PVアクセスランキング にほんブログ村

家づくり

【採用検討した湿式壁3種】それぞれの機能性や意匠性の特徴を紹介

2021年8月15日

漆喰、珪藻土、ペイント

内装の壁仕上げ材と聞くと真っ先に思い浮かぶのは塩ビクロス。日本では、単価が安く施工業者も多い塩ビクロスが圧倒的。これに不織布や紙も含め、壁紙による仕上げを乾式壁と呼びます。

一方で、職人が手作業で仕上げる漆喰や珪藻土は少数派です。塗装(ペンキ)壁も加え、湿式壁や左官壁と呼ばれます。手作業で仕上げるため独特の質感・意匠性が最大の特徴です。

質感の高さが気に入り塗装壁を希望しましたが、残念ながら予算・工期が折り合わず乾式壁を採用。今回は、代表的な湿式工法の壁材について、検討時に調べた機能性や意匠性の特徴をまとめます。

「壁材にこだわった理由」「希望の壁材の探し方」は、下記の記事で書いています。

こちらもCHECK

壁紙選び
「壁の仕上げ材選び」を「ハウスメーカー選び」より優先した理由

注文住宅では自分好みの家を作れますが、その分、施主が決めることも多く大変です。分からない事だらけですが、それに結論を出すのが施主の役目。その後、その結論が見積もるので、また大慌てです。 施主ブログを見 ...

続きを見る

こちらもCHECK

壁材探し
希望の壁材はどうやって探す?「試行錯誤した壁材探し」と「効率が良かった探し方」

新築当時、壁材といえば壁紙、壁紙といえば塩ビクロスしか知りませんでした。実際探してみると、左官壁、ペイント、フリース壁紙、非塩ビ壁紙、塩ビ壁紙と多くの種類があります。 こだわって選んだ家具が配置される ...

続きを見る

3種類の湿式壁材

新築時に検討した3種類の湿式壁材に星をつけると以下の表のようになりました。このように考えた理由について説明します。

項目 漆喰 珪藻土 塗装
意匠性 ★★★ ★★★ ★★★
機能性 ★☆☆ ★★☆ ★☆☆
耐久性 ★★☆ ★☆☆ ★★☆
コスト・工期 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
星の数 6 5 7

高い質感と豊かな表情「漆喰」

漆喰

日本でも古くから内外装壁で使用される壁材。消石灰に糊・繊維・水を混ぜ、手作業で壁に塗りつけます。二酸化炭素と反応しながら時間と共に徐々に硬化する「気硬性」の壁材です。

漆喰独特の高い質感が最大の特徴。併せて調湿・抗菌・消臭など高機能壁材としても紹介されています。ただし、壁になった状態でのどのていど機能するかは冷静に考える必要があります。

高い質感で繋ぎ目なし(意匠性★★★)

特別な表面仕上げをしなくても、ナチュラルな艶感や輝き、手作業による陰影だけで意匠性は十分です。他の仕上げ材にはない漆喰壁だけの特徴です。これだけでも漆喰壁を選ぶ理由になります。

壁紙の場合、シンプルな無地・無柄だと繋ぎ目が目立ちます。同じ無地でも漆喰は繋ぎ目が無く、艶っとした平滑な壁に仕上がります。これができるのは漆喰以外にはありません。

間接照明に照らされた漆喰壁はとても綺麗です。天井からの光で表面の凹凸が自然な陰影を作り、繋ぎ目で途切れることなく壁一面が輝きます。絵画など装飾の背景としても最適です。

調湿効果には疑問(機能性★☆☆)

原料である消石灰に調湿力があるのは理解できますが、壁になった状態での調湿には疑問があります。

スポンジ状に固まった漆喰壁は、湿気を吸収・放出し部屋の湿度を調整する効果があるとされますが、厚さ数ミリの漆喰層で部屋の調湿ができるほどの保湿量があるとは思えません。

湿気は漆喰層を透過するので、下地の石膏ボードの調湿能力次第と考える方が理にかなっています。漆喰壁単体で考えた場合、「結露はしない」程度の期待が正しいように感じます。

抗菌・消臭も疑問(機能性★☆☆)

「壁に付着した菌・臭い」のうち 「中和できる臭い」のみ効果を発揮します。家内にある菌や臭い全体からするとごく一部。期待するほどの機能ではないと考えます。

消石灰の強アルカリ性が菌を不活性化し、酸系のにおい物質を中和するという理屈です。しかし、壁になると菌や臭い物質が壁まで到達しなければ不活性化効果は発揮できません。

油脂・皮脂を中心とした酸系の臭い物質を中和しますが、トイレやペット臭といったアルカリ系の臭い物質は中和できません。経年で弱アルカリ性に変化するので、長期的にはどちらの効果も低下します。

やっぱり高級壁材(コスト・工期☆☆☆)

消石灰・水・糊・繊維といった材料は安価ですが、施工工程が長く特別な技術が必要なため、施工費が高くつきます。平米単価はビニールクロスの5倍以上です。

施工費を抑えるために、糊・水・繊維を化学物質に変更し作業・施工性を改良した漆喰もあります。それでも塩ビクロス比で4倍程度。養生や下塗り工程は変わらず、工期もそれほど変わりません。

こういった改良は人手不足や技術補完を目的とするものが多く、コスト面でのメリットはあまり期待できません。漆喰は高い壁材と割り切って、専門の職人さんにお願いした方が良いと考えます。

その余裕のない我が家では選択肢からは外しました。

ざっくりした風合いの「珪藻土」

珪藻土

漆喰と並び人気のある壁仕上げですが、歴史は30年程度と浅いようです。

鉱石由来の漆喰と異なり、珪藻が化石になり堆積した珪藻土に固化材を加えて壁に塗り付けます。表面はゆず肌で和の印象が強いですが、仕上げの模様によっては洋風にも合います。

モデルハウスで聞いた「掃除が手間」という声が印象に残り、「日々の生活で気を使いたくない」と「費用・工期がかかりすぎる」という理由で選択肢から外しました。

マットな風合いで繋ぎ目なし(意匠性★★★)

漆喰の艶っとした表面と異なり、ざらっとしたマットな風合いが特徴です。素材の多孔質や表面のゆず肌が光を吸収するため、落ち着いたマットな表情になります。

その他漆喰と異なる点は、珪藻土には複数の色がある事や表面仕上げで多彩な模様を作れる事。明るめの色でラフな表面仕上げだと、洋室にも違和感なく使えます。

繋ぎ目がないのは漆喰と同じで、余計な線を入れず壁一面を同じ調子で仕上げられるのは大きなメリットです。漆喰に比べると多孔質特有の軽さを感じるので、床・天井材との質感合わせは重要です。

漆喰より高い調湿性能(機能性★★☆)

珪藻土の粒には多くの孔があり、この孔に湿気を取り込むことで湿度を調整します。漆喰の調湿と似ていますが、孔の数がはるかに多く調湿効果は漆喰の数倍といわれます。

ただし、調湿の仕組み上、孔が塞がってしまうと十分に機能を発揮できません。珪藻土は、漆喰と異なり自己硬化しません。このため、固化材・バインダーと呼ばれる接着剤が使用されます。

樹脂系接着剤では孔を塞いでしまう事も多いので、調湿効果を期待する場合、接着剤の種類や壁になった状態での吸湿能力がどの程度かを注意する必要があります。

あくまで脱臭機能(機能性★★☆)

調湿機能同様に多孔質の孔に臭い物質を捕捉し脱臭します。珪藻土は中性に近いので、漆喰と違って中和機能はありません。「補足した臭い物質がどうなるか」気になります。

「臭い物質を分解する」とする珪藻土製品もありますが、消石灰を配合し強アルカリで分解する仕組みです。消石灰の量は少ない上に、漆喰と同じく、長期的には効果が薄まります。

通常の珪藻土製品では「補足した臭い物質を放出する速度が遅く、放出される臭いに気づかない」との説明があります。調湿と同じく多孔質が接着剤で埋まると機能しません。接着剤には注意が必要です。

耐久性が難点(耐久性★☆☆)

自己硬化する漆喰に比べると、接着剤で固定しているだけの珪藻土は柔らかく傷つきやすい壁材です。特に凸コーナーは削れやすく、剥がれてしまった写真も見かけます。

珪藻土を使用しているモデルハウスでは、粉落ちで苦労してると聞きました。来場者が多いので劣化が早いとは思いますが、普段使いに気を使うのはデメリットと感じました。

接着剤を増やせば粉落ちも軽減しますが、メリットの調湿力や脱臭力も低下します。修理しやすいという記事もありますが、表面に模様があると補修部は目立ちます。腰壁で物を直接当てない対策も必要です。

漆喰と並ぶ高級壁材(コスト・工期☆☆☆)

材料費は漆喰よりも高いため、施工を多少縮めても総額では漆喰と大きく変わりません。塩ビクロス比で4倍以上という高級品です。

漆喰よりも若干安いとされるのは、下塗り不要や1回塗り(下塗りの後に上塗り)でも施工できる改良品があるため。通常の珪藻土だと漆喰よりも高くなる可能性があります。

腰壁の平米単価は珪藻土よりも高く、壁保護のために(珪藻土に見合う)腰壁を設置する場合、全体としてはコストアップになります。

次のページでは色だけでなく質感も選べる、塗装壁」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-家づくり
-,