PVアクセスランキング にほんブログ村

家具

我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022年1月9日

PK22

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。

今までの北欧家具記事はこちらからどうぞ。

こちらもCHECK

フィンユール チーフテンチェア
我が家の北欧家具紹介#1 家づくり、始まりの椅子「チーフテンチェア フィンユール」

夫婦で家づくりを考え始めたのは5年前のゴールデンウィーク。マンション探しに疲れ、思いつきで訪れた平沼住宅展示場が家づくりの始まりです。 しかし、漠然と戸建という希望はあっても、具体的な家のイメージはあ ...

続きを見る

こちらもCHECK

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

続きを見る

PK22誕生の背景

北欧ミッドセンチュリー期を代表する名作椅子「PK22」。その誕生にまつわる背景を2人の巨匠との関わりから掘り下げます。

1929年の出来事

1929年にデンマーク北西部の町オスターヴゥローに生まれたのが、後に北欧家具デザインの巨匠と呼ばれるポールケアホルムです。そして同じ年、スペイン・バルセロナでは万国博覧会が開催されます。

バルセロナ万博では、ケアホルムに大きな影響を与える2人の巨匠が喝采を浴びます。1人は、ドイツ館(バルセロナ・パビリオン)を設計した近代建築の巨匠「ミース・ファン・デル・ローエ」。

もう1人は、デンマーク館のインテリアを設計し、レッドチェアでメダルを受賞したノルディック・モダンの父と呼ばれる「コーア・クリント」です。

近代建築の巨匠 ミース・ファン・デル・ローエ

Barcelona Pavillion
"File:The Barcelona Pavilion, Barcelona, 2010.jpg"作者: Ashley Pomeroy at English Wikipedia is licensed under CC BY 3.0

ミース・ファン・デル・ローエは、ドイツ・バウハウスの3代目校長を務め、「ユニバーサル・スペース」とい理念を提唱、「過去と決別し新しい表現形式」を目指すモダニズム建築を世に広めます。

ユニバーサル・スペースは、新しい建築材を使う事で欧州建築で一般的だった部屋の間仕切りを除き、役割の異なる空間を一体的に設計する理念。(我が家のモデル・グンログソン邸もこの流れを汲んでいます。)

このモダニズム主義は「Form follows Function」というバウハウスのデザイン思想にも現れ、不要なものを徹底的に削ぎ落とすミニマリズムは、彼の「Less is More」という言葉でも表現されています。

北欧家具の父 コーア・クリント

ノルディック・モダンの父と呼ばれ北欧デザインの基礎を確立したコーア・クリント。全盛期だったモダニズムと対照的に「伝統的なデザインを現代の視点で再構築」する「リ・デザイン」を提唱します。

使用する人を設計の基本に据え、過去の伝統的な家具を、実用上で必要な機能という視点からリ・デザイン(=再構築)します。このため、彼のデザインは「人のためのデザイン」と評価されます。

デンマーク王立アカデミー家具科では主任教授として教鞭に立ち、生徒だったモーエンセン(間接的にウェグナー)といった北欧の巨匠、その次世代のケアホルム、さらにはデンマークデザイン全体に大きな影響を与えます。

バルセロナチェアのリ・デザイン

バルセロナチェア
"Barcelona Pavilion"作者: Wojtek Gurak is licensed under CC BY-NC 2.0

1929年のバルセロナ万博で、スペイン国王夫妻のドイツ館臨席のために、ミースがデザインした椅子が「バルセロナチェア」。革貼りの分厚い座面背当による威厳とX字のフレームの優しい座感を兼ね備えます。

27年後の1956年、万博と同じ年に生まれたポールケアホルムが、バルセロナチェアをリデザインし「PK22」として発表。翌1957年には、PK22はミラノトリエンナーレでグランプリを受賞します。

PK22は、バルセロナチェアの「機能」に着目し、それ以外の要素を徹底的に削ぎ落とし、残った本質的な機能を表現するために新素材である「スチール」を用いて「再構築」したものです。

ミースのモダニズムとクリントのリ・デザインでは、過去や伝統への対峙の仕方が大きく異なる一方で、機能を突き詰めその結果としてデザインが構築されるという点は共通しています。

この点においては、「素材の個性を表現する」事にこだわる鬼才が、クリントの思想に基づきリ・デザインしたものは、「バルセロナチェア」という椅子ではなく、そこに流れる「モダニズム」そのものかもしれません。

卒業制作(PK25)のリバイズ

PK25

PK22発表の5年前の1951年、ポールケアホルムは卒業制作としてPK25(エレメントチェア)をデザインします。PK22は、このPK25のデザインを「人を基本に据える」クリントの思想でリバイズした椅子です。

スチールを折り曲げた脚・背当て・座面側面を構成する部品に麻紐を張ったシンプルなラウンジチェア。フレームにつなぎ目が見えないPK25は、椅子というより洗練されたオブジェそのものです。

一方で、座面先端・背当上端には構造を支えるフレームがあり、座った時には背中や膝裏に当たるとの指摘があったそうです。分解しても大きさが変わらず輸送には不向き。この点は他のPK家具と異なります。

そういった点を改善しリバイズした椅子がPK22。ケアホルムの師ウェグナーも、自身の作品をリバイズしYチェアをデザインしています。伝統家具を再構築し、さらにリバイズ・熟成させる点も北欧デザインの特徴です。

PK22のデザイン上の特徴

ポールケアホルムを代表するPK22ですが、デザイン・機能両面でこれ以上削ぎ落とすことのできない、ミニマルな構造が最大の特徴です。

6本のフレームと16本のボルトだけ

この椅子のフレームは、たった6本のステンレスと16本のボルトだけで構成されています。

座面・背当両端のL字型のフレーム、アメンボの足のような脚部フレームが2本、それらを繋ぐ貫が2本のみ。それらは合計16本のボルトで連結されています。

PK22

エレメントチェアでは一体となっていた側面フレームが、座面・背当、脚の2つに分割され、座面・背当てにあった体に当たる横方向のフレームは、座面下で両脚を繋ぐ曲線フレームに集約されています。

スプリングステンレスの弾力性を活かし、椅子で必要とされる構造を最低限のフレームで実現しています。

担架構造による柔軟性の高い座面・背当て

PK22

一般的な椅子は座面内にクッション性のある素材を使いますが、PK22は両端のフレームに柔軟な籐・レザーを固定し、担架のような構造で座る人の体を包み込みます。

椅子として必要とされる機能(クッション性)を、座面・背当ての素材、それを支えるフレーム素材、構造により実現したもので、「素材の良さを表現する」ケアホルムの考えが前面にでた設計です。

柔軟な脚と座面による立ち上がりの良さ

PK22

深く腰掛けくつろぐラウンジチェアなので、座面・背当てには大きな角度がついています。一般的なラウンジチェアでは、この深い着座姿勢から立ち上がりやすいように肘掛けを設置します。

PK22は肘掛けが無いにも関わらず、驚くほど立ち上がりやすいのが特徴。立ち上がろうと重心を移動すると座面前面がたわみ前傾しやすくなり、座面の両先端に手をつくと簡単に立ち上がることができます。

ここでも弾力性のあるステンレス脚と柔軟な籐・レザーといった座面材の「素材の良さ」を感じることができます。寸分の隙もなく考えられた椅子だと思います。

製造メーカー・販売店について

ここからはPK22の製造メーカー、販売店に関する紹介です。PK80とも重複するので、簡単に紹介します。

製造メーカー

ポールケアホルムは1980年に亡くなりますが、その1年後まではE・K・クリステンセン社(EKC社)が製造を行なっています。PK25以降、鬼才のこだわりを形にしてきたパートナーです。

ケアホルムの死後、1982年には生産ライセンスをフリッツハンセン社に譲渡し、現在も一部を除き、ほぼ全てのPK家具はフリッツハンセン社により製造販売されています。

フリッツハンセン社はPK25を高く評価し、卒業後のケアホルムを内部デザイナーとして採用。考え方の相違から退職しますが、最初に彼を評価したメーカーであり、退職の原因となったPK0の限定復刻も行いました。

販売店について

フリッツハンセンの製品を取り扱う販売店でも、PK家具を扱える店舗は限られているようです。我が家は、銀座に店舗を構えるダンスク・ムーベル・ギャラリーで、現行品フリッツハンセン社製を購入。

特にPK22は流通量が多かったようで、EKC社製のビンテージ品も比較的見かけます。座面素材・色が希望通りとはいきませんが、現行品の価格と比較してもビンテージとしては購入しやすい価格帯だと思います。

最後に

PK家具との出会いはフリッツハンセンの表参道ショールームでした。その後、ダンスク・ムーベル・ギャラリーでの購入を決めましたが、当時はここまでの背景知識はありません。

ステンレスフレームと天然素材からなる家具はタイル床との相性が良く感じ、全体の雰囲気を重視して選んだと記憶しています。今から考えると、なかなか浅はかな考えだと思います。

購入を決め興味を持って調べ始めると、産業革命以降、ナチズムの台頭など時代の変化に翻弄されながらも、強い信念を持ってデザインと対峙してきた巨匠のストーリーを垣間見ることができます。

そういった時代の潮流の先に現代があり、さらに現代を基礎として未来のデザインが生まれてくると思います。これからもストーリーのある家具の世界を、より一層探索できればと思います。

最後まで読んで頂き有難うございます。次回は、北欧家具の代名詞「ハンス・J・ウェグナー Yチェア」の紹介です。

こちらもCHECK

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

続きを見る

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/5/17

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-家具
-, ,