PVアクセスランキング にほんブログ村

家づくり

「壁の仕上げ材選び」を「ハウスメーカー選び」より優先した理由

2021年8月6日

壁紙選び

注文住宅では自分好みの家を作れますが、その分、施主が決めることも多く大変です。分からない事だらけですが、それに結論を出すのが施主の役目。その後、その結論が見積もるので、また大慌てです。

施主ブログを見て感じた事は、建材について知識を身につけるべきだという事。そのため、ハウスメーカーとの打合わせ1年前から、ショールームや実例確認のため各所に足を運び調べあげました。

その中でも、壁材は特に時間をかけて調べました。まず知るべきは「どんな仕上げ材があるか」という事。「壁材を優先して調べた理由」「ハウスメーカーに頼らず調べた理由」をまとめます。

壁材を優先して調べた理由

壁紙選び
エコフリースのサンプル

一般的ではありませんが、我が家は、欲しい家具を先に決めて、それらの家具を中心に建物を設計しました。正しく書くと、家具・キッチン・内装材・住宅設備・ハウスメーカーの順番です。

壁材は内装材の中でも特に優先して調べました。結果としては、早めに動き出して良かったと思います。

※我が家の場合、キッチンはどちらかというと家具に近い存在。家具と同じ空間で大きな存在感を持つキッチンもとても重要な要素です。

こちらもCHECK

キッチンハウスデュエ
新築を意識し始めたら、まずはキッチンショールームから始めませんか?

家づくりを意識し始めたら何をしますか?まずは近くの住宅展示場に行ってみるという方も多いと思います。我が家も展示場でしたが、同時にキッチンショールーム回りも始めました。 壁で細かく区切らない「オープンプ ...

続きを見る

家具を引き立てる「背景」として重要だった

壁材は屋内を占める面積が広く、インテリア全体の質感を左右します。家具の背景として、家具の見栄えにも影響します。家具と同一面で隣り合う事もあり、家具を活かすのも壁紙の役割です。

家具販売店や家具ショールームで話をすると、どの店舗も壁色や質感を含めて内装全体で家具を引き立てているとの説明でした。やはり家具を引き立てる背景として、壁紙にはしっかりと時間をかけるべきだと考えました。

週末は打ち合わせ、内装の話は後半戦

ハウスメーカー選びが始まると、毎週末のように候補のメーカーと打ち合わせを行います。OB訪問や工場見学といったイベントもあり、目の回る忙しさ。ゆっくり建材について調べる時間はありません。

請負契約前は契約見積もりに向けた打ち合わせ、契約後は間取り・建築構造・オプションなど着工に向けた打合わせです。インテリアの話は予算枠とるためのヒアリング程度、壁紙は着工後という会社もあります。

我が家は契約前からエコフリースなので、初回見積もりも・工期も織り込み済みです。費用は払えれば済みますが、時間はどうしようもありません。内装にこだわる方は事前にじっくり下調べが必須です。

ハウスメーカーには得意・不得意がある

事前に希望の内装材が決まっていると、請負契約前に具体的な名前を挙げて話ができます。施工実績や仕入れ可否を確認できるメリットは大きいです。

保証や仕入れルートの事情から建材の選択肢は意外と限られます。特に長期保証や独自工法、工場作業の多い大手ハウスメーカーは、この傾向が強くなります。

我が家のエコフリースは、大手ハウスメーカーでは認知度も低かったと記憶しています。たとえ、選ぶことができても、施工実績が少ないと不慣れによる品質トラブルも気になります。

請負契約を結ぶと容易には後戻りできません。契約してから選べないと焦らないように、こだわる部分は事前にしっかり調べておくと良いです。

壁材によっては職人さんが少なく取り合い

特殊な壁紙は施工できる職人さんも限られます。希望のスケジュールに合わせるためには、早い段階で壁材を決めて、施工側の予定を押さえると安心です。

左官壁やペイント壁は作業工程が長く、特別な技術が必要です。エコフリースは乾式壁ですが、塩ビクロスに比べると施工難易度は高く、施工できる職人さんは限られます。

職人さんの予定が合わず工期が遅れる事は稀だと思いますが、こだわるポイントなのでじっくり時間をかけて施工して欲しいと思います。早め早めが正解だと思います。

ハウスメーカーに頼らず自分達で探した

エコフリース
施工後のエコフリース

ハウスメーカーが提示する情報で理解を深めることも出来ますが、「何かしらのフィルターがかかっている」と考えています。フラットな情報が欲しかったので、情報収集は自分たちで行いました。

知らず進んで、後から後悔したくない

大手ハウスメーカーで使える建材は、社内承認が取れたものだけです。担当者の知識は予想以上に濃淡があります。こだわりが強い人の場合、施主の方が知識が多い事もよく聞く話です。

一般の施主が建材について調べるのは簡単ではありませんが、時間をかければ効率の良い調べ方もわかってきます。後悔をゼロにする事はできませんが、やるだけやれば諦めもつきます。

選択肢を知らずに先に進んで、後から恨み言を言っても何も変わりません。結局は自分が暮らす家なので、できる事は自分でやって正解だったと思います。

ハウスメーカーの説明を正しく理解したい

施主が理解できるように説明する事がハウスメーカーの仕事ですが、正しく理解するためには施主にも知識が必要です。限られた時間で希望と予算のすり合わせをするので、言い間違いや抜け漏れも起き得ます。

決める時は多角度的に考えて決めたいですが、予備知識が少ないと説明を理解するのにも時間がかかります。手短に伝われば説明する側は、さらに踏み込んだ話ができます。情報の漏れ抜けは少なくなります。

契約後の打ち合わせ期間は5ヶ月と比較的長めですが、毎週何かしらの課題を抱えていました。住んでからイメージと違うという事もなく生活しています。

結論を出すのも、お金を払うのも、生活するのも施主

結局、結論を出すのも、支払うのも、生活するのも施主です。自己防衛も含めて予備知識は必要です。建築が始まってからでは、何ともならない事もあります。

打ち合わせ内容が図面や見積もりに反映されているか、施主に知識があればクロスチェックとしても機能します。知らなければ見過ごしていたと思うこともあります。

施主も含めて家づくりメンバーです。自分の考えを持って打合わせに望むことが、理想を叶える近道だと思います。

※もちろん「ハウスメーカー・担当にもよる」とも思います。

壁材(内装材)を優先して調べた理由のまとめ

塩ビクロス
ランドリーは塩ビクロスで(天井・壁とも1000番クロス)

契約すれば希望通りに出来上がると楽です。しかし、こだわりが強くなるほど、自分たちのこだわりを伝えることが重要になります。

昼間は仕事をし、帰宅後に下調べやハウスメーカーからの宿題をこなす。打ち合わせが始まり時間に追い立てられながら決めていくのは、本当にストレスが溜まります。

性格的にそのストレスには耐えられないという自覚があり、しっかり事前に調べて家づくりに取り組みました。結果としては、一生に一度のイベントを楽しめたと思います。

最後まで読んで頂き有難うございます。

次回は、「希望する建材の探し方」と「効果のあった探し方」をまとめます。

こちらもCHECK

壁材探し
希望の壁材はどうやって探す?「試行錯誤した壁材探し」と「効率が良かった探し方」

新築当時、壁材といえば壁紙、壁紙といえば塩ビクロスしか知りませんでした。実際探してみると、左官壁、ペイント、フリース壁紙、非塩ビ壁紙、塩ビ壁紙と多くの種類があります。 こだわって選んだ家具が配置される ...

続きを見る

パントリー収納の大きさ
収納品を全部出して確認、キッチンパントリー0.6畳の収納力はどれぐらい?

2022/6/3

キッチンの収納力を確認する記事の最後は、パントリーの収納力を紹介します。賃貸マンションにはパントリーが無く、ペットボトルの水は廊下に山積み。移動の度に邪魔に感じていました。新居では0.6畳分のキッチン ...

タイル床のメリットデメリット
タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

2022/7/12

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めて ...

壁紙選び
【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

2022/8/13

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK ...

漆喰、珪藻土、ペイント
【採用検討した湿式壁3種】それぞれの機能性や意匠性の特徴を紹介

2022/4/13

内装の壁仕上げ材と聞くと真っ先に思い浮かぶのは塩ビクロス。日本では、単価が安く施工業者も多い塩ビクロスが圧倒的。これに不織布や紙も含め、壁紙による仕上げを乾式壁と呼びます。 一方で、職人が手作業で仕上 ...

壁材探し
希望の壁材はどうやって探す?「試行錯誤した壁材探し」と「効率が良かった探し方」

2022/3/8

新築当時、壁材といえば壁紙、壁紙といえば塩ビクロスしか知りませんでした。実際探してみると、左官壁、ペイント、フリース壁紙、非塩ビ壁紙、塩ビ壁紙と多くの種類があります。 こだわって選んだ家具が配置される ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-家づくり
-,