PVアクセスランキング にほんブログ村

DIY 外構・植栽・菜園

自分でできる土留め トクサエリア・アプローチ庭に連杭の設置完了

2022年4月18日

ガーデンエッジの設置

今年最初の庭づくり作業「トクサエリア・アプローチエリアの土留め」を設置。今までは土留めがなかったので、

  • 大雨の日にはアプローチ庭の黒土が砂利へ流出
  • トクサを植えている法面の土が流れてトクサの根元が露出

どちらも見た目が悪く気になっていましたが、特に気になるのは玄関まで真っ直ぐ伸びる砂利敷き。白砂利なので黒土が混ざると特に目立ちます。

ガーデンエッジ・連杭とは?

ガーデンエッジ・連杭とは、「長さ10cm〜40cmの丸い木杭を半分にしたもので、数十本がワイヤーでまとめられた」ガーデン資材です。

連杭、ガーデンエッジの写真

土に直接打ち込んで仕切り・土留めにしたり、ブロック積みの花壇やプランターの周りに巻き付け目隠しとして使います。ホームセンターやネット通販で購入できます。

今回は、斜面の土留めや根切り板の目隠しにこの連杭を使用します。目的に応じて長さや太さが選べ、木製でナチュラルな雰囲気が作りやすく、DIYでの庭づくりでは手軽で便利なアイテムです。

アプローチ庭の土留め設置

砂利に流れ出た黒土に関して、見た目の悪さ以外に問題がもう1つ。砂利に溜まった黒土に雑草が生える事。せっかく砂利下に防草シートをはったのに、その上の土があるので防草シートの意味がありません。

近いうちに流出した黒土・砂利に混ざり込んだ落ち葉を掃除する予定です。これ以上黒土が流出しないように、アプローチ庭の境界にガーデンエッジを使って土留めを設置します。

アプローチ庭のスペック

アプローチ庭の土留め

砂利敷き・5段のアプローチ階段を通る玄関アプローチ。

その右側に長さ8m・幅1mの植栽スペースがあり、ここを「アプローチ庭」と呼んでいます。

一部には排水・水道パイプが通っているので、場所によっては大きな植木はNGです。

アプローチ庭の植栽

玄関前(上側)にはシンボルツリーのイロハモミジ、敷地入り口(下側)には枝垂れ梅。

その間には、マホニア・ヒイラギ・アオキ・ヤツデ・アセビといった和の植栽が並びます。

写真は階段脇の斜面になっている部分。パイプはかなり深い位置を通っているので、この辺りは自由に植栽を植えることができます。

黒土が流出する原因

特に黒土の流出がひどい場所は2カ所。

黒土が流出した砂利

1カ所目はアプローチ階段の手前部分。アプローチ庭の斜度変化が原因です。

敷地入り口から玄関までの高低差は80cm。玄関手前には5段のアプローチ階段を設置しています。アプローチ庭も階段に沿って、この付近から登り始めます。

雨で斜面を流されてきた黒土は、この斜度が変化する付近で堆積。黒土面とピンコロ石の高低差がなくなり、砂利側に流出します。

黒土が流出した砂利

もう1カ所は水道メーター付近。

水道メーターが周りの黒土面より少し高いので、メーターとピンコロ石の間に水が溜まりやすいようです。

また、土の部分は水が浸透しますが、メーターがあることでこの付近の浸透量が少ないのも理由。

行き場のない雨水が、ピンコロ石を越えて砂利側に流れ出る時、黒土も一緒に流出しています。

引っ越し当初は、雨が降るたびに掃除してましたが、流出を止めない限り何度やっても同じことの繰り返し。いつの間にか掃除しなくなり、写真の通り雑草まで生えてくる状態です。

タカショー ガーデンエッジ(10cm)

土留めにはタカショーのガーデンエッジ(10cm)を使用しました。いわゆる連杭で、28本の杭がワイヤーで連結されたもの。高さ10cm、20cmの2種類あります。

ピンコロ石に添わせて設置するため、深く打ち込んで固定する必要はありません。高さ10cmを選択。ピンコロから5cm張り出すぐらいで施工しました。

アプローチの土留

先ほどの階段登り口付近。ピンコロ石の仕切りに沿って設置することで、仕切りの高さが5cm上がります。

これにより上から流れてきた黒土は砂利側に流出せず、ガーデンエッジの内側に溜まるようになります。

黒土が流出した砂利

水道メーター付近もしっかり対策できてます。

メーター付近には水道パイプが通っていて深く打ち込めず。高さ20cmのガーデンエッジは高さが出過ぎました。10cm高のガーデンエッジはタカショーだけです。

水道メーターとピンコロ石の間が2cmしかありませんが、厚み1.4cmなので問題なく収まりました。

アプローチ庭の土は全て黒土客土なので、ゴムハンマーを使って簡単に施工できました。

施工後のアプローチ庭の写真はこんな感じです。土と馴染む色なので、悪目立ちせずナチュラルな仕上がりで満足です。

黒土が流出した砂利

柔らかいワイヤーで連結されているので、コーナー部分でも問題なく曲げることができます。おすすめです。

トクサエリアの土留め設置

続いてはトクサを植えている南庭の法面。以前、植木の生産者さんからは「ブロックを置くだけでも良いから、土留めした方が良い」と言われていました。

指摘の通り、大雨が降るたびに表面の土が流されています。

トクサエリアのスペック

法面の土留め

「前面道路からの目隠し」と「法面の崩れ防止」のために、幅7m・奥行き50cmのエリアにトクサを植えてもらいました。

和室の窓が南面にありますが、道路から見るとトクサと庭木が目隠しになっています。

トクサエリアの前傾

スギナの仲間なので、地下茎がとても強くどんどん広がります。

左右両側・道路側にはRC・石積み壁があり、建物側はあぜ板を使って根止めしています。

塩ビのあぜ板が道路側から見えないように、あぜ板の手前に石を並べてます。

こちらもCHECK

植えてはいけないトクサ
「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は ...

続きを見る

土流出の影響

土が流出した法面

実際に土が流出している法面の写真です。

赤く色をつけた部分は、石積みの上面でコンクリートです。流れでた土が溜まっています。

赤丸は下部の根元が露出しているトクサ。一部には地下茎まで露出しています。

トクサ自体は生命力が強いので心配していませんが、見た目が悪く気になります。

このまま放置すると状況は悪くなる一方。トクサの根元付近にガーデンエッジで土留めを設置します。

目隠し石の問題点

根止めの目隠し

根止めのあぜ板を石で隠している写真です。

かなり硬い地盤なので掘ればすぐに石が出てきます。畑づくりで出てきた石を並べて目隠しにしていました。

問題は、石が脆く風雨にさらされてボロボロに割れてしまったこと。また、石の下が不快害虫の住処になっていること。

これらの石を一掃して、ガーデンエッジを使って目隠しにします。

ワースガーデン ガーデンエッジ(20cm)

まずはあぜ板の目隠しです。石を取り除いた場所に打ち込みますが、あぜ板に沿って平な場所に打ち込むだけなので強度は必要ありません。

土から5cm出ているあぜ板を隠すため、20cm高のガーデンエッジ(連杭)を使います。仕上がりは写真の通り。波状のあぜ板に沿わせているので、ガーデンエッジも波打っています。

ガーデンエッジの目隠し

強度は不要なので価格重視で、ワースガーデンの「ガーデンエッジ(20cm)」を購入。1枚で幅1.2mあるので、7m幅の目隠しには6枚必要です。

タカショー 先割ガーデンエッジ(30cm)

最後は石垣上の土留です。ここはしっかりと打ち込む必要があるので、30cmと長さのあるタカショー「先割ガーデンエッジ」を選びました。

本来は先割(細くなっている)部分を上にして使うようですが、上下逆さまにしてゴムハンバーで打ち込みました。施工結果は写真の通りです。

長さが30cmあるので、10cmぐらいを打ち込んでいます。トクサの根元が隠せるので、見た目もスッキリして気に入っています。

値段は高いですが、杭自体がしかりしているので硬めの土でもしっかり打ち込めます。この点は安心のタカショーです。他メーカーだと少し不安なものもあります。

次のページではガーデンエッジ使用時のコツと注意点」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-DIY, 外構・植栽・菜園
-,