PVアクセスランキング にほんブログ村

平屋

建てて住んで実感した平屋のメリット・デメリットとデメリットへの対策

2021年10月22日

前回の記事では「建てる前に考えた平屋の魅力」について説明しました。

こちらもCHECK

平屋を選んだ理由
コストも敷地もハードルが高い平屋、それでも平屋を選んだ理由は?

我が家の建築会社の担当さんによると、「平屋を希望するお客さんは多いが、見積もりを見て諦める人も多い」そうです。 契約前は構造見学会や完成見学会にも行ったので、我が家でもそういったイベントがあると思って ...

続きを見る

平屋を建築し住み始めてもうすぐ1年経ちます。感じる魅力に関しては概ね「建てる前」と変わりませんが、建てて住んでから実感した「平屋のメリット・デメリット」についてまとめます。

また、土地探し・設計段階から「デメリットへの対策」も行いました。「どのような対策を行い」「どの程度効果があったか」についても簡単にご紹介します。

今後、項目毎に詳細記事を追加していきます。これから平屋を検討される方の参考になればと思います。

建てて住んで実感した平屋のメリット

設計検討や引っ越してからの生活を通じて、改めて実感できたメリットを中心にまとめています。

間取り作り・設計

平屋のメリット

間取りの自由度が高い

実際に、間取りの変更はしやすかったです。2階建では、1階の変更が階段や水回り位置と通じて2階の間取りにも影響します。構造や直下率から変更できない場合もあります。

建築の制約を考えず、重視する事に集中出来るので考え易い。賃貸での不便さなど実体験を元に話し合うので、優先順位をつける場面でもシンプルに重要度に集中した議論ができました。

大空間・大開口を作りやすい

平屋は上階が無いので、極端な偏り(偏心)でない限り大開口窓を設置しやすい。木造でも大空間を作りやすいです。柱の無い36畳のLDKに、天井まで幅4mの大開口窓が設置できました。

全部屋1階なので屋外が近く、大きな窓で屋内外を繋げた開放的な空間作りが得意。採用しませんでしたが、大屋根を活かした勾配天井も高さ制限を意識せず採用できます。

段階的なバリアフリーに対応しやすい

完全なバリアフリーは敷地・GL・道路の高低差にもよりますが、屋内のバリアフリー化だけであれば階段のない平屋で十分に実現できました。

新築時点では完全なバリアフリーは不要なので、宅内バリアフリーのみ新築時に実施。必要になった時に手摺や外構スロープを設置する計画です。

こちらもCHECK

平屋のバリアフリー
平屋住宅のバリアフリー、まずは老後のイメージについて話し合う事から

「バリアフリー」は平屋を選んだ大きな理由です。。せっかく建てる新築なので、歳を取っても長く快適に過ごしたいと考えました。 一方で、「この階段が登れなくなったら住替えの時期です。」外構アプローチ階段の打 ...

続きを見る

こちらもCHECK

平屋のバリアフリー
平屋はバリアフリーに向いている?新築で行ったこと、後回しにしたこと

前回の記事では、「新築時にどこまでバリアフリーを行うか?」を考えるため、自分達の老後のイメージ(「どうなったら家を手放すか?」)について記載しました。 こちらもCHECK 今回の記事では、自分達の老後 ...

続きを見る

日々の生活

平屋のメリット

家事動線をフラットにできる

階段がないので家事動線は全てフラットな横移動だけになりました。洗濯物も重いまとめ買いの荷物も、平台車で目的場所まで運べて便利です。

2階建ての実家では洗濯物を2階のベランダまで運んで干していました。大きな荷物を抱えた状態での階段は足元が見えにくいので、フラット動線で家事ができるのは便利で安全です。

掃除・ゴミ出しの手間を減らせる

段差も階段もない平屋なので、ロボット掃除機だけで日常の掃除は完結します。窓掃除も2階の窓が無いので掃除しやすくなりました。平屋はトイレも1カ所なので、掃除の手間は2階建ての半分。

階段を昇ってゴミを集める必要がなくゴミ出しの手間も削減。掃除もゴミ出しも毎週の事なので、地味ですが大きなメリットに感じています。

人の気配を感じやすく異変に気づき易い

平屋では家族が家内のどこにいても気配を感じる事ができます。プライバシーを考えると適度な距離は必要ですが、高齢の方や小さな子供がいる家庭では居場所を感じるのは重要です。

家族に異変があった場合素早く気づく事ができます。また、誰も居ないはずの部屋からの異音といった異変にも気がつきます。

災害対応

平屋のメリット

建物が軽く重心が低いため耐震性が高い

平屋は建物が軽く低いため揺れ幅(振幅)が小さく建物にかかる負担も小さくなります。まだ大きな地震は経験していないので実感はありません。

軸組構法では建物をしならせ地震エネルギーを吸収しますが、大きすぎる揺れは吸収できず梁・柱など接合点が破壊されます。建物が低く振幅の小さい事は大きなメリットです。

また、上階の重量が揺れの加速度を伴って弱い部分に集中します。偏心率や直下率が重要とされる理由です。この点でも平屋は比較的揺れに強い事になります。

耐風性が高い上、周りの住宅が風除けになる

年々台風も過激化しており耐風性能も重要です。背の低い建物は風を受ける部分(力点)と基礎の距離(支点)が短く、建物を変形させる力は2階建てと比べて小さくなります。

また、周りに2階建て住宅がある場合、風下に入り直接風を受ける面積は小さくなります。この点は住み始めて、風が当たる音を聞いていてもよく分かります。

ワンフロアなので避難しやすい

万が一、就寝中に地震に襲われても、階段を降りる事なく避難できるのも平屋のメリットです。避難時の空き巣対策でも、上下階の移動をせずに戸締りを確認できるので安心です。

その他

冷暖房効率が良くエネルギー消費を抑えられる

上階がないので、暖気が2階に上がったり、寒気が1階に降りる事はありません。この点では冷暖房効率がよいと言われます。ヒートショック対策では、家全体に床暖房を設置しやすいのもメリットです。

こちらもCHECK

オール電化の光熱費
エネルギー3ヵ年計画に向けて、木造平屋と賃貸マンションの光熱費を比較!

「災害時、ガスの供給が止まっても電気があれば生活できる事」に魅力を感じ、新築ではオール電化を選択しました。一方で、未経験のオール電化、「光熱費はいくらかかるのか」という不安もありました。 電力価格、ガ ...

続きを見る

こちらもCHECK

蓄熱式床暖房のコスト
75畳の蓄熱式床暖房、仕様詳細、導入費用と12月〜3月の電気代

住宅建築を考え始めた頃、床暖房には否定的でした。無垢床への憧れがあったため、無垢床を諦めてまで床暖房を入れようという考えはありませんでした。 何よりも「冷暖房機器という故障や寿命のあるもの」かつ「年々 ...

続きを見る

屋根が大きく太陽光パネルを載せやすい

2階建の2フロアを横に並べるので屋根面積が大きく、太陽光パネルを多く設置する事ができます。

特に方流れの屋根の積載量は驚くほどです。ただし、屋根方角によってはパネル角度を調整する架台費用がかかります。積載量によっては、切妻・四方屋根の方が導入コストは安くなります。

こちらもCHECK

片流れ屋根の太陽光
北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数 ...

続きを見る

メンテナンスコストが抑えられる

 

2階建に比べると平屋は壁の面積が小さく低いので、壁塗装などメンテナンス時の足場は最低限で済みます。耐久性の高い屋根材と組み合わせると、足場費用を将来に渡り削減する事ができます。

人件費は今後も上がるので、足場など現場施工を減らすメリットは年々大きくなります。

建てて住んで感じた平屋のデメリットとその対策

設計段階・住んでから感じた平屋のデメリットをまとめました。デメリットを解消するために行った対策も併せて記載します。

土地探し

平屋のデメリット

土地に対する制約が大きい

総2階建ての建物を同じ延べ床面積(各階床面積の合計)で平屋にすると、建築面積(建物の輪郭面積)は2倍です。大きな土地が必要なので、予算に見合う土地を探すのに苦労しました。

陽当たりやプライバシーが周辺の建物・環境に影響されやすいのも、平屋の土地探しが難しい理由。利便性・広さ・価格・陽当たりなど条件を増やすと土地探しは難しくなります。割り切りが必要です。

こちらもCHECK

平屋の土地探し#1 平屋の場合、少し強めの覚悟と割切りが必要です

土地探しは「出会い」とも言われます。我が家も建築地を決めるのに1年以上かかりました。「平屋の土地探し」をテーマに2回に分けて書きたいと思います。 初回は、「我が家の土地探し条件」と「実現できた事・あき ...

続きを見る

中庭を設置する場合、隣家・道路境界距離や緑化にも注意

暗くなりがちな平屋では中庭を設置して光を取り込むと効果的です。中庭は建ぺい率に含めませんが、建物が大きくなり敷地境界距離の制限いっぱいになりました。

また、風致地区のため緑化率が指定されています。中庭で建物が大きくなったため、緑化率を守るためのスペースはギリギリです。この点も注意が必要です。

建築費用

平屋のデメリット

基礎・屋根が大きくなるので建築費用は割高

建築工事は現地で行う作業と工場で行う作業に大別されます。工場作業の方がコストを抑えやすいので、現地作業の基礎・屋根が大きい平屋では人件費が増加します。

2階建て以上を前提にした量産システムから外れる部分が多く、結果、平屋が割高になると感じました。

開放感を求めすぎると特注による追加コストも

中庭に面する2.4m高の大窓は全て特注対応です。高天井が人気ですが、天井までの大きな窓もカタログ外の特注品で、コストに大きく跳ね返ります。

窓回りは住宅性能にも直結しますが、こだわりすぎると簡単に予算オーバーします。我が家は予算オーバーの結果、コスト・開放感を優先して性能を1段妥協しました。

こちらもCHECK

平屋の建築費
平屋の建築費は高い。施主のこだわりはもっと高い。結果、平屋は高い。

どの建築会社と話をしても平屋の建築コストは、2階建の2〜3割増しと言われます。説明を聞けば理解できる理由でした。実際に平屋を建てて、確かに建築費は高かったと感じます。 一方で、自分達の「平屋だから」と ...

続きを見る

防犯・プライバシー

平屋のデメリット

外向きの窓は、外部と距離・目線が近く開放しにくい

2階建てでも前面道路と目線が近い1階の窓は開放しにくいです。1階しかない平屋は開放できる窓がありません。我が家も南側に掃出窓が2枚ありますが、開く事はほとんどありません。

窓前に樹木を植えましたが、それでも開くのは掃除の時だけ。ロールスクリーンも障子も閉じたままがほとんど。中庭に向けて開き、外には開かない前提で設計しています。

洗濯物を外に干しづらい

2階建てであればベランダに洗濯物を干せますが、平屋で外干しの場合洗濯物干し場に縦ルーバーを設置するなど、目隠しを作る必要があります。我が家は中庭に干すので人目を気にせず便利です。

侵入経路が多く泥棒に入られやすい

全ての窓が1階に集中するので昼夜を問わず侵入しやすいと言われます。人目につく侵入経路は嫌われるので、死角に人が通れるサイズの窓を設置しない事が重要です。

中庭を設置して外に開かない間取りを作り、中庭側はホームセキュリティーで対策しています。周辺住宅との間に死角を作らないように、シンプルな建物形状も意識しました。

室内空間

平屋のデメリット

陽当たり・通気を確保しづらい

面積が広くなる平屋は日差しが奥まで届かず暗くなりがちです。同様の理由で、建物の奥まで風が通りにくいと言われます。

日差しは中庭を設置することで解決しました。スリット窓や高窓を建物外周・四隅に配置し、常時窓を開けられる設計にしました。夏場でも風通しがよく快適な家になりました。

こちらもCHECK

Web内覧会玄関
Web内覧会 ビンテージ照明から始まった玄関インテリアの紹介

広い玄関、機能的な玄関などこだわる方も多いです。我が家の場合、1台の照明器具と出会うまではあまりこだわりがなく、建築士の描いた図面のままでした。 1930年代のビンテージ照明ですが、この照明が決まって ...

続きを見る

音が屋内に広がりやすい

住んで気づいたデメリットです。事前の対策は何も行っていませんでした。LDKから回遊廊下まで扉も垂れ壁もないので、キッチン周りの音やテレビの音が家中に響きます。

床がタイル、ラグもカーテンもないので、特に音の反響がひどいと思います。今後、ラグや壁面装飾が入るので改善すると思いますが、並行して吸音用のインテリア材も検討しています。

屋根性能の差が出やすい

2階がないため外気の寒暖が屋根を通じて直接影響しやすい。また、金属屋根だと雨音も伝わりやすくなります。平屋の屋根性能は設計時点でしっかりと考える必要があります。

我が家は軸組構法ですが、屋根だけは2x6材を使用し断熱材を多めに入れてます。寝室や客間の上にはロフトを設置し緩衝空間とします。天井に貼ったチーク材も断熱効果があるはずです。

その他

平屋のデメリット

収納不足に陥りやすい

平屋では収納不足も多いそうです。敷地やコストから建物面積を削った結果、収納に皺寄せが来るそうです。実感としては動線が短いので収納のための隙間が見つけにくい印象です。

我が家の場合大屋根を活かして20畳の大型ロフトを設置。これが無かったら完全に収納不足です。玄関SIC・寝室WIC・パントリー・ロフトで目的・期間に応じて収納しています。

こちらもCHECK

Web内覧会 幅が足りない!最初に戻ってやり直したいと思ったトイレ

今は気にしていませんが、設計途中で気がついた時には夫婦で大騒ぎ。なんで早く気づかなかったのかと悔やみました。我が家のしくじりポイント「トイレ」のご紹介です。 なお、アイキャッチにある版画は後半で紹介し ...

続きを見る

Wi-Fi・携帯電波が届きにくい

屋根や壁・エコガラスは携帯電波を通しにくい建材です。建物面積のある平屋では電波環境はあまり期待できません。また、宅内Wi-Fiも1台のルーターだけではカバーできません。

我が家は携帯電波はフェムトセルを設置して補完し解決しましたが、Wi-Fiの電波強度は未だに課題です。中庭がWi-Fiを阻害しており、各部屋へ有線網を設置するべきだったと後悔しています。

こちらもCHECK

フェムトセル
携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェム ...

続きを見る

こちらもCHECK

フェムトセルの導入
携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入ら ...

続きを見る

こちらもCHECK

フェムトセルの設置
携帯電波が入らない家(発覚編)、田舎移住・平屋・高性能建材は要注意!

新築建物で携帯電波が入らないと分かったのは、コロナ禍で在宅仕事が増えたタイミング。携帯が使えなくては何もできません。気がついた時は目を疑いました。一大事です。 着工前、土地の前で不動産屋と電話したり、 ...

続きを見る

こちらもCHECK

イーサネットバックホール
Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりまし ...

続きを見る

こちらもCHECK

Wi-Fi電波が弱い
Wi-Fi電波が弱い問題#1 中庭のある特殊な間取りのメッシュWi-Fi

携帯電波が入らない問題はフェムトセルの導入で解決できました。しかし、我が家にはもう1つ「Wi-Fi電波が弱い」という問題があります。入居から1年に渡りWi-Fi電波と格闘してきました。 今回は、①設計 ...

続きを見る

モデルハウスが無くイメージが作りにくい

平屋と決めてから地味に苦労した点です。平屋のモデルハウスがなく身近なのは公民館ぐらい、外観・間取りで参考にする情報がとても少ないです。

間取りは2世帯モデルハウスの親世帯を参考にしました。外観で参考になったのは海外の建築実例集。耐震性・敷地など異なる点もありますが、イメージ作りでは事例が多く参考になります。

固定資産税が高くつく

屋根・壁の資材が多く固定資産税が高くつくといった情報もあります。実際の納付書を見ると、敷地が広いため土地の固定資産税で高くなっている印象です。

地面と接する面積が広く床暖房を大きくしがちですが、これは税金が上がる要因です。一方で、強みを活かしてコンパクトに設計できれば、2階建と同じ部屋数でも税金を抑えられます。

平屋のメリット・デメリットのまとめ

建てて住んで感じた平屋のメリットは、平屋にこだわった理由と共通していてほぼ想定通り。一方で、コスト・音・電波問題は、想定以上・想定外のデメリットでした。

住宅建築では平屋は少数派なので、判断情報がない中で決める事も多くあります。平屋で進める可能性がある場合、スケジュールに余裕を持ってじっくり取り組む事が重要です。

平屋ならではのメリットも多いので、上手くデメリットを抑える事ができれば、メリットを活かした快適な平屋生活が実現できると思います。

最後まで読んで頂き有難うございました。

建築士と建てる家
平屋は建築士が向いている!? 我が家が建築士に感じたメリットと注意点

2022/3/30

前回記事の通り、平屋は建築費が高くなります。そこに、施主のこだわりが輪をかけて建築費を押し上げます。予算内でこだわりを詰め込むために、我が家が選んだのは建築士事務所と建てる家です。 こちらもCHECK ...

平屋の建築費
平屋の建築費は高い。施主のこだわりはもっと高い。結果、平屋は高い。

2022/3/8

どの建築会社と話をしても平屋の建築コストは、2階建の2〜3割増しと言われます。説明を聞けば理解できる理由でした。実際に平屋を建てて、確かに建築費は高かったと感じます。 一方で、自分達の「平屋だから」と ...

平屋のバリアフリー
平屋はバリアフリーに向いている?新築で行ったこと、後回しにしたこと

2022/3/30

前回の記事では、「新築時にどこまでバリアフリーを行うか?」を考えるため、自分達の老後のイメージ(「どうなったら家を手放すか?」)について記載しました。 こちらもCHECK 今回の記事では、自分達の老後 ...

平屋のバリアフリー
平屋住宅のバリアフリー、まずは老後のイメージについて話し合う事から

2022/3/30

「バリアフリー」は平屋を選んだ大きな理由です。。せっかく建てる新築なので、歳を取っても長く快適に過ごしたいと考えました。 一方で、「この階段が登れなくなったら住替えの時期です。」外構アプローチ階段の打 ...

建てて住んで実感した平屋のメリット・デメリットとデメリットへの対策

2022/3/30

前回の記事では「建てる前に考えた平屋の魅力」について説明しました。 こちらもCHECK 平屋を建築し住み始めてもうすぐ1年経ちます。感じる魅力に関しては概ね「建てる前」と変わりませんが、建てて住んでか ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-平屋
-