PVアクセスランキング にほんブログ村

外構・植栽・菜園

外構・庭木費用① 予算オーバーした外構工事、想定外の費用発生は何?

2021年6月17日

外構費用

1年近い期間をかけて、数千万円の使い道を決めていくという家づくり。想定外の費用で予算不足に陥る事もあります。着工前の仕分け作業は精神的にもきついものです。

その中でも外構工事は、コンクリートや土工事が多く予想以上に費用がかかります。我が家は敷地境界工事で120万円もの想定外の費用が発生しました。

建物のオプションや家具に盛り上がり予算をかけ過ぎて苦労しましたが、後回しにできない先行外構費用の調整は特に苦労しました。

ポイント

◆「外構・庭木費用」の初回では次の3点をご説明します。

  • 外構の予算枠
  • 予算不足の原因となった境界工事
  • 見積もりの全体像

◆ 外構・庭木の当初予算は以下の通りです。

  • 当初予算 400万円 →  320万円(建築増額)
  • 外構工事 250万円 →  70万円
  • 庭木工事  70万円 →   0万円

前回の植栽記事は、グランドカバーのクラピアについて書いてます。

こちらもCHECK

クラピアのグランドカバー
40株のクラピアを植えました、グランドカバーの必要性とクラピアを選んだ理由

家に予算を使いすぎた事もあり、大きな樹木以外はほとんど自分たちで植えました。今までの賃貸マンション暮らしでは考えられないほど、毎日のように土を触っています。 中庭と玄関前のイロハモミジ・外庭とアプロー ...

続きを見る

想定外の費用で打ち砕かれた外構・庭木予算

外構・庭木の予算枠

建築費用に関しては、ネットで調べれば標準坪単価を始め建築事例も沢山あり、ある程度の根拠をもって建築費用がイメージできます。

しかし、外構予算となると情報量が極端に減ります。実例や費用の記事もありますが、建築検討段階では外構のイメージが固まらず参考になりません。

ネットで見つけた記事の「外構予算は建物価格の10%」を目安に予算取りをしていましたが、建築側のオプションなどで「7%強」まで減らしていました。

具体的な費用明細や根拠のない予算枠で進めていたので、建築側の費用が決まる度に不安が増していきます。

その不安が思わぬ形で的中しました。建築側で計上されていた土留め工事(先行外構)が予想以上に高くなったのです。

予算不足の原因となった土留工事

地盤が硬く改良工事は不要でした。このため、先行外構費用はほとんど要らないと気楽に考えていました。

発端は、中庭を当初より大きくしたことです。建築面積が大きくなり、建物が敷地境界に近づきます。我が家の建築地は石積みのひな壇地です。

近づいた建物を支えるため、石積み上の土留めブロックにRC基礎が必要になった事が盲点です。

土留工事

法面になっている敷地の2面に、RC基礎を作りブロックを積み、盛り土で平坦にする工事です。

当初の図面にはCB3段積みとしか記載がなく、建築見積もりもこの前提でした。

工期も養生期間を含めて長くなります。GW連休明けの予定でしたが、4月上旬から先行外構スタートとなりました。

土留工事

CB積みであれば費用も知れていますが、RCだと型枠・配筋など費用は大きく膨らみます。

さらに、掘削・埋め戻し費用もかかります。埋め戻した場所は、犬走りになっています。

また、施工の長さも費用がかかる理由です。2面だけですが施工距離は40mもあります。

土留めブロック

RC基礎とブロック積みが完成した時の写真です。

写っているブロックは2段ですが、基礎の下にもう1段埋まっています。

この後型枠を外し、土を戻して平坦にして完成です。

業者との交渉の結果、最終的な提示金額は120万円でした。元々数十万円しか見ていなかった土留め工事費用です。約100万円の追加で、外構予算の3割を食い潰しました。

基礎前では見積りできない

このままでは本当に予算オーバーすると思い、ハウスメーカーに外構イメージを伝え試算を依頼しました。

一方で、ネットで見つけた複数の業者に見積りを依頼しましたが、どの業者も軒並み「基礎ができてから見積り」という回答でした。

見積もりは敷地の高低差や状態を見てからになる。基礎ができないと具体的なイメージが作れない」という説明でした。

ハウスメーカーに期待して、他社は一旦保留にします。

ハウスメーカーの外構見積もり

そんな中でハウスメーカーから外構見積もりが出てきました。イメージは希望通りですが、先行外構の追加費用を加えると予算を使い切り、植栽費用もでません。

外構費用

見積りをエリアごとに5つに分けてみました。駐車場横の土留め、アプローチの浮階段が特に金額のかかっている部分です。

画像に植物がありますが、植物は全て別の依頼先があるので、この見積もりには含まれていません。

玄関アプローチと浮階段

外構費用

天然石の浮階段が希望でしたが、とても手が出ないのでコンクリート平板です。

アプローチ・階段の平板だけで42万円、据付費用で13万円、合計55万円です。

CB階段自体はそれほど高くありません。蹴上の仕上げ込みでも10万円程度です。

アプローチ脇の庭

外構費用

長手は8mあり、天然石(和石 和良)を仕切りに設定しています。これで13万円。

石英石の砂利敷きで2.5万円です。施工込みなので妥当な金額です。

客土は1.5㎥で3万円、これは植木屋で1万円ぐらいなので、結構高いです。

駐車スペース

外構費用

駐車場のコンクリート(24.3㎡)ですが、やはり土・コンクリ仕事は費用がかかります。

平米単価1.2万円程度なので、ネット情報と比較すると2割ほど高いです。

初回見積もりなのでこれぐらいかも知れません。

門柱、土留め擁壁、階段

外構費用

擁壁は延べ長で10mほどあります。基礎の手前に庭に上がる階段があります。

擁壁本体、門柱、奥の階段は、ブロック積みで20万円程度です。

土留め擁壁にRC基礎があり掘削、配筋・型枠費用で、35万円、ジョリパッド仕上げで7万円です。

境界フェンスと犬走り

外構費用

フェンスはLIXILのメッシュフェンスで総延長40m、取付込みで18万円です。

防草シート・砂利敷きは幅平均80cm、全周で60mほどあります。見積額は7万円弱です。

土台の土留めブロック・基礎は先程の通りで、別費用です。

管理費・付帯費用と外構費用総額

これらの費用に、管理費・付帯費用を足した合計250万円が外構費用です。これに、先行外構の追加費用110万円(税込)を足すと360万円で、すでに30万円の予算オーバーです。

これに中庭、アプローチ庭、外庭の植栽費用(合計70万円)を加えると、先行外構分と同じ100万円の予算オーバーとなります。

まとめ

以上、外構費用で予算オーバーになった理由を説明しました。完全に先行外構での追加費用が原因です。

予算オーバーの背景には建築面積を広げた事もありますが、石積みのひな壇地特有の事情でもあります。擁壁がRCで作られていればブロック積みだけ済みます。

大谷石積みは趣があり和の雰囲気で好きですが、思わぬコストアップ要因になりました。土地購入時には全く予想もしませんでした。

法面のある土地は土留め工事を念頭において、土地選び・建築設計にあたった方が良いと思います。

外構工事費は、最終的に120万円まで圧縮しました。次回は、費用を圧縮したポイントを中心にご説明します。

こちらもCHECK

外構費用
外構・庭木費用② 予算オーバーを乗り越えた仕分けとDIYのポイント

知らなければ気にも留めない事でも、一度知ってしまうと気になる事もあります。そういうものに限って値段が高く、予算オーバーの原因となることも。 資金に余裕があれば良いですが、限られた予算ですので、なにかし ...

続きを見る

野菜作りリベンジ!今年はプランターで茄子、目指すは柔らかな秋茄子

2022/8/3

新居に引っ越して2シーズン目の家庭菜園です。昨年は初めての野菜作りで上手くいかないこともありました。今シーズンは昨年の反省を活かして収穫増を目指します。まずは、昨年ジャングルになって収拾がつかなかった茄子。柔らかな秋茄子を目指してスタートです。

トウガラシってナス科?
トウガラシってナス?連作障害を避ける輪作カレンダーと土入れ替え

2022/5/20

5月上旬には家庭菜園をスタートする予定。このため、4月は畑やプランターの土の準備を行っています。 美味しい野菜を育てる上でとても重要な土ですが、昨年は知識不足から植え付ける野菜を選択ミス。同じミスを繰 ...

ガーデンエッジの設置
自分でできる土留め トクサエリア・アプローチ庭に連杭の設置完了

2022/9/1

今年最初の庭づくり作業「トクサエリア・アプローチエリアの土留め」を設置。今までは土留めがなかったので、 大雨の日にはアプローチ庭の黒土が砂利へ流出 トクサを植えている法面の土が流れてトクサの根元が露出 ...

【2022年の作業計画】暖かくなったので、庭づくり・家庭菜園を再始動!

2022/5/20

雪の多い寒い冬でしたが、日に日に気温も上がりあっという間に春。庭木のイロハモミジ、紅梅も新緑が広がり清々しい景色に変わりました。土いじりをしやすい季節になったので、今年の「庭づくり」「野菜づくり」の計 ...

クラピア
3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

2022/8/13

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピア ...

READ MORE


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-外構・植栽・菜園
-,