PVアクセスランキング にほんブログ村

Web内覧会

Web内覧会 LDK#7 ダイニンングを飾るビンテージPHランプとチェア

2021年2月13日

web内覧会LDK

新築合わせて購入した家具や照明の中から、キッチンまわりにあるものを紹介します。これらの色や質感を基準にキッチンの配色を決めました。

特に重要なのは飴色のビンテージPHランプ。この照明の色からHans Groheの水栓、キッチン小口のハイライト、バック側の壁面タイルが決まりました。我が家を象徴するアイコンです。

また、ダイニングには北欧の名作椅子が2脚並びます。こちらについても紹介します。キッチンに関する前回の記事はこちらからどうぞ。

こちらもCHECK

キッチンハウスデュエ
Web内覧会 LDK#5 キッチンハウスデュエ、フロント側の仕様詳細と使った感想

前回に引き続きキッチンエリアに関する記事です。今回はそれぞれの素材や設備について、使ってみてわかった良い点、残念な点をご紹介します。 前回のキッチン記事はこちらから。 こちらもCHECK 目次(ジャン ...

続きを見る

90年前に製造された初期のPH3シェード

銀座にある「Luca Scandinavia」で出会ったポールヘニングセン PH2-2です。ダイニングの照明として使用しています。復刻で琥珀色のPH2/1が数量限定で販売されしたが、そのオリジナルです。

1930年代に製造され第二次世界大戦の戦禍を乗り越え、遠く離れた日本の我が家にあります。そう考えると感慨深く、以前はどんな家庭を照らしていたのか考えてしまいます。

ボトムボウルもある希少品

3枚のシェードとボトムボウル(底面のドーム状部品)で構成されています。

昔の電球は寿命は短いので、頻繁に分解して電球を取り替える必要があります。その際に、ボトムボウルを落として割ることも多く、完全に残っているものは希少性が高いとのことです。

LEDライトを取り付けており、当面の間、分解する必要はありません。

年代を感じさせる素材

復刻版は真鍮製のブラケットですが、オリジナルはベークライト(フェノール)です。1907年に発明され、1920年にはココ・シャネルがブレスレットに使うなど、当時の最先端素材です。

ガラスのシェードには所々気泡があります。ガラス原料中の不純物が成形過程で燃え尽きて気泡になります。現代の技術では再現できない、製造当時ならではの素材感です。

全体に光を届けるガラスシェード

PHランプにもいくつか種類があります。代表的なPH5のシェードは金属で、光を透過せず、光を放つ方向を調整することでグレア(ギラつき)を抑えます。

このタイプのガラスシェードは、ガラス表面にサンドブラストやエッチングで梨地加工をし、グレアを抑えながらランプ全体で輝きます。

PHの3シェードシステムでは、3枚のシェードは一定の比率で大きさが変わります。PHの後ろの数字は、トップシェードの大きさ、ハイフン以降の数字は残り2枚の大きさを示します。

PH2-2は、PH2というトップシェードに、オリジナル比率通りの2枚をつけたものです。対してPH2-1という場合は、PH2のシェードにPH1の2枚をつけたものになります。

これだけでは少し暗い

アイコニックで可愛らしい照明ですが、食卓を照らすにこれだけでは少々暗いです。狭角のスポットライトを2灯、補助灯として併用しています。

狭角ライトを使うことでPHランプに強い光を当てず、PHの柔らかい輝きを十分に発揮できるように工夫しています。

ちょっとした難点

ダイニングテーブルでホットプレートや鍋が使えなくなりました。お好み焼きを焼いていた時、立ち上がる油を含んだ湯気がこのPHに直撃。それ以降、食卓での調理はNGです。

掃除の仕方

値段もさる事ながら、万が一割ってしまうと代わりのシェードは手に入りません。どうやって掃除するか、納品前からずっと考えていました。

大塚家具の担当さんから白手袋(内覧会やOB訪問で使う手袋)を使う方法を教えてもらいました。シャンデリアやアーティチョークといった高級で複雑な形の照明は、この方法で掃除しているそうです。

手袋をした状態で優しく撫でると埃を取ることができます。安心して掃除ができます。

このビンテージPHの偽物が海外で販売されていたそうです。ビンテージ品の販売店など、信頼できるルートでご購入ください。

Model78 / N.O.Møller(ローズウッド、ビンテージ)

N.O.Møller Model78チェアを1脚、ダイニングチェアとして使用しています。相模原市にある「Moto Furniture」で購入したビンテージ品です。

現行品も変わらずJ.L.Møllersから販売されています。

座面は張り直しのレザー、フレームはブラジリアンローズウッドです。ダイナミックな木目の存在感は抜群です。気にはなりませんが、座面左前の角に修理跡があります。

貫がないシンプルな構造

Møllerの椅子は、一般的な椅子とはフレームの構造が異なっています。通常は、強度を高めるために4本の足をつなぐ「貫」という部品を使いますが、この椅子には貫がありません。

貫は、体の重心が移動する時の横方向の力に対して、台輪(座面の枠)と共にフレームを支える部品です。これがないと台輪と脚の繋ぎ目に力が集中し、接続部が抜け易くなります。

Møllerの椅子は、貫を廃し極太の台輪を使うことで強度を出すことで、細身の脚やフレームが際立ち、とてもすっきりとした印象の椅子に仕上がっています。

レザー1枚貼りの座面

座面はレザー1枚張りでクッション材は入っていません。座ると適度な革のしなる座面が、体を柔らかく支えます。ウレタンなどのクッション材とは異なる座り心地です。

ペーパーコードの座面と同じように、使い込むほどに座面がしなやかになっていきます。残念ながら、ダイニングテーブルの角で多少傷をつけてしまいました。長く使っていきたいと思います。

CH24 Y Chair / Hans J. Wegner(ウォールナット、現行品)

Hans J. WegnerデザインのYチェアです。カールハンセンの現行品で、ウォールナット材のオイルフィニッシュ、座面はペーパーコードです。

ジューテックホームとの打ち合わせで座っていたのがこの椅子。ダイニングチェアを探している時に、「あの椅子がよかった」と言い始めた妻が使っています。

Yチェアという名前

ウィッシュボーンチェアが正式名称ですが、愛称はYチェア。名前の由来はY字の背当てです。骨盤をしっかり支えるので長時間座っても疲れにくく、今でもベンチマークとされています。

FinnJuhlの109や48アームチェアも同じです。骨盤を立てるように支えてくれるのが、疲れにくい椅子共通の特徴です。

テレビ番組「新美の巨人たち」でも紹介されていました。Hiroshimaチェアのデザイナー深澤 直人さんは、Yチェアをベンチマークとしてデザインしたそうです。ドラマやCMでも良く見かけます。

ここぞという時に役に立つ、控えめな肘掛け

肘掛けもこの椅子の特徴。わずか10cmフレームが張り出しているだけで、座っている時は気になりません。しかし、長時間座っている時、立ち上がる時には驚くほど役に立ちます。

WegnerのChinaチェアでも同じような肘掛けがあります。邪魔にならないのに必要な時はしっかり役割を果たす、本当に考えられた椅子だと思います。

ウェグナーの家具作り

容易に張り直しのできるペーパーコードと、太くしっかりしたフレームで、生涯のパートナーとして長く使い続けられる椅子です。

現行品はオーク材が中心で、これはデザイン当時のWegner自身の指示だそうです。装飾性の高い樹種が好まれた時代に、多くの人が長く使えるようにオーク材を中心に製作指示を出したそうです。

サステナビリティが叫ばれる昨今ですが、座り心地だけでなく素材の選定においても、ベンチマークとして語られる理由があります。

最後に

Web内覧会 LDKの最終回は、キッチン周りの北欧家具を紹介しました。PHランプはすでに90年経過していますが、他の家具も長く使う事を前提に作られた家具です。

大量生産・消費の時代も転換期を迎え、日本の伝統家具や北欧家具のように長く使い続けられる家具があらためて注目されています。大切に使い続けたいと思います。

最後まで読んで頂き有り難うございました。次回は、LDKを離れ、水回り(ユニットバウス・ランドリー)を紹介します。

こちらもCHECK

ウェブ内覧会ランドリー
Web内覧会 水回り#1 家事動線と実用性最優先の洗面・ランドリースペース

少し間が空きましたがWeb内覧会の続きです。今回から水回りをご紹介します。前回までの内覧会記事はこちらから。 こちらもCHECK こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Pag ...

続きを見る

 


我が家のダイニング照明として使っているのはPH2/2。現行品だとPH2/1が後継に当たります。

金属シェードと異なり灯具全体が柔らかく輝きます

1灯だけだと光量不足なので2灯使いがおすすめです。

おすすめ

おすすめのYチェア、北欧名作家具では比較的リーズナブルですが、決して安くはありません。

親から子、孫、ひ孫と引き継いで使う椅子です。新居の記念に買った椅子をいつか子供の新居祝いに。

そんな家具との付き合い方してみませんか?

おすすめ

Web内覧会ロフト・SIC
Web内覧会 収納が足りない!デットスペースを活かした大型ロフトと玄関収納

2022/4/6

Web内覧会は今回で最後となります。屋根裏のデットスペースを使った大型ロフトと玄関収納をご紹介します。 前回の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1平屋の方 ...

Web内覧会 幅が足りない!最初に戻ってやり直したいと思ったトイレ

2022/4/6

今は気にしていませんが、設計途中で気がついた時には夫婦で大騒ぎ。なんで早く気づかなかったのかと悔やみました。我が家のしくじりポイント「トイレ」のご紹介です。 なお、アイキャッチにある版画は後半で紹介し ...

Web内覧会仕事部屋
Web内覧会 納戸改め仕事部屋 IKEA家具が並ぶ唯一のフローリング個室

2022/4/6

Web内覧会も残りあと数回です。今回の仕事部屋の他、トイレとロフト納戸で終了です。中庭や外庭の植栽工事も一巡し、ようやく生活に落ち着きが出てきました。 前回のウェブ内覧会記事「和室客間」はこちらです。 ...

ウェブ内覧会客間和室
Web内覧会 和室客間 使用頻度は予想以上、椅子に疲れたら和室

2022/4/6

中庭の植栽工事もひと段落。あとは苔貼りと砂利入れを残すのみです。外庭の植栽工事も一旦終わり。 中庭、外庭の両方に面し我が家で一番眺めの良い和室客間となりました。設計時の考えや採用した建材を紹介します。 ...

web内覧会寝室・WIC
Web内覧会 寝室・WIC 和室寝室と通り抜け動線を作るWIC

2022/4/6

小学生の頃は畳に布団を敷いて、兄弟3人で川の字で寝てました。中学の頃、引っ越しそれからはずっとベッド生活です。 そんな長い付き合いのベッドですが、新築ではベッドを手放し「和室に布団」にしています。LD ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-Web内覧会
-, , , , ,