PVアクセスランキング にほんブログ村

平屋

平屋は建築士が向いている!? 我が家が建築士に感じたメリットと注意点

2021年12月31日

建築士と建てる家

前回記事の通り、平屋は建築費が高くなります。そこに、施主のこだわりが輪をかけて建築費を押し上げます。予算内でこだわりを詰め込むために、我が家が選んだのは建築士事務所と建てる家です。

こちらもCHECK

平屋の建築費
平屋の建築費は高い。施主のこだわりはもっと高い。結果、平屋は高い。

どの建築会社と話をしても平屋の建築コストは、2階建の2〜3割増しと言われます。説明を聞けば理解できる理由でした。実際に平屋を建てて、確かに建築費は高かったと感じます。 一方で、自分達の「平屋だから」と ...

続きを見る

今回は、①ハウスメーカーと建築士事務所の違い ②平屋を建築士事務所で設計するメリット ③建築士事務所に頼む上での注意点を記載します。

ハウスメーカーと建築士事務所は対極

本来、ハウスメーカーと建築士事務所は同じ次元で比較する存在ではありません。ハウスメーカーは商品開発・設計・建築・サービスまで行うのに対して、建築士事務所は設計・施工監理を行います。

ハウスメーカーの一部業務が独立した会社になっているイメージなので、建築士事務所に依頼する場合は、別途、建築会社との契約が必要になります。

まずは、両社の作る家の違いについて、我が家が理解している事を説明します。

注文住宅の定義が違う

ハウスメーカーの作る注文住宅はカスタマイズ住宅です。大多数の人が必要とする仕様・デザインから商品の雛形(標準)を作り、施主要望や土地条件を基に商品を選びカスタマイズしていく住宅です。

一方で、建築士事務所は施主要望や土地条件を基に、雛形無しでゼロから設計する住宅です。そのため、狭小地や変形地でも柔軟な設計ができ、木造・鉄骨・RCなど最適な工法選びから始まります。

コスト構造が違う

ハウスメーカーは大量購入を前提に価格交渉を行います。標準のコスパが良いので、標準が希望に近いメーカーを選ぶとコストを抑えられます。良く見かけるメーカー毎の坪単価は標準が前提です。

また、販売費の比率が高いことも特徴。全国各地の展示場・テレビCM・多くの営業を抱えるので、販売費は建築費の2割を占めると言われます。

建築士事務所の場合、建築会社の購買力にもよりますが、採用した建材・建物構造によるコストがそのまま反映されます。大手に比べると交渉力は弱いので、値引きより素材選定で価格調整を行います。

展示場や営業を抱えないので販売費は少ない反面、打合せ時に展示物を見ながら話し合うといった事はできません。時には、施主自ら足を運んで採用実例を確認することも必要です。

提供する価値が違う

ハウスメーカーは、工場生産やカスタマイズを制約する事で安定した品質を目指します。豊富な資金・人材力で独自技術・素材開発も可能。これらを採用しなくても開発費が建築費に含まれるのは難点。

建築士の場合、設計した建築士が直接現場を監理することで、ポイントを抑えた品質管理を行います。また、既存工法・素材を組み合わせるので、不必要な開発費を負担する必要はありません。

保証の考え方が違う

ハウスメーカーでは、保証は競合先に負けないための商品の一部。保証に満たない建材は選択肢から外されます。法令の要求外でも競争で負けないための保証もあり、施主によっては過剰な保証にもなり得ます。

建築士の場合、ハウスメーカーほど充実した保証は期待できませんが、過剰保証や選択肢の制限、不要な保証コストは避けられます。法令の許す範囲で施主との話し合いの中でリスクマネジメントを考えます。

打ち合わせ目的が違う

ハウスメーカーの打合せは、一定の回数でカスタマイズ項目を埋めコストを弾くように標準化されてます。メーカーの原価・保証条件と施主の要望・予算をすり合わせるプロセスです。

建築士の場合、ゼロから設計するため打合せ回数も多く、施主の希望・予算・コストの擦り合わせが主目的。意思疎通が完成度に直結するので、施主からの積極的・主体的な情報発信も重要です。

平屋を建築士事務所で設計するメリット

ここからは、平屋新築を建築士事務所に依頼するにあたり、メリットだと考えた事を説明します。これらメリットによるコストダウン額を、希望する仕様・設備導入費用に振り分ける事ができました。

高額な販売費は負担しない

目指す建築イメージは決まっていたので、大手3社にも希望仕様のプレゼンを行いました。プレゼン作成に先立ち1年以上かけて建材ショールームや展示場を見て回っています。

必要な事は大方自分達で説明でき、建築士の説明も具体的にイメージする事ができました。必要なら実例を見に行く事も厭いません。資金の目処も立ちネームバリューも気にしません。

こういったことから、大手ハウスメーカーの高額な販売費は負担したくないと考えました。建築士事務所を選び、費用の2割を希望実現に振り分けられるならば、多少の労力は仕方ありません。

耐震性の高い平屋には特別な技術は不要

軽量な鋼板屋根の平屋であれば、2階建てと比べて耐震性は大幅に上がります。大手独自開発の耐震構造や設備に費用を払う必要はないと考えました。結果、建築士での設計が有力になります。

また、独自構造の施工現場では特別な教育や認定が必要で、これらも全てコストに反映されます。本来シンプルで建てやすい平屋ならば、既存工法・素材で十分だと考えます。

この開発費や教育費は最初から建築費に含まれています。こういった費用を負担しないためには、その技術を「採用しない」では無く、「技術開発に関わらない」会社で設計・建築する必要があります。

予算に収めるための積極的な素材選び

総額予算に収める上で自由に工法・建材を選べることは重要です。大手の場合、型式認定や社内規格に縛られ自由に選ぶ事はできません。もちろん、裏返しとして保証面での妥協は必要になります。

建築士の場合、法令の許す限り自分達の価値判断でリスク負担を選べます。大多数を満足させる保証条件ではなく、自分達の必要な保証を選べることで、コスト調整幅が広くなります。

多少のリスクを許容してある部分を安く仕上げることで、浮いたコストを希望の設備・仕様に振り分けるといった具合です。

特定層に向けたプレミアムな平屋は不要

平屋人気(本当かは知りませんが)という流れの中で、ハウスメーカーも平屋商品を拡充しています。しかしその価格・仕様設定を見てみると2階建てより明らかに割高です。

平屋の展示場を設置出来るほどの客数もないのが現実。2階建は家族構成や世代別に多様な商品がありますが、平屋はプレミアム一択で特定の年齢・所得ターゲットに絞った商品です。

ターゲットから外れる施主にとっては、過剰なプレミアム感や不要な仕様・設備に費用を払う事になるので、ゼロから考えられる建築士の方が予算内で希望を叶えやすいと考えました。

建築士事務所に頼む上での注意点

平屋を建築士事務所に依頼するメリットを説明しましたが、一方で、注意するべき点もいくつかあると感じました。

引っ越しまでの期間は長く余裕を持って考える

標準がないので打合せ項目は多岐に渡ります。土地の条件も千差万別、選択肢が多い分時間がかかります。打合せが長い上に、ハウスメーカーのような工場生産による工期短縮は期待できません。

我が家の場合、建築士に決めてから着工合意まで毎週末の打ち合わせで5カ月、着工から引き渡しに7カ月。建築イメージと間取りを持ち込んでからだと、さらに6カ月遡ります。

他がどの程度かは分かりませんが、ハウスメーカーのようなペースでは進まないと思います。

分離発注になるのでキャッシュフロー・金利負担は注意

建築士に依頼する場合、設計・監理と建築は原則分離発注になります。住宅ローンへ含める事は可能ですが、建築士費用は一旦自前で支払う必要があるので、キャッシュフローはタイトになります。

建築詳細と見積もりが出るとフラット35の審査、請負契約まで結ぶと銀行融資が可能になり、つなぎ融資や分割融資でキャッシュフローも幾分楽になります。

ただし、融資期間が長いので金利負担は避けられません。また、つなぎ融資実行から住宅ローン実行(引き渡し)の期間を原則1年以下に制限している金融機関が大半です。

キャッシュフロー、金利負担、融資期間を見極めながら慎重に計画する必要があります。

リスクとベネフィットは冷静に判断する

「できません」と言われれば悩みませんが、「できるが、リスクあり」と言われると悩む事になります。また、「安くなるけど、耐用年数が短い」といった場合は結構悩みます。

将来費用を払って直す、自分達で直すといった選択肢もり、リスク=NGという考え方は一旦忘れて、リスクとベネフィットを考えました。満点の建材はないと結論づけられるケースも多かったです。

今必要な費用を先送りして、金利負担を減らしたぐらいに考えるのも方法だと思います。

対人コミュニケーションは重要

過度に自分の価値観を押しつける建築士もいるとの記事を見かけますが、幸いそういった方に出会った事はありません。そんな人が本当に商売をできているかは疑問です。

独立開業した建築士なのではっきりした考え方があるのは当然だと思います。ただし、ハウスメーカーのように担当者交代とか上司の仲裁は期待できません。

拗れると収拾がつかないので、意見を言う・聞くといったコミュニケーションは重要だと感じました。

最後に

ハウスメーカーの家、建築士の家にはそれぞれの良さがあると実感しました。平屋の場合は、建築士の方が向いていると考えて選びましたが、予算・仕様共に想定内でまとまったと思います。

ゼロから自分のこだわりを形にしていくプロセスなので、自分にとってはかなり楽しい時間だったと思います。ここは個人差も大きいと思います。

手軽に見に行ける展示場はなく、気難しそうな人がいたらと足が向きにくいと感じてました。そういう建築士もいるかもしれませんが、実際に話してみると、建築が好きで気さくな方が大半だと思います。

新築検討の時は、一度、建築士事務所も考えてみてはどうでしょうか?我が家は満足しています。

次回は、我が家の建築会社を紹介します。大手ハウスメーカーを凌ぐ調達力、将来的な事業継続性も高く、経験豊かで頼れる営業さんが魅力です。

また、契約形態が少し特殊です。建築士に依頼する場合の選択肢としてはメリットが大きいので、この点についても記載します。

最後まで読んで頂き有難うございました。

基礎・屋根が大きく、どうしても割高になる平屋住宅。複数メーカーをしっかり比較して、最高の平屋を作ってください。

平屋の不安#4 収納が不足しやすい?収納設計で注意した事と収納率

2022/8/26

平屋のメリット・デメリットを読むと「平屋は収納が不足しやすい」と言う記載を頻繁に目にします。収納不足は平屋に限った事では無いですが、確かに、ついつい収納を減らしたくなる平屋固有の事情も見え隠れします。今回は「平屋と収納」についてまとめます。

平屋の不安#3 平屋には勾配天井?我が家が標準天井高を選んだ理由

2022/8/31

「お洒落な平屋」で見つかる写真は、高窓からサンサンと太陽がかがやく勾配天井ばかり。 記事にも「開放感」という3文字が並びます。 そんな中で、2.4m高の標準高天井を選んだ我が家。 この選択は間違いなの ...

平屋の不安#2 外から丸見え?新築時に考える目隠し・視線対策

2022/7/4

平屋のデメリットと言われる、外部からの視線問題。通行人、隣家、離れた高台の住宅など、平屋は全方向から見られます。通行人と目が合いちょっと気まずいなど、平屋の視線問題について、目隠し・視線対策、我が家の対策実施効果について紹介します。

平屋の不安#1 空き巣に狙われやすい?新築時に考える防犯対策!

2022/7/4

最近は一段と人気の平屋住宅ですが、少数派で情報は少なく新築時は不安も沢山。中でも「平屋は空き巣に入られやすい」は、進入経路にしやすい1階の窓が多い平屋の宿命です。今回の記事では、そんな平屋の防犯対策、特に新築時に考えると効果的な防犯について紹介します。

建築士と建てる家
平屋は建築士が向いている!? 我が家が建築士に感じたメリットと注意点

2022/6/12

前回記事の通り、平屋は建築費が高くなります。そこに、施主のこだわりが輪をかけて建築費を押し上げます。予算内でこだわりを詰め込むために、我が家が選んだのは建築士事務所と建てる家です。 こちらもCHECK ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-平屋
-