PVアクセスランキング にほんブログ村

照明

20年ぶりの復興、"the right light"を掲げる北欧照明メーカー「LYFA」

2021年7月8日

LYFA DIVAN2

新築にあたり検討した照明のなかに「DIVAN2」という名前の照明器具があります。「LYFA」という北欧照明メーカーが製造していたものですが、残念ながらLYFAブランドは1990年代に消滅。DIVAN2もビンテージしか選択肢がなく諦めていました。

そのLYFAが2020年に復刻、2021年7月から日本でも発売を開始します。LYFAについてまとめます。

照明に関する前回記事は、Poul Henningsen/Louis Poulsen「PHランプ」です。こちらからどうぞ。

こちらもCHECK

ルイスポールセンPHランプ
北欧照明の代名詞「ルイス・ポールセンPH」の歴史とビンテージPH

ルイスポールセン「PHランプ」といえば、インテリア雑誌だけでなく、テレビドラマでも頻繁に見かける北欧を代表する照明です。大小異なる皿のようなシェードが連なる独特のデザインに、赤や青、緑といったカラフル ...

続きを見る

LYFAってどんな照明メーカー?

まずは、LYFAの歴史、照明に対する考え方から紹介します。

デンマークの最古参メーカー

  • 1903年

    1903年にコペンハーゲン市内(Store Kongensgade 63)で「Kjøbenhavns Lampe- og Lysekrone fabrik」という社名で創業。1929年には郊外のValbyに移転。 ※LYFAとの関係は不明ですが、現在のStore Kongensgade 63では「Lysmesteren」という照明販売店が営業しています。
  • 1929年

    RAランプ(Peit Hein)でバルセロナ万国博覧会で金賞を受賞。(1935年のブリュッセル万博でも再受賞)
  • 1930年

    PHランプの盗用として争われていたテーブルランプ5点の訴訟が終結。1点のみ意匠侵害と認定。テーブルランプの土台とマルチシェードの構造が似ている事が訴訟の理由。
  • 1930年代初期

    「Kjøbenhavns Lampe og Lysekrone fabrik(KLLF)から「Lysekrone Fabrik」の頭文字をとって社名を「LYFA」に変更。
  • 1978年以降

    • 1978年 Fog & Mørup社を買収しLYFA-Fog & Mørupとして活動。コペンハーゲンの西にあるBallerup市郊外Måløvに移転。
    • 1988年 マグネットボールランプで有名だった ABO Randers社を買収。
    • 1989年 Lyskær Belysning社に買収される。Fog & MørupをNordlux社に売却後、Lyskær-LYFAとして活動。
    • 1991年 Horn Belysning社に買収され、1998年にはLYFAブランドが終了。

LYFAのデザイン思想

1956年にLYFAが発行した「照明のハンドブック」には「The right light with LIFA」というスローガンが掲げられたそうです。「LYFAと共に正しい光を」という事ですが、正しい光とはどんなものなのか?

公式ページには、照明器具が放つ光の特性を3つのカテゴリーに分け、目的に応じてその特性を使い分ける事が「正しい光」を紹介しています。

  1. Direct Lighting:本を読むや調理するなど実用時の照明。直接光を当てるためギラツキを抑える事と実用的な光量を確保するが必要。
  2. Indirect Lighting:空間の雰囲気を作るための照明。シェードで反射光の方向を調整しつつ必要な光量を確保する。
  3. Diffused Lighting:柔らかい光で空間全体を均一に照らす照明。不必要な陰影が出ないようにする事が重要。

さらに、この正しい光を実現するため手段として、「Form Follows Function(形態は機能に従う)」というモダニズムの設計思想を軸に据えます。つまり、「正しい光にそぐわない要素を削ぎ落とし、残った要素を突き詰めて照明をデザインする事」がLYFAのデザイン思想という事です。

20年ぶりの復興

ブランドとしての歴史に幕を降ろしてから20年超経過した2020年9月、デザインディレクターRASMUS MARKHOLTによりLYFAは復興します。本国での復興から遅れること10ヶ月、2021年7月に日本でも販売を開始します。オリジナルカラーのDIVAN2も含まれており嬉しいサプライズです。

同じ北欧照明のLouis Poulsenに比べると日本での認知度は低いのか、ビンテージ品でも国内流通は稀です。海外ショップからの個人輸入も考えましたが、やはり気になるのは安全性。照明器具の輸入手続きは特殊で、個人で手配するにはハードルが高く諦めました。現行品であれば、SEマークが付され安全性が担保されているので安心です。

日本の輸入代理店

日本の輸入代理店はLYNN INKOOP社。本社は福岡市、東京オフィスは新宿区市谷にあります。「合羽坂テラス」というレトロな建物の3階、大きなテーブルを中心に多くの輸入照明が展示されています。あくまでオフィスなので一般公開はしていません。どうしても訪問したい場合は、販売店やインテリアコーディネーターに相談してみてください。

LYFAの輸入元としてLynn Inkoop社を知りましたが、実はLYFA以外にも多くの照明ブランドの輸入をおこなっています。PLUMEN・NUURA・MATERの他、我が家が狙っているSanta & Coleの輸入も行っています。Doricaというフロアランプが是非とも欲しい1品です。

実際にLynn Inkoop社を訪問しました。その時の記事はこちらからどうぞ。

こちらもCHECK

仕事部屋の照明探し
仕事部屋のグレードアップ③ 階段下の照明を探してショールーム巡り

急ごしらえで納戸から変更した仕事部屋。引越しから1年近く在宅ワークで使用していると、色々と不満も出てきます。多少予算の余裕も出てきたので、順番にグレードアップをしていきます。 グレードアップ初回の記事 ...

続きを見る

我が家に欲しいと思った照明

Lynn Inkoop社のHPから入手したカタログを見ると、気になるペンダントは「DIVAN2」と「Verona」の2つ。「GOVERNOR」フロアランプも気になりますが、我が家だと浮いてしまうかもしれません。

設置場所は仕事部屋

ペンダントライトの設置場所は仕事部屋。元々は納戸として使う予定だった場所ですが、コロナの在宅勤務で急遽仕事部屋に作り替えました。そのため、照明の位置が悪かったり、椅子が座りずらかったりと色々問題があります。これから順次グレードアップしていくので、その中でどちらかのペンダントは採用したいと思います。

こちらもCHECK

Web内覧会仕事部屋
Web内覧会 納戸改め仕事部屋 IKEA家具が並ぶ唯一のフローリング個室

Web内覧会も残りあと数回です。今回の仕事部屋の他、トイレとロフト納戸で終了です。中庭や外庭の植栽工事も一巡し、ようやく生活に落ち着きが出てきました。 前回のウェブ内覧会記事「和室客間」はこちらです。 ...

続きを見る

こちらもCHECK

仕事部屋の照明選び
仕事部屋のグレードアップ④ 照明問題を鮮やかに解決!「Lampe Gras 」

2021年8月からスタートした「仕事部屋のグレードアップ計画」も3ヶ月目に入りました。ようやく、メイン照明を「DCW Editions/Lampe Gras」に決定。 「仕事部屋グレードアップ」記事の ...

続きを見る

こちらもCHECK

仕事部屋のグレードアップ② 照明選び開始、現在の不満点と照明が必要な場所

前回の記事ではワークチェアのグレードアップをご紹介しました。変更した甲斐もあり長時間座っていても、お尻が痛くなりません。集中力も上がり仕事もはかどります。 前回の記事はこちらからどうぞ。House o ...

続きを見る

DIVAN2 by Simon P Henningsen

LYFA

やはり本命はサイモン・ヘニングセンの「DIVAN2」、ビンテージ品しかなく諦めたもの。今回の復刻では、オリジナルのマルチカラー・ブラスの2色に大きさは4種の合計8種。

合計20枚の羽根からなるシェードは内部の電球をしっかり隠しグレアを抑制。少しずつ角度を変えて設置された羽根の間から、間接的な反射光が周囲を照らします。

オリジナルのマルチカラーは、チボリ公園の湖面に反射しきらめく光を模したもの。一方のブラスは、高い質感と落ち着いた風合いでどんな空間にも合いそうです。一番大きなものは160万円もする超高級照明ですが、直径25cm程度の最小モデルであれば15万円強。さらに重量では最小は3kg弱に対して最大は30kg弱。天井補強も考えて最小までが現実的です。

デザイン当時の資料には「羽根の先端が鋭利なナイフのよう」と記載されています。復刻品は面としているとのことですが、設置場所は注意が必要との但し書きがあります。階段下に装飾照明として設置する事になりそうです。

Verona by Sven Middelboe

もう1つはSven Middelboeデザインの「Verona」です。彼はNordik Solar社のデザイナーで、この照明のビンテージ品もNordik Solar社のもの。今回どのような経緯でLYFAから復刻となったか調べましたが情報は出てきませんでした。

Nordik Solar社は1919年に設立された会社で、古くは電気メーターの輸入販売やラジオ(Audiola)の製造販売を行ないます。1950年以降ラジオ制作で得たプラスチックの技術を応用し、照明器具に軸足を移します。スペースエイジらしいカラフルな照明を多くラインナップ。その後、1989年にハンス・アウネ・ヤコブソン社が買収しブランドに幕を閉じます。

LYFA VERONA

この「Verona」もビンテージ市場ではとても人気のある照明。日本のビンテージショップでの取り扱いも確認できました。

パッと見はPHランプと見間違えますが、PHに比べるとシェードの水平基調が強いデザイン。白の樹脂製とブラスの2色、白は5サイズ、ブラスは2サイズの合計7種ラインナップ。白の32cm径までは引掛シーリング対応です。

 

ブラスや白の40cm径以上になると、取り付けは直付けなので天井補強と電気工事が必要です。このサイズになるとボリューム感もかなりあります。3m近い高天井でないとバランスが悪そうです。玄関や吹き抜け階段には最適です。我が家は白の32cm径以下で検討します。

最後に

今回は、20年ぶりに復興され日本国内販売も始まるLYFAを紹介しました。ミッドセンチュリー期からは既に70年が経過し、時代の流れに翻弄され消えていった老舗照明メーカーです。今回色々調べてみると、ミッドセンチュリー期以降に始まるスペースエイジのデザインにも心動かされました。我が家にはハードル高いですが、小物でうまく取り入れるとレトロかっこいいインテリアになります。

最後まで読んで頂き有難うございました。照明器具に関する次回の記事は、「インゴ・マルラー 思わず笑顔になる照明」です。

こちらもCHECK

インゴマウラー
ペンダント照明5選(3) 見た人が笑顔になる照明、光の詩人 INGO MAURER

ポール・ヘニングセンは幼い頃のガス灯の光をもとに、科学的なアプローチでシェードの素材や形を変化させ、近代照明を作り上げました。 息子のサイモン・ヘニングセンは、建築デザインの一部として叙情的で映画のワ ...

続きを見る

世界中から厳選した家具・インテリアの通販サイト MAARKET

家具だけでなく照明も充実。Louis Poulsen・LYFA・Ingo Maurer・Santa&Coleなど名作揃いです。

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/6/25

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/5/26

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE

LYFAと協働したデザイナー

ここからはLYFAと協働した巨匠デザイナーの紹介します。

偉大な父の子「Simon P Henningsen」

1人目は、DIVAN2のデザイナー「サイモン・ヘニングセン」、苗字の示す通り、父親はPHランプのデザイナー「ポール・ヘニングセン」です。父がフリーランスとしてKay Fisherと働き始めた頃、1920年にSimonは生まれます。物心つく頃には父は既に時の人です。

そのサイモン・ヘニングセンが初めてデザインした照明は新聞に取り上げられ、周囲の期待が高かったことが見て取れます。父とは少し違う道を歩み、自身の照明については「父のシェードほど科学的な構成ではない」と言及しています。父から引き継いだチボリ公園など公園建築に力を注ぎ、照明は公園建築を構成する要素として携わったそうです。

彼の照明のうちLYFAが製造したものは全部で4点。

  1. DIVAN2:チボリ公園のレストランのためにデザインした照明。デンマーク国内で数々の受賞をした後、ルーブル美術館にも展示された逸品
  2. KASSABLANKA:4つの光沢のある金属の箱を組み合わせてシェードにした照明。中央に電球を配置し、箱の内外壁に反射させ光を放出する
  3. NIPPPON:名前を見ると日本人には「おっ」となりますが、名前は後付けでデザインと日本は無関係。赤と黒、2つの箱の隙間からオレンジの太陽が覗きます
  4. Swirl Pendant:金属の板を巻いた渦巻きシェードの照明。ビンテージ品では白や黒、オレンジ、赤などカラフルなシェードを見かけます

この4点の中で今回復刻されたのは、一番人気の代表作「Divan2」のみ。4のSwirlがとてもシンプルで多灯吊りもしやすいデザインですが、今の所、復刻せず。どこにでも使えるデザインなので、ラインナップに加わると人気が出そうです。

ラジオハウスの流れを汲む「Bent Karlby」

2人目は、多彩な才能と強い行動力を兼ね備えた異色のデザイナー「Bent Karlby」です。1912年にÅrhusに生まれ、20歳で地元の技術学校を卒業。壁紙などテキスタイルでは、彼のボタニカルデザインは高く評価されます。

一方、第2次大戦下では難民救済のためジャーナリズムにも従事。1943年にはスェーデンに移り、自身のデザインオフィスを開設。大戦後は欧州・アメリカを巡り1950年ごろにデンマークに戻ったとされます。この頃の各国を渡り歩いた経験が、彼の自由なデザインに大きな影響を与えたとされます。

照明の分野ではLYFAの主要デザイナーとして多くの作品を残します。ヴェルヘルム・ラウリッツェンに師事していた事もあり、代表作「ピーナッツ」は名作ライジオハウス・ペンダントをベースにリ・デザインされたもの。また、パイプオルガンのような独特なデザインの「PAN」シリーズも、それだけで空間を作れるデザイン性と実用性を兼ね備えた照明です。

今回の復刻ではクラシカルな照明が中心ですが、1970年代にはLYFAと共に時代を反映したカラフルなデザインへ変遷。アポロ計画に代表される宇宙開発時代の幕開けと共に、アクリルや金属を用い赤やオレンジ・黄といった原色を用いたスペイス・エイジらしいデザインが多く見られます。1998年、21世紀の幕開け間近に永眠。

我が家に欲しいと思った照明

Lynn Inkoop社のHPから入手したカタログを見ると、気になるペンダントは「DIVAN2」と「Verona」の2つ。「GOVERNOR」フロアランプも気になりますが、我が家だと浮いてしまうかもしれません。

設置場所は仕事部屋

ペンダントライトの設置場所は仕事部屋。元々は納戸として使う予定だった場所ですが、コロナの在宅勤務で急遽仕事部屋に作り替えました。そのため、照明の位置が悪かったり、椅子が座りずらかったりと色々問題があります。これから順次グレードアップしていくので、その中でどちらかのペンダントは採用したいと思います。

こちらもCHECK

Web内覧会仕事部屋
Web内覧会 納戸改め仕事部屋 IKEA家具が並ぶ唯一のフローリング個室

Web内覧会も残りあと数回です。今回の仕事部屋の他、トイレとロフト納戸で終了です。中庭や外庭の植栽工事も一巡し、ようやく生活に落ち着きが出てきました。 前回のウェブ内覧会記事「和室客間」はこちらです。 ...

続きを見る

こちらもCHECK

仕事部屋の照明選び
仕事部屋のグレードアップ④ 照明問題を鮮やかに解決!「Lampe Gras 」

2021年8月からスタートした「仕事部屋のグレードアップ計画」も3ヶ月目に入りました。ようやく、メイン照明を「DCW Editions/Lampe Gras」に決定。 「仕事部屋グレードアップ」記事の ...

続きを見る

こちらもCHECK

仕事部屋のグレードアップ② 照明選び開始、現在の不満点と照明が必要な場所

前回の記事ではワークチェアのグレードアップをご紹介しました。変更した甲斐もあり長時間座っていても、お尻が痛くなりません。集中力も上がり仕事もはかどります。 前回の記事はこちらからどうぞ。House o ...

続きを見る

DIVAN2 by Simon P Henningsen

LYFA

やはり本命はサイモン・ヘニングセンの「DIVAN2」、ビンテージ品しかなく諦めたもの。今回の復刻では、オリジナルのマルチカラー・ブラスの2色に大きさは4種の合計8種。

合計20枚の羽根からなるシェードは内部の電球をしっかり隠しグレアを抑制。少しずつ角度を変えて設置された羽根の間から、間接的な反射光が周囲を照らします。

オリジナルのマルチカラーは、チボリ公園の湖面に反射しきらめく光を模したもの。一方のブラスは、高い質感と落ち着いた風合いでどんな空間にも合いそうです。一番大きなものは160万円もする超高級照明ですが、直径25cm程度の最小モデルであれば15万円強。さらに重量では最小は3kg弱に対して最大は30kg弱。天井補強も考えて最小までが現実的です。

デザイン当時の資料には「羽根の先端が鋭利なナイフのよう」と記載されています。復刻品は面としているとのことですが、設置場所は注意が必要との但し書きがあります。階段下に装飾照明として設置する事になりそうです。

Verona by Sven Middelboe

もう1つはSven Middelboeデザインの「Verona」です。彼はNordik Solar社のデザイナーで、この照明のビンテージ品もNordik Solar社のもの。今回どのような経緯でLYFAから復刻となったか調べましたが情報は出てきませんでした。

Nordik Solar社は1919年に設立された会社で、古くは電気メーターの輸入販売やラジオ(Audiola)の製造販売を行ないます。1950年以降ラジオ制作で得たプラスチックの技術を応用し、照明器具に軸足を移します。スペースエイジらしいカラフルな照明を多くラインナップ。その後、1989年にハンス・アウネ・ヤコブソン社が買収しブランドに幕を閉じます。

LYFA VERONA

この「Verona」もビンテージ市場ではとても人気のある照明。日本のビンテージショップでの取り扱いも確認できました。

パッと見はPHランプと見間違えますが、PHに比べるとシェードの水平基調が強いデザイン。白の樹脂製とブラスの2色、白は5サイズ、ブラスは2サイズの合計7種ラインナップ。白の32cm径までは引掛シーリング対応です。

 

ブラスや白の40cm径以上になると、取り付けは直付けなので天井補強と電気工事が必要です。このサイズになるとボリューム感もかなりあります。3m近い高天井でないとバランスが悪そうです。玄関や吹き抜け階段には最適です。我が家は白の32cm径以下で検討します。

最後に

今回は、20年ぶりに復興され日本国内販売も始まるLYFAを紹介しました。ミッドセンチュリー期からは既に70年が経過し、時代の流れに翻弄され消えていった老舗照明メーカーです。今回色々調べてみると、ミッドセンチュリー期以降に始まるスペースエイジのデザインにも心動かされました。我が家にはハードル高いですが、小物でうまく取り入れるとレトロかっこいいインテリアになります。

最後まで読んで頂き有難うございました。照明器具に関する次回の記事は、「インゴ・マルラー 思わず笑顔になる照明」です。

こちらもCHECK

インゴマウラー
ペンダント照明5選(3) 見た人が笑顔になる照明、光の詩人 INGO MAURER

ポール・ヘニングセンは幼い頃のガス灯の光をもとに、科学的なアプローチでシェードの素材や形を変化させ、近代照明を作り上げました。 息子のサイモン・ヘニングセンは、建築デザインの一部として叙情的で映画のワ ...

続きを見る

世界中から厳選した家具・インテリアの通販サイト MAARKET

家具だけでなく照明も充実。Louis Poulsen・LYFA・Ingo Maurer・Santa&Coleなど名作揃いです。

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/6/25

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/5/26

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-照明
-,