PVアクセスランキング にほんブログ村

照明

北欧照明の代名詞「ルイス・ポールセンPH」の歴史とビンテージPH

2021年6月25日

ルイスポールセンPHランプ

ルイスポールセン「PHランプ」といえば、インテリア雑誌だけでなく、テレビドラマでも頻繁に見かける北欧を代表する照明です。大小異なる皿のようなシェードが連なる独特のデザインに、赤や青、緑といったカラフルな色が華を添えます。

この独特のシェードにはデザイナー「ポール・ヘニングセン」の照明に対する思いが詰まっています。今回の記事では、デザイナー「ポール・ヘニングセン」の照明に対する考えに触れながら、PHランプの歴史、我が家にあるPHランプ(PH2)について紹介します。

近代照明の父「ポール・ヘニングセン」

スマホやモニター用のフィルターにアンチグレアという仕様があります。「グレア」とは、「ものを見えづらくしたり、不快感を感じさせるギラツキ感・眩しさのこと」をいいます。ポール・ヘニングセンは、電球照明のグレアと向き合い続けたデザイナーで、近代照明の父と呼ばれます。

幼い頃の心象風景

ポール・ヘニングセンがデンマークで生まれたのは1984年。この頃の照明といえばガス灯で、彼も揺れる炎に柔らかく照らされる空間で少年期まで過ごしたそうです。その後、電気の普及に伴いガス灯は電気照明に変わっていきます。

しかし、当時の電気照明はシェードもなく剥き出しの電球がギラギラと室内を照らします。「昔のガス灯のような柔らかい光を作りたい。」少年期に感じたこの思いが、ポール・ヘニングセンが生涯照明デザインと向き合いつづけた原動力とされます。

かたちづくられた本物の照明

  • 「いったん本物の照明を経験したら、生活は新たな価値で満ちあふれる」(ポール・ヘニングセン)
  • 「光をかたちづくる(Design to Shape Light)」(ルイス・ポールセン)

PHランプの最大の特徴は、「必要な所は明るいのに、目には眩しくない」ということ。シェードの形や角度、素材を緻密に計算することで、光を届ける方向や距離を自在に操ります。まさに「光をかたちづくる」「本物の照明」です。

PHランプの歴史

PHランプの歴史は、その独特のシェードの形・枚数の変遷そのものです。まとめてみました。

  • Slotsholm Lamp(街灯・1920年)

    ヘニングセンは1917年に大学を退学、1919年に自身のデザインオフィスを立ち上げます。翌1920年、彼がデザインした街灯「Slotsholm Lamp」がコペンハーゲンの運河沿いに設置されます。「支柱高さの7倍の距離まで光を届けた」とされる電気の街灯です。

    図面を見ると電球を中心に光の拡散を緻密に計算している事がわかります。しかし、認識の違いなのか、製造会社により部品が1つ外されたそうで、最終的には「眩しい(グレア)」事を理由に全て撤去されてしまったそうです。

    (写真はwikipedia 英語版「poul henningsen」の項目にあります。)

    ※2018年には、この街灯を Christiansborg Palaceの運河沿いに復刻させようという動きもあったそうです。

  • PHランプの原型(Paris Lamp・1925年)

    PHランプが初めて世界に知られたのは1925年のパリ万博。デンマークパビリオンに「System PH」として展示された3つの照明の1つ「Paris Lamp」でヘニングセンは金賞を受賞、製造したルイス・ポールセンは銀賞を受賞します。

    このParis Lampは6枚のシェードで構成され、トップからボトムに向かって、直径は小さく、曲線は強く、角度は垂直に近づきます。ボトム2枚のシェードはPH5とほぼ同じ形で、この頃にはPH5につながる構造が出来ていた事がうかがえます。

    (写真はwikipedia 英語版「poul henningsen」の項目にあります。)

  • 4:2:1の3シェード(Forum Lamp・1926年)

    万博での金賞受賞の翌年、ルイスポールセンと共同でコペンハーゲンに新築される展示場のライティングを受注します。自動車の展示を想定した広い空間で、そのためにデザインされた照明が「Forum Lamp」です。

    Forum Lampは3枚のシェードを使い、「横方向2:中間1:真下方向1」に電球の光を分割し放射します。これを実現するため、シェードサイズはトップから4:2:1と順番に小さくなり、角度も垂直に近づきます。これが3枚シェードで光の方向を調整する「3シェードシステム」の始まりです。

    ※シェード自体は3枚ですが、電球の直下にはグレアを防ぐための部品が設置されます。後にボトムボウルとして、ボトムシェード下部に設置されます。

  • 3:2:1の3シェード(1926年以降)

    Forum Lampでの成功を背景に3シェードを家庭用として発売。展示場より遥かに小さな空間なので横方向への光を抑え下方向に集めます。トップシェードを一回り小さくし、比率を「3:2:1」に変更。さらに、電球の位置を少し下げて下方向により多くの光が届くように調整してます。

    この「3:2:1」を基本形とし、食卓での2灯・3灯使い、ローテーブル上の1灯使いなど、使用環境に合わせて拡散方向を変えるため、シェードの比率を調整します。これが、PHランプの呼び名に表れています。

    • PH3は直径30cmの3番トップシェードに「3:2:1」の比率でミドル・ボトムシェードを取り付けたもの
    • PH3/2は、3番トップシェードに、2番トップシェードのミドル・ボトムシェードを取り付けたもの
    • PH3 1/2-3は、3番と4番の間にあたる3 1/2番シェード(=35cm)に、3番シェードのミドル・ボトムシェードを取り付けたもの
phランプ

lampenlee (Lothar Lee), CC BY 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by/2.0>, via Wikimedia Commons

PHランプ

Camiove, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons

 

最も有名なPH5

その後、1958年にPH5を発表します。テレビ・雑誌でも見かける事が多く一番有名なPHランプだと思います。その特徴は、

  1. 名前の由来となる直径50cmのトップシェード
  2. 合計6枚のシェードを使ったグレアフリーデザイン
  3. シェードの曲線には自然界に存在する対数螺旋を用いている
  4. 目に優しい光にするため赤と青の小さなシェードを補った

そして、「Paris Lampで使った下2枚とトップシェード上のシェード」「3シェードの構成理論」を組み合わせた全部乗せ仕様です。その意味では、1925年から30年超を経て完成した、PHランプの集大成です。

PH5 ルイスポールセン

"File:PH-Lampan 1.jpg" by Holger.Ellgaard is marked with CC BY-SA 3.0. To view the terms, visit https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/?ref=openverse

最高峰はアーティチョーク

他方、PHランプの最高峰といえば、PH5と同じ1958年にデザインされた「アーティチョーク」。72枚の羽を含めて大部分は、いまだに手作業だそうです。値段も最高峰ですが、その佇まいには息を呑みます。照明一つで空間を作り上げられる最高峰の芸術品です。

実際にアーティチョークの周りを回って確認しますが、どの角度からみても電球が見えません。電球の光は必ず羽に反射して意図された方向に拡散します。72枚もある羽根の位置・角度は細かく計算され正確に配置されています。

2020年に復刻されたセプティマというモデルがあり、アーティチョークの元デザインとされます。セプティマはPHらしい形ですが、ガラスシェードを部分的に磨りガラスにして光の拡散・透過を調整しています。この磨りガラスの形がアーティチョークの羽の形によく似ています。

PH アーティチョーク

"April 05, 2009-12.12.15" by gcbb is marked with CC BY 2.0. To view the terms, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/?ref=openverse

次のページでは我が家のビンテージPHランプ、購入店」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-照明
-,