PVアクセスランキング にほんブログ村

外構・植栽・菜園

野菜作りリベンジ!今年はプランターで茄子、目指すは柔らかな秋茄子

新居に引っ越して2シーズン目の家庭菜園です。昨年は初めての野菜作りで上手くいかないこともありました。今シーズンは昨年の反省を活かして収穫増を目指します。

まずは、昨年ジャングルになって収拾がつかなかった茄子。柔らかな秋茄子を目指してスタートです。

この記事のポイント

  • 昨シーズンの茄子栽培で失敗したこと
  • 昨年の反省から今シーズン重視する点
  • 7月までの収穫量、昨シーズンとの比較
  • 新築計画で家庭菜園のために行うと良い事

こんな方の参考になればと思います

  • 新居で家庭菜園を行いたい方
  • 野菜作りデビューしたい方
  • 茄子栽培の大まかなイメージを知りたい方

昨年の失敗

まずは昨年の失敗の振り返りです。茄子4苗を植えて収穫できたのは20本ぐらい。「土・肥料・苗代を考えると、店で買った方が安かった」という家庭菜園のほろ苦デビューでした。反省点は大きく2点。

欲張りすぎた

「40本ぐらい収穫できれば」と思い、1株10本収穫の計算で4苗を購入。帰宅後に調べたら「株間は50cmを目安に」という記事。茄子を植える予定の畝は90cm×70cmなのでどうやっても収まりません。

苗を捨てるのがもったいなくて、できるだけ距離が離れるようにジグザグに4本を植え付けました。しかし、これが諸悪の根源。欲張らず2苗だけ植えれば良かったと後悔しました。

管理不足でジャングル

茄子は脇芽が次々出てくるので、不要な枝葉を取り除き整枝しながら育てる作物。しかし、狭い畝に4本も植えると手を入れるのも一苦労です。まともに作業できません。菜園からはみ出して実をつけるので仕方なく支柱を追加して支えます。

近所の茄子は風通し良さそうに縦にスッと伸びていますが、我が家の茄子は横方向に大きく広がり重なり合い、鬱蒼とした雰囲気はまさに「茄子のジャングル」です。手入れが必要な作物なので、作業性を考えた植え付けが必要だと痛感しました。

茄子を育てるポイント

昨年の反省点を踏まえて茄子の栽培方法について調べました。今年課題とする点は次の4つ。他にも色々ありますが一度に全部は難しいので、特に重要と思われる点だけ選びました。

苗の間隔は広く

これは重要な昨年の反省点。カインズで菜園プランター710型を購入。横幅が70cmあるので、茄子2本を植えても株間40cm程度確保できます。

今年は初めてのプランターでの栽培で、プランター選びでも悩みました。このプランターは側面ラベルに茄子の写真があり、栽培カレンダーにも茄子の栽培時期が記載されています。間違いないと確信できます。

整枝して仕立てる

これも昨年の反省点。昨年は地植えで野放図に育ててしまった茄子ですが、今年はプランターという限られた空間で育てます。収穫量と支柱の安定感を重視して3本仕立てで育てることにしました。

2本仕立て・3本仕立て

  • 2本仕立て:V字型に支柱を立てて主枝と側枝の2本を伸ばしてく。枝葉が少なく管理しやすいが、収穫量は2枝分になる。
  • 3本仕立て:主枝1本と側枝2本で育てる。枝が1本増えて収穫量が期待できるが、配置によっては重なって作業しにくい。

肥料・水を切らさない

茄子は水と肥料がたっぷり必要な作物。「水で作る」「肥料食い」と言われるそうです。思い出してみると、昨年は肥料がかなり少なかった気がします。特にプランターは保水力が弱いので、収穫期の7月以降は「朝夕の水やり」と「2〜3週間に1度の追肥」が重要。

今年は特に気温が高いので忘れず水やり、こまめな追肥を心がけて育てます。

マルチングは必須

茄子は日向を好む作物ですが、一方で水が不足すると収穫に影響します。地植えと異なり水を蓄える土が少ないプランター栽培では、少しでも水の蒸発を抑えるためマルチと呼ばれるシートで土を覆います。

専用のシートも販売されていますが、我が家は黒いゴミ袋を切り開いて使用。プランターに合わせカットしたゴミ袋を(防草シートの施工で使う)Uピン杭を使って固定。穴を2つあけて苗を植え付けました。

秋茄子には更新剪定

「上手く切り戻せれば秋まで収穫できますよ」と野菜直売所で言われたのが昨年8月。我が家の茄子はジャングル状態で手がつけられませんでした。放任で秋茄子まで収穫できるほど甘くはありません。

更新剪定とは

茄子は6月末頃から次々と実をつけ、2〜3日見ないとあっという間に茄子祭り。食べるにはうれしい悲鳴ですが、株には疲労が蓄積し実付きが悪くなります。

そこで7月末〜8月上旬に枝葉や根を切り戻し(=剪定)てやると、実を作るのをやめて枝や根の回復が始まります。夏の終わりには株全体がリフレッシュ(=更新)し、再度実をつけるようになります。

次のページでは「実際の栽培スケジュール・今の所の収穫量」を紹介します

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


2022/7/12

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

ネットでオール電化と入れると、キーワードに「後悔」という文字が出てきます。 今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても、「不安が残る」決断でした。 そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 実際に暮らしてみると「オール電化を選んで良かった」と感じています。 オール電化5連載の最後は、 「入居前まで心配だった事とその結果」 「選んだ理由・住んで分かったメリット」 「気になった・住んで分かったデメリット」 について紹介します。 「オール電化に不安を感じて ...

ReadMore

キッチンハウスデュエの寸法と収納力

2022/7/12

キッチンハウスデュエ(II型)バックキッチンの寸法と収納力のまとめ

キッチンハウスDue(II型)でオーダーした我が家のキッチン、フロント側キッチンの寸法・収納力に続いて、バック側キッチンの寸法・収納力を紹介します。フロント側の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK フロント側は「LDKに馴染む家具のようなキッチン」を強く意識しました。対してバック側は、悪目立ちしない範囲で実用性を最優先してます。使ってみた感想と合わせて紹介します。 目次(ジャンプできます)Page 1バックキッチンの天板寸法何をどれだけ置けるか?①この余白スペースは意外と便利② ...

ReadMore

フェムトセル

2022/7/12

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

2022/7/12

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

壁紙選び

2022/4/13

【採用した壁紙4種類を比較】それぞれの特徴を活かした適材適所が大切

家具販売店で見たポーターズペイントが気に入り、壁材は塗装(ペンキ)で考えていましたが、残念ながら工期がおさまらず断念。塗装をはじめとする湿式壁については、前回記事を参照ください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1塗壁のような質感「エコフリース」質感は最高、つなぎ目で減点(意匠性:★★☆)下地の調湿を阻害しない(機能性:★★☆)簡単に破れずタッチアップも可能(耐久性:★★☆)塗装よりはるかに安い(コスト・工期:★★☆)多彩な素材で空間をグレードアップ「非塩ビクロス ...

ReadMore

クラピアのグランドカバー

2022/6/24

40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプローチの梅の木・ヤマボウシなど、植樹した3月の姿とは見違えるほど青々とたくましく育っています。家庭菜園の茄子やきゅうりも順調で、きゅうりは一番花も咲きました。 そんな楽しい土いじりで手付かずになっていたことが1つあります。グランドカバーです。家庭菜園の土づくりと並行して、外庭の硬い土丹の土に腐葉土をすき込んできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

2022/6/12

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

2022/6/3

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

II型キッチンのサイズ

2022/4/6

「1人で使う」「夫婦2人で使う」II型キッチンのサイズから考える作業動線と効率

「キッチンハウス・デュエ・サイズ」や「II型キッチン・サイズ」という検索で多くの方にご訪問いただいています。 Web内覧会でキッチンサイズについて書いたので、写真も小さく見づらかったと思います。改めてキッチンの採寸を行い「II型キッチン」の使い勝手を確認しました。 「1人でキッチンに立つ」「2人でキッチンに立つ」など状況によって使い勝手に違いがあります。夫婦の役割分担を踏まえ、作業動線や寸法について感想を交えて紹介します。 キッチンに関する過去記事はこちらかどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

2022/5/20

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

-外構・植栽・菜園
-,