PVアクセスランキング にほんブログ村

キッチン

食洗機選び#1 帰宅時シンクがスッキリ! 共働きには海外製食洗機がおすすめ

2022年6月1日

https://iconsinmyhouse.com

一日働き帰ってきて、食事の準備と思った時、使った食器でいっぱいのシンクを見ると気が重くなりませんか?

我が家では、ついつい冷食に手を伸ばしてしまいます。

新築ではロボット掃除機や窓掃除ロボット、ドラム洗濯機、色々な時短家電を導入しましたが、一番楽になったと感じるのが食洗機

毎日、毎食のことなのでとても助かっています。

AEGの60cm食洗機を1年超使いましたが、つくづく「共働きには海外製食洗機が最適」と感じます。

これから新築予定の方、国産・海外製で迷っている方、我が家のオススメは大型海外製食洗機です。

食洗機の選択肢

食洗機には日本メーカーと海外メーカーと大きく2種類あります。まずは、両者の特徴、違いをまとめます。

日本メーカーの食洗機

国産のビルトイン食洗機メーカーは、パナソニックリンナイ三菱電機の3社。キッチンショールームを見る限りパナソニック率がかなり高く感じます。

リンナイの一部を除き大半は引き出しタイプで、どのメーカーも浅型(40L・5人分)と深型(60L・6人分)の2種類を用意。

日本のメーカーらしく食器乾燥・除菌・防臭・庫内清掃・静粛性では、各社かなり力が入っています。

当たり前ですが、和食器を配置しやすい点は日本メーカーならではの工夫。地味ですが、海外製食洗機を使うとこの違いを実感します。

海外メーカーの食洗機

海外製食洗機メーカーは、ガゲナウ・ミーレ・ボッシュ・アスコ・AEGの5社。ガゲナウとボッシュは同じ会社なので、機能比較では事実上4社で比較することになります。

一番の特徴は「デカい」こと。国産が外寸45cmに対して、海外製食洗機の標準幅は60cm。(45cm幅のラインナップもあります。)

ドアも引き出しではなく、前面がガバッと開くフロントオープンタイプのみ。

小回りを効かせたハイテク機能では国産に敵いませんが、「食器は食洗機で洗うもの」と割り切るならば、この大きさ・使いやすさ・洗浄力は魅力的です。

実際の洗浄量

先日我が家でホームパーティがあり、大人9人子供3人の合計12人が集まりました。

大きな盛り皿5枚、パエリアパン、人数分以上の取り皿やグラス・タンブラー、ケーキ作りの道具など、結構な洗い物が出ましたが、全部まとめて1回で洗えました

手洗いだと手分けして片付けモードに入りますが、大型食洗機があれば、ホストもゲストも気兼ねなく最後まで楽しめます

日本・海外の根本的な違い

ライフスタイル・食生活の違いから、根本的に設計思想が異なると感じます。特に次の3点

  1. 海外:調理器具も全部食洗機で洗う VS 国産:手洗いと食洗機を併用する
  2. 海外:ソース油汚れ平皿が前提 VS 国産:菜食・汁物・深皿が前提
  3. 海外:陶磁器・金属の食器・カトラリー VS 国産:木製・樹脂製の食器・カトラリー

その他、乾燥・防臭・除菌機能、まとめて洗う/こまめに洗うといった片付け頻度も、食洗機に対する考え方の違いを感じる点です。

食洗機を使い始めて感じる「使いやすい/にくい」は、ほとんどこの違いからくるもの。皆さんはどちら派でしょうか?

共働きと海外製食洗機

たっぷり入る大型食洗機

ざっくり国産・海外製食洗機の違いを紹介しましたが、我が家はドイツAEGの食洗機を選びました。

我が家は夫婦フルタイムで働く共働き。朝・(昼)・夜食後は食器・調理器具を食洗機に放り込み、深夜に洗って朝取り出す。

「共働きには海外製食洗機が合うのでは?」と思ってます。それと、オール電化との相性もバッチリです。

さっと流して突っ込む

共働きだと昼間家にいないため、「ちょっとした隙間時間で食器洗い」ができません。会議づくめで疲れて帰宅した時、汚れ満杯のシンクを見ると気が滅入ります。

その点、大型食洗機だと心が安らか。普段の生活では、

  • 朝食後、さっと水で流して食洗機に押し込み出勤
  • 帰宅時、片付いたシンクでスムーズに夕食の準備
  • 夕食後、食器をさっと流して食洗機にセット、洗剤を入れてタイマーをON
  • 翌朝、洗い終わった食器を片付け

遅くに帰宅、汚れが乾ききった食器でいっぱいのシンクを見ると、ついつい外食に逃げ月末は金欠。

さっと作って食べて、食洗機に放り込み、その後をゆっくり過ごす!

大型の海外製食洗機は共働きの味方です。

余計な役割分担は不要

共働きだと、夫婦で家事の役割分担をしている家庭も多いと思います。我が家もそうしています。

「どちらの作業負担が大きい」といった認識の違いから、ちょっとした言い合いになることも。

自分が使った食器を食洗機に入れるだけなら役割分担は不要。

しかも、片付けは1日1回だけ。2人でやればあっという間に終わります。

一番負担が大きい「洗う」作業は食洗機がやってくれるので、2人揃ってゆっくりできます。

結構重要なポイント

取説にも記載されてますが、「庫内はできるだけ一杯にして洗浄してください」との事。

ある程度食器で一杯になった状態を想定して設計しており、スカスカの状態だと洗浄水が全体に回らないそうです。

洗い物が少なく一杯にならない時は、シンクにある水切りネットや金タワシ、グリルの部品、オーブンのトレー、換気扇の部品まで突っ込んで洗います。

ヒーターの無い海外製食洗機は台拭きや布巾類もOK。食洗器の熱湯で臭い予防ができます。(もちろん乾燥はしません)

1日1回だと深夜電気だけでOK

1日1回だけの食洗機だと家事の負担が減りますが、オール電化の家庭は割安な深夜電気が使えて便利です。

AEGの食洗機だと自動モードの動作時間は約2〜3時間、消費電力は1500W〜2200W。(汚れ具合によって変化)

1回2時間・2000Wと仮定して「2時間×30日×2kW=120kWh」を消費。

TEPCOだと昼間と深夜の差額は1kWh当たり約8円。

このため、電気代に換算すると月間で約1,000円年間12,000円削減になります。意外と大きい。

オール電化の場合は、「大型の海外製食洗機で深夜に1回洗うだけ」がとても経済的です。

次のページでは海外製食洗機のデメリット」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-キッチン
-,