PVアクセスランキング にほんブログ村

照明

仕事部屋のグレードアップ② 照明選び開始、現在の不満点と照明が必要な場所

2021年9月10日

前回の記事ではワークチェアのグレードアップをご紹介しました。変更した甲斐もあり長時間座っていても、お尻が痛くなりません。集中力も上がり仕事もはかどります。

前回の記事はこちらからどうぞ。House of Finn Juhl のリーディングチェアです。

こちらもCHECK

Finn Juhl ワークチェア
仕事部屋のグレードアップ① 長時間でも疲れにくいワークチェア探し

我が家は1回目の緊急事態宣言中に着工しました。賃貸マンションのダイニングで在宅勤務を始めましたが、やはり仕事するには専用の部屋が必要と感じました。 そのため、当初納戸として使う予定だった新居の個室にエ ...

続きを見る

仕事部屋のグレードアップ第2弾は照明器具です。急ごしらえで納戸を仕事部屋に変えたため、照明器具もデザインより価格と実用性で選びました。

今はIKEAの黒いペンダントライトとフロアライト(どちらも"SKURUP")を使っています。窓枠・デスク・ペンダント・フロアランプで色を合わせ、黒色を選んでいます。

部屋全体としては統一感もあり良いのですが、照明にはもっとこだわりたいと思います。いくつか今の照明器具に不満もあり、ワークチェアの次に照明をグレードアップする事にしました。

これから3ヶ月ほどかけて照明のショールーム4社を見て回ります。その前に、現在の不満点、どんな照明がどこに必要なのかをまとめます。

どの場所に、どんな照明器具が必要か?

仕事部屋には引掛シーリングが2つありますが、今のところ使っているのは1つだけです。それとは別にデスク上の明るさを補うためのフロアランプを1台設置しています。

仕事部屋中央のメイン照明

仕事部屋の照明探し

1つ目の引掛シーリングは部屋の中央にあります。天井高が2.4mなので、大きな照明器具を設置すると邪魔になります。大きな器具だと吊りコードも短くなりバランスが取れません。

今使っているペンダント照明はIKEAの"SKURUP"です。値段が安く実用的で、引越し直後のお財布事情には有り難いです。シンプルなデザインはポンと付けても違和感なく馴染んでいます。

しかし、気になる点もいくつかあり買い替えを考えています。

発熱して暑い頭上照明をやめたい

仕事部屋の照明探し

デスクの設置場所が選べず、椅子に座ると頭上に照明がきます。真夏に仕事をすると、エアコンをつけていても照明の発熱で汗ばむ暑さです。

デスク上に自分の影ができるのも難点です。キーボードを叩く時は良いですが、手帳を開く・本を読む時はフロアランプが必要です。そして、フロアランプをつけると更に暑くなります。

パナソニックやオーデリックから販売されている「ペンダントサポーター」を使えば照明の位置を動かせますが、天井に余計な張り出しができるのが嫌で踏み出せずにいます。

他の照明に比べると器具自体の発熱も大きく感じますが、まずは、スッキリと設置できて頭上照明を回避できる照明器具を探したいと思います。

照明は中央?

ペンダント照明だと部屋の中央に設置することも多いと思います。納戸使いが前提だったので深く考えませんでしたが、やはり家具を含めたレイアウトは重要です。階段の張り出しなど変則的な形の部屋は、家具の配置では全く融通が効きません。

照明との干渉まで考えると、配置の選択肢は更に狭くなります。ダクトレールを設置したり、複数の引掛シーリングを用意するなど、設計時点で照明配置に幅を持たせると家具の配置が楽になります。

もう少し意匠性のある照明にしたい

SKURUPは良くも悪くもとてもシンプルな照明です。直径38cmと1番大きなシェードを選んだので、シンプルですが存在感があります。

幅広でシェード高はないので、邪魔にならない高さで吊ってもコードの長さは確保できます。黒いシェードは家具や窓枠と統一感があり、ウォルナット色の床材とも馴染んでいます。

リーディングチェアが届き今後のインテリアを考えると、シンプルすぎます。もう少しデザイン性のある照明にしたいと考えています。

階段下スペースのペンダント

仕事部屋の照明探し

この部屋の隣にロフトに上がるストレート階段があり、階段下のスペースも含めて6畳の仕事部屋です。階段下が暗くなるので引掛シーリングを設置して、照明を追加できるようにしました。

仕事部屋の照明探し

今は照明を設置していませんが、先々、仕事部屋の休憩スペースにしたいと考えています。小さなイージーチェアとサイドテーブル、ラグを敷いて、仕事の合間に休憩するスペースです。

ここはに個性のある照明を選びたいと思います。サイドテーブルの上に低く設置して、照明兼オブジェにしたいと思います。

フロアランプ or テーブルランプ

仕事部屋の照明探し

影ができて暗いデスク上を照らすためのランプです。ペンダントライトと同じIKEAの"SKURUP"を使っていますが、フロアランプだけでも作業できるほど明るいです。

高さ・角度の調整幅が広く使い易いのですが、ぶら下がった電源コードが気になります。見た目も気になりが、足に引っかけたり、ロボット掃除機が絡まるといったトラブルも起きています。

中央のペンダント照明が解決できれば不要になります。何かしら間接照明は欲しいので、天井や壁を照らすフロアランプかテーブルランプぐらいで考えたいと思います。

必要な照明のまとめと訪問予定のショールーム

  • 部屋中央のメイン照明:
    頭上照明を回避できる、家具に負けないデザイン性のある照明
  • 休憩スペースの照明:
    デザイン性が高く、低く設置してオブジェのように飾れる照明
  • 間接照明:
    (メイン照明が解決したとして)天井や壁を照らすフロアランプかテーブルランプ

3ヶ月ほどかけて見て回る予定の照明ショールームは次の通りです。

  • LYFA / SANTA & COLE(LYNN INKOOP社)
  • LYFA(SCANDINAVIAN LIVING社)
  • INGO MAURER / OLUCE(STUDIO NOI社)
  • DCW EDITIONS(ROYAL FURNITURE社)

あとはショールームではないですが、大塚家具でルイスポールセンを再確認したいと思います。

最後まで読んで頂き有難うございます。次回は、LYNN INKOOPさん、STUDIO NOIさん訪問の結果をご紹介します。

こちらもCHECK

仕事部屋の照明探し
仕事部屋のグレードアップ③ 階段下の照明を探してショールーム巡り

急ごしらえで納戸から変更した仕事部屋。引越しから1年近く在宅ワークで使用していると、色々と不満も出てきます。多少予算の余裕も出てきたので、順番にグレードアップをしていきます。 グレードアップ初回の記事 ...

続きを見る

世界中から厳選した家具・インテリアの通販サイト MAARKET

家具だけでなく照明も充実。Louis Poulsen・LYFA・Ingo Maurer・Santa&Coleなど名作揃いです。

Yチェア
我が家の北欧家具紹介#6 ベンチマークと呼ばれる椅子「Yチェア ハンス J.ウェグナー」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介は6回目。どこまでネタが続くか不安になってきます。今回は、テレビドラマでも頻繁に見かける大人気チェア「Yチェア(ウィッシュボーンチェア)」です。 フィンユールやポール・ケアホルムの ...

PK22
我が家の北欧家具紹介#5 モダニズムをリ・デザインする「PK22 ポールケアホルム」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介も5回目、今回はミニマリストの鬼才「ポール・ケアホルム」がデザインしたラウンジチェア PK22です。前半ではこの椅子がデザインされた背景、後半ではデザインの特徴を紹介します。 今ま ...

ボーエ・モーエンセン
我が家の北欧家具紹介#4 下駄箱難民を救ったボーエ・モーエンセンのキャビネット

2022/6/25

我が家の北欧家具紹介4回目は、下駄箱として使用している「ボーエ・モーエンセン」のキャビネットを紹介します。 北欧家具4大巨匠の1人に数えられる「ボーエ・モーエンセン」ですが、シンプルで長く使える頑丈さ ...

ローズウッドのサイドボード
我が家の北欧家具紹介#3 人生初のビンテージ家具で事件!「Nils Jonsson サイドボード」

2022/6/3

我が家の北欧家具紹介の3回目は、収納家具の主役「サイドボード」。前回まで紹介したチーフテンチェアやPK80は現行品ですが、今回のサイドボードはビンテージ品です。 人生で初めて購入したビンテージ家具です ...

ポールケアホルム PK80
我が家の北欧家具紹介#2 酒を飲みながら漫画を読みたい by妻「PK80 ポールケアホルム」

2022/5/26

我が家の北欧家具紹介シリーズ、第2弾は北欧家具デザイナーの中でもファンの多い「ポールケアホルム」の「PK80」です。 徹底的に不要なものを削ぎ落とした結果、家具はこれだけシンプルで機能的になる。ネジ1 ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-照明
-,