライブリッド導入を決めた皮算用

2022/7/13

新居4年目を目処に太陽光・V2H・EVを導入する予定でしたが、昨今の電気代の高騰をきっかけに見直し。話し合った結果、前倒しで一気に導入することにしました。まだ補助金申請やローン審査などの途中ですが、前倒しを決めた「皮算用」について紹介します。

bZ4Xの写真
bZ4X・ARIYA・LEAF、5年でV2H・太陽光の費用を回収できるか?

2022/7/8

トヨタ初の電気自動車が正式に発表され、国産SUVでもEVが本格的に動き始めます。 助成金や買取価格が下がっている太陽光パネルに対して、EVやV2Hでは比較的手厚い助成金が設定されており、災害対策も兼ね ...

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

2022/9/11

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-エネルギー
-,