PVアクセスランキング にほんブログ村

照明

北欧照明の代名詞「ルイス・ポールセンPH」の歴史とビンテージPH

2021年6月25日

ルイスポールセンPHランプ

ルイスポールセン「PHランプ」といえば、インテリア雑誌だけでなく、テレビドラマでも頻繁に見かける北欧を代表する照明です。大小異なる皿のようなシェードが連なる独特のデザインに、赤や青、緑といったカラフルな色が華を添えます。

この独特のシェードにはデザイナー「ポール・ヘニングセン」の照明に対する思いが詰まっています。今回の記事では、デザイナー「ポール・ヘニングセン」の照明に対する考えに触れながら、PHランプの歴史、我が家にあるPHランプ(PH2)について紹介します。

近代照明の父「ポール・ヘニングセン」

スマホやモニター用のフィルターにアンチグレアという仕様があります。「グレア」とは、「ものを見えづらくしたり、不快感を感じさせるギラツキ感・眩しさのこと」をいいます。ポール・ヘニングセンは、電球照明のグレアと向き合い続けたデザイナーで、近代照明の父と呼ばれます。

幼い頃の心象風景

ポール・ヘニングセンがデンマークで生まれたのは1984年。この頃の照明といえばガス灯で、彼も揺れる炎に柔らかく照らされる空間で少年期まで過ごしたそうです。その後、電気の普及に伴いガス灯は電気照明に変わっていきます。

しかし、当時の電気照明はシェードもなく剥き出しの電球がギラギラと室内を照らします。「昔のガス灯のような柔らかい光を作りたい。」少年期に感じたこの思いが、ポール・ヘニングセンが生涯照明デザインと向き合いつづけた原動力とされます。

かたちづくられた本物の照明

  • 「いったん本物の照明を経験したら、生活は新たな価値で満ちあふれる」(ポール・ヘニングセン)
  • 「光をかたちづくる(Design to Shape Light)」(ルイス・ポールセン)

PHランプの最大の特徴は、「必要な所は明るいのに、目には眩しくない」ということ。シェードの形や角度、素材を緻密に計算することで、光を届ける方向や距離を自在に操ります。まさに「光をかたちづくる」「本物の照明」です。

PHランプの歴史

PHランプの歴史は、その独特のシェードの形・枚数の変遷そのものです。まとめてみました。

  • Slotsholm Lamp(街灯・1920年)

    ヘニングセンは1917年に大学を退学、1919年に自身のデザインオフィスを立ち上げます。翌1920年、彼がデザインした街灯「Slotsholm Lamp」がコペンハーゲンの運河沿いに設置されます。「支柱高さの7倍の距離まで光を届けた」とされる電気の街灯です。

    図面を見ると電球を中心に光の拡散を緻密に計算している事がわかります。しかし、認識の違いなのか、製造会社により部品が1つ外されたそうで、最終的には「眩しい(グレア)」事を理由に全て撤去されてしまったそうです。

    (写真はwikipedia 英語版「poul henningsen」の項目にあります。)

    ※2018年には、この街灯を Christiansborg Palaceの運河沿いに復刻させようという動きもあったそうです。

  • PHランプの原型(Paris Lamp・1925年)

    PHランプが初めて世界に知られたのは1925年のパリ万博。デンマークパビリオンに「System PH」として展示された3つの照明の1つ「Paris Lamp」でヘニングセンは金賞を受賞、製造したルイス・ポールセンは銀賞を受賞します。

    このParis Lampは6枚のシェードで構成され、トップからボトムに向かって、直径は小さく、曲線は強く、角度は垂直に近づきます。ボトム2枚のシェードはPH5とほぼ同じ形で、この頃にはPH5につながる構造が出来ていた事がうかがえます。

    (写真はwikipedia 英語版「poul henningsen」の項目にあります。)

  • 4:2:1の3シェード(Forum Lamp・1926年)

    万博での金賞受賞の翌年、ルイスポールセンと共同でコペンハーゲンに新築される展示場のライティングを受注します。自動車の展示を想定した広い空間で、そのためにデザインされた照明が「Forum Lamp」です。

    Forum Lampは3枚のシェードを使い、「横方向2:中間1:真下方向1」に電球の光を分割し放射します。これを実現するため、シェードサイズはトップから4:2:1と順番に小さくなり、角度も垂直に近づきます。これが3枚シェードで光の方向を調整する「3シェードシステム」の始まりです。

    ※シェード自体は3枚ですが、電球の直下にはグレアを防ぐための部品が設置されます。後にボトムボウルとして、ボトムシェード下部に設置されます。

  • 3:2:1の3シェード(1926年以降)

    Forum Lampでの成功を背景に3シェードを家庭用として発売。展示場より遥かに小さな空間なので横方向への光を抑え下方向に集めます。トップシェードを一回り小さくし、比率を「3:2:1」に変更。さらに、電球の位置を少し下げて下方向により多くの光が届くように調整してます。

    この「3:2:1」を基本形とし、食卓での2灯・3灯使い、ローテーブル上の1灯使いなど、使用環境に合わせて拡散方向を変えるため、シェードの比率を調整します。これが、PHランプの呼び名に表れています。

    • PH3は直径30cmの3番トップシェードに「3:2:1」の比率でミドル・ボトムシェードを取り付けたもの
    • PH3/2は、3番トップシェードに、2番トップシェードのミドル・ボトムシェードを取り付けたもの
    • PH3 1/2-3は、3番と4番の間にあたる3 1/2番シェード(=35cm)に、3番シェードのミドル・ボトムシェードを取り付けたもの
phランプ

lampenlee (Lothar Lee), CC BY 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by/2.0>, via Wikimedia Commons

PHランプ

Camiove, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons

 

最も有名なPH5

その後、1958年にPH5を発表します。テレビ・雑誌でも見かける事が多く一番有名なPHランプだと思います。その特徴は、

  1. 名前の由来となる直径50cmのトップシェード
  2. 合計6枚のシェードを使ったグレアフリーデザイン
  3. シェードの曲線には自然界に存在する対数螺旋を用いている
  4. 目に優しい光にするため赤と青の小さなシェードを補った

そして、「Paris Lampで使った下2枚とトップシェード上のシェード」「3シェードの構成理論」を組み合わせた全部乗せ仕様です。その意味では、1925年から30年超を経て完成した、PHランプの集大成です。

PH5 ルイスポールセン

"File:PH-Lampan 1.jpg" by Holger.Ellgaard is marked with CC BY-SA 3.0. To view the terms, visit https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/?ref=openverse

最高峰はアーティチョーク

他方、PHランプの最高峰といえば、PH5と同じ1958年にデザインされた「アーティチョーク」。72枚の羽を含めて大部分は、いまだに手作業だそうです。値段も最高峰ですが、その佇まいには息を呑みます。照明一つで空間を作り上げられる最高峰の芸術品です。

実際にアーティチョークの周りを回って確認しますが、どの角度からみても電球が見えません。電球の光は必ず羽に反射して意図された方向に拡散します。72枚もある羽根の位置・角度は細かく計算され正確に配置されています。

2020年に復刻されたセプティマというモデルがあり、アーティチョークの元デザインとされます。セプティマはPHらしい形ですが、ガラスシェードを部分的に磨りガラスにして光の拡散・透過を調整しています。この磨りガラスの形がアーティチョークの羽の形によく似ています。

PH アーティチョーク

"April 05, 2009-12.12.15" by gcbb is marked with CC BY 2.0. To view the terms, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/?ref=openverse

次のページでは我が家のビンテージPHランプ、購入店」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-照明
-,