PVアクセスランキング にほんブログ村

照明

仕事部屋のグレードアップ④ 照明問題を鮮やかに解決!「Lampe Gras 」

2021年10月11日

仕事部屋の照明選び

2021年8月からスタートした「仕事部屋のグレードアップ計画」も3ヶ月目に入りました。ようやく、メイン照明を「DCW Editions/Lampe Gras」に決定。

「仕事部屋グレードアップ」記事の4回目は、この照明器具の特徴・選んだ理由を中心に説明します。前回記事・Web内覧会の記事はこちらからどうぞ。

こちらもCHECK

仕事部屋の照明探し
仕事部屋のグレードアップ③ 階段下の照明を探してショールーム巡り

急ごしらえで納戸から変更した仕事部屋。引越しから1年近く在宅ワークで使用していると、色々と不満も出てきます。多少予算の余裕も出てきたので、順番にグレードアップをしていきます。 グレードアップ初回の記事 ...

続きを見る

こちらもCHECK

ウェブ内覧会客間和室
Web内覧会 和室客間 使用頻度は予想以上、椅子に疲れたら和室

中庭の植栽工事もひと段落。あとは苔貼りと砂利入れを残すのみです。外庭の植栽工事も一旦終わり。 中庭、外庭の両方に面し我が家で一番眺めの良い和室客間となりました。設計時の考えや採用した建材を紹介します。 ...

続きを見る

メイン照明のグレードアップ計画

在宅仕事への対応で、予算不足の中、急ごしらえで準備した仕事部屋です。使い始めて不満もいくつかあるので順番にグレードアップを始めました。

長時間座っているとお尻が痛くなるスツールは、フィンユールのリーディングチェアに変更しました。

こちらもCHECK

Finn Juhl ワークチェア
仕事部屋のグレードアップ① 長時間でも疲れにくいワークチェア探し

我が家は1回目の緊急事態宣言中に着工しました。賃貸マンションのダイニングで在宅勤務を始めましたが、やはり仕事するには専用の部屋が必要と感じました。 そのため、当初納戸として使う予定だった新居の個室にエ ...

続きを見る

ワークチェアの次は、部屋全体を照らすメイン照明器具です。

現在の照明器具とその問題点

書斎の照明

IKEA(SKURUP)を使っていますが、引掛シーリングの位置が悪く、椅子に座ると頭上に照明器具がきます。LED電球でも照明直下だと、夏場はエアコンをつけても汗ばむ暑さです。

さらに、デスク上に自分の影ができるので、書き物・読み物をする時は本当に不便。デスク脇のフロアランプで明るさを補いますが、熱源が増えるので更に暑くなる始末。

根本的な問題は引掛シーリングの位置ですが、今更、変更できません。ペンダントサポーターやフックで位置をずらす事も考えましたが、見た目が気になりNG。

照射位置を柔軟に変更できる照明器具を探した結果、DCW Editions/Lampe Grasに辿り着きました。我が家の問題を鮮やかに解決する救世主です。

DCW Editions/Lampe Gras No312による鮮やかな問題解決

Lampe Gras312

このLampe Grasは、複数の可動式パイプを繋いだ先にランプシェードがついた構造。その可動域はさながら歯科医の照明です。

パイプ接続部を回転・上下左右に動かすことができ、最大半径75cm(=直径150cm)・最小半径10cm(=直径20cm)の範囲で、シェード位置を自由に動かすことができます。

2畳程度のスペース(180cmx180cm)だと、ほぼ全域にシェードを移動する事ができます。書斎のデスクならば隅々まで照らせます。

この広い可動域を活用し、頭上照明をデスク上やデスク脇に動かして使う事ができ、我が家の「照明暑い・影で暗い問題」は鮮やかに解決となります。

課題は設置方法(天井設置/壁設置)

このLampe Grasで照明問題は解決と思いましたが、実は落とし穴が2つ。説明書には「天井下地へのビス留めが必要」と「配線は直結で電気工事必要」との記載を発見。

現状は引掛シーリングだけで下地補強は入っていません。器具重量は4kg弱なので野縁(天井石膏ボードを固定する木製の土台)に固定でできないか、電気工事費含めてハウスメーカーへ確認しました。

第1案は天井設置タイプ(No.312)

Lamp Gras312

ハウスメーカーの推奨は「天井クロスを剥がし、石膏ボードを外して下地を設置、回復工事を行う」方法。別件、階段下の補強と同時・電気工事込みで¥10万円弱。

重量が軽いので照明の移動を丁寧に行う前提で、現状のまま野縁に固定し電気工事を行って2万円程度でも可能。ただし、長期的には天井がたわむ不安も残る。

一方で照明メーカーは、下地の無い所にNo.312はお勧めできない。特に、パイプを大きく伸ばした時に付け根に荷重がかかり続ける。動荷重まで考えると長期的には天井を痛める可能性が高い。

第2案は壁設置タイプ(No.210)

Lampe Gras210

こちらは輸入元 Royal Furniture Collectionさん推奨の代替案。壁設置タイプのNo.210です。

上下2箇所で固定するため、壁裏の間柱に固定できれば十分な強度が確保できる。電源がコンセントのため電気工事も不要との事。

可動域はNo.312よりは狭くなりますが、高さ方向で60cm、水平方向では半径60cmの範囲で動かすことができます。

電気工事も必要ないのでコスト面からは有力候補です。

No.312とNo.210の比較イメージ

間取り図に最大半径で可動域を確認しました。No.312の方が可動域が広く部屋中をカバーします。

Lampe Gras312

No.210の可動範囲は壁付けで半径60cm。範囲の狭さを感じますが、デスク・ソファの半分はカバーできるので十分に目的を果たします。

Lamep Gras210

天井付けのNo.312は、将来壁紙の張り替え時に天井補強と合わせて考えることで先送り。今回は、壁付けのNo.210で進めることにします。

DCW Editions/Royal Furniture Collectionについて

今回決めたDCW Editionsは、西新橋にオフィス・ショールームを構えるRoyal Furniture Collectionが輸入元。

照明以外にも家具・インテリア雑貨まで幅広く取り扱っています。特に照明のライナップが豊富で、木製・ガラス・石などシェード素材も幅広く揃っています。

照明器具メーカー DCW Editions

2008年に生産を開始したフランスの照明メーカーです。今回説明したLampe Grasの復刻を目指し、その権利を獲得した3人の支持者によって設立されたそうです。

南欧のような煌びやかで華やかな照明は少ないですが、実用性とデザインを両立する質実剛健さが目立ちます。フランスらしい哲学者のような面持ちです。

マットブラックやカッパーなど、重めの色合いが多いのも特徴です。金色もありますがブラス調で落ち着いています。どんな場面にも合う照明が多いです。

DCW Editionsの代表的な照明器具

DCW Editions

今回紹介したLampe Gras以外にも個性的な照明があります。

NHKの連続ドラマ「ハルカの光」でも紹介された「Here Comes The Sun」が有名。我が家では階段下の照明候補です。

2013年に復刻された照明で、フランス人建築家ベルトラン・バラスが1970年にデザインしたもの。大きさは3種類あり、価格は小さいものだと3万円台からあります。

その他「In The Sun」「ISP」「RESPIRO」も、他では見かけない特徴的なデザインです。

Lampe Grasという照明器具

フランス人建築家「ベルナール・アルビン・グラ」がデザインした照明器具で、Lampe Grasはデザイナーの名前によるものです。

ネジや溶接を使わない独自の構造が特徴で、近代建築の三大巨匠の1人、ル・コルビジェが愛した照明器具としても有名です。

特徴は可動域の大きな支柱

Lampe Gras

2本のクランクしたパイプと3本のストレートパイプを組み合わせた、5つの可動部をもつ支柱がこの照明最大の特徴です。

天井設置の場合、シェードを調整するには手が届く高さに設置する必要があります。通常の設置だとシェードは天井から約70cm下(2.4m天井で床から1.7m高)と目線の高さです。

付属の50cm長ストレートパイプを1本追加すると、天井から1.2mのところまでシェードを下げることができます。2.7mの高天井でも十分手の届く位置に設置できます。

カスタマイズと納期

本体の色は黒1色ですが、シェードの形が2種類、シェード色が17種類もあります。シンプルな照明ですが、シェードのバリエーションの多さには驚きました。

カスタマイズする場合、本国から輸入する必要があり納期は3〜4ヶ月必要との事です。また、シェードだけの取り寄せはできないそうです。(これは地味に残念です。)

輸入元:Royal Furniture Collection ショールーム

内幸町駅と虎ノ門駅の間、外堀通りから少し路地に入った所にあります。ガラス越しに展示中の照明器具がたくさん見えて、テンションが上がります。

こちらのショールームは、原則販売店のスタッフ同行で事前予約が必要。訪問の際はインテリアコーディネーターや照明販売店に依頼してください。

10月18日からのIFFT@東京ビックサイト、同22日から始まるDESIGNART TOKYOに出展するそうです。IFFTは事前登録が必要ですが、DESIGNARTは登録不要です。

仕事部屋グレードアップで残っている課題

デスク・ソファ・ラグは希望が固まっています。未決は階段下の収納と照明。階段下の照明は「LYFA DIVAN2」「DCW Here Comes the Sun」のどちらかで検討中です。

収納はビンテージのサイドボードを見て回っていますが、なかなか決め手に欠けています。今のところ辻堂TEAKさんで見つけた、小振りなサイドボードが最有力候補。

どこのビンテージ家具店もコロナで在庫が少なくなっているそうです。収納がなく困っていますが、在庫が回復するまで、もう少し時間をかけるか悩みどころです。

仕事部屋のグレードアップ、次回の記事は「階段下の収納・照明計画」です。

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/5/17

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/3/30

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


フェムトセル

2022/4/26

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス」多彩な素材で質感高 ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/4/26

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/4/6

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/4/6

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次Page 1「植えてはいけない」トクサを植え ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

2022/4/7

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

平屋は屋根が大きいので、大容量の太陽光パネルを載せられると期待してました。特に南向きの片流れ屋根は、面積が広い上に設置角度も取れるので、太陽光には最適です。 ところが、我が家は北向きの片流れ屋根。枚数は稼げますが逆勾配のため、設置には架台が必要となり設置効率は南向きより悪くなります。 一旦には太陽光発電は延期しましたが、検討当初に出てきたプランから「北向きの片流れ屋根で、どれぐらいのパネル設置ができるのか」紹介します。設置効率が悪いとはいえ、ちょっとした発電所です。 なお、太陽光発電の設置目的は、オール電 ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#6 II型キッチン、バック側の仕様詳細と使った感想

Web内覧会 LDKも6回目です。前回はキッチンハウスのII型キッチン(デュエ)のフロント側を紹介しました。今回は、Ⅱ型キッチンの後ろ側について紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK II型キッチンのサイズなど詳細はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのバック側仕様ワークトップと面材(エバルト メルクリオ、エルムダーク)キッチンハウスのメラミン素材「エバルト」天板寸法と作業スペース背面タイル(名古屋モザイク オキシドウォール)IHクッキングヒータ ...

ReadMore

キッチンハウスデュエ

2022/4/6

Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次Page 1II型キッチンのフロント側仕様詳細ワークトップ(フィオレストーン ミスティブラック)面材(フェニックス ジェットブラック)台輪 金属箔化粧板天板と作業スペースの広さ食洗機 AEG(FEE93810PM)KEYUKA Arrotsゴミ箱、タオルハンガー(KAE3210TH)食洗機横の引出し3杯、前面の戸棚、 ...

ReadMore

-照明
-,