PVアクセスランキング にほんブログ村

【4月の電気代】天候不順と値上げで期待したほど安くなかった電気代

3月に太陽光の発電量が増えはじめ「いよいよ電気代激減か?」と期待した4月でしたが、終わってみると発電量は3月と変わらず。

さらに4月使用分から基本料金と再エネ賦課金が値上げになりました。床暖房を止め消費電力が減ったことが唯一の救いです。

4月の電気代をまとめます。

(参考)我が家の電気関連スペック

  • 電気契約:オール電化 10kVA
  • パワコン:トライブリッドパワコン
  • 太陽光発電:5.6kW
  • 蓄電池:4.9kWh
  • V2H:トライブリッドV2H
  • EV:日産ARIYA(2月は不在)
  • 床暖房:温水蓄熱式75畳(24時間自動運転)
  • エコキュート:460L

2024年4月の電気代

4月の電気代をまとめると以下の通りです。

エネルギーコストの内訳

消費電力は791kWhで3月に比べると400kWhも減りました。これは床暖房を止めたことが理由です。

昨年4月の発電量は684kWhあったので、「買電は100kWh」を見込んでました。が、589kWhで3月とほぼ変わらない残念な結果でした。

合 計 20,982円 791kWh
電気代 9,649円 283kWh
自家消費 508kWh
売 電 ▲1,377円 81kWh
設備代 11,333円

※設備代に含まれるのは太陽光パネル、パワコン、蓄電池、V2Hの費用。補助金を差し引いた支払額を15年償却で計算しています。

購入電気の内訳

昼間電力の購入割合は8.5%で多分これがミニマム。購入電力は9割以上が深夜電気です。問題は基本料金と再エネ賦課金の値上がり。
再エネは深夜でも一律加算なので厄介です。

9,649円 283kWh
基本料金 3,118円 10kVa
昼間電力 727円 24kWh
深夜電気 5,804円 259kWh

EVの走行電力

ゴールデンウィークは近場で過ごしましたが、横浜まで往復100km×3回が効いて走行距離は800kmを超えました。
シートヒーターを切った効果で平均電費は改善傾向です。(3月5.4km/kWh)

電気代 3,750円 134kWh
走行距離 829km
平均電費 6.2km/kWh

※上の表(電気代と消費電力量)に含まれる電気自動車の電力だけを抜き出したもの。走行距離、平均電費はNissanConnectアプリによる。

期待したほど安くなかった理由

設備償却・EV電力含む4月の総コストは20,982円。

3月に比べると8,000円近く安くなりましたが、期待値は総コスト18,000円以下、3月比で▲10,000円でした。

なぜ安くならなかったのか?

快晴の少ない今年の4月

今年の4月は晴天率が低く太陽光発電が思ったほど伸びませんでした。昨年同等の発電量だったなら、買電は半分まで減り電気代は3,000円ぐらい安かったはずです。

【今年と去年の比較】

2024年 2023年
快晴 4日 7日
晴・曇 7日 10日
3日 6日
曇・雨 13日 6日
3日 1日

基本料金の値上げ

基本料金が1kVaあたり16.5円値上がりしました。10kVaで契約している我が家は165円の値上がり。

嫌と言って上がるので仕方ないです。

気になるのは10kVa契約。
消費電力が最大になるのは、床暖房・エコキュート・EV(or 蓄電池)が同時に稼働する冬の深夜。EVの使用状況からすると8kVa契約でもなんとかなりそうです。

再エネ賦課金の値上げ

再エネ賦課金が2.09円/kWh値上げになりました。再エネ賦課金の支払い総額 988円に対して、売電収入1,377円で389円の入超です。

入超といえば聞こえはいいですが、我が家は買電をできる限り減らす方針。むしろ「再エネ賦課金で389円払い、売電収入ゼロ」の方が目指す形です。

安くなったのは暖房の分

電気代としては8,000円安くなりましたが、これは床暖の停止によるもの。多少はエコキュートの出力低下もありそうです。

やはりオール電化住宅の電気代は暖房次第です。

通算でいくら安くなってるか?

太陽光がイマイチな状況で消費電力が減っています。期待度は低めかなと思います。

設備がない場合の試算

4月の消費電力からEV電力を除き、太陽光電力分を購入電力に置き換えた試算です。ガソリン代も同等走行距離で加算しています。

消費電力 644kWh EVの134kWhを除いたもの
電気代 21,119円 昼7.5:夜2.5
ガソリン代 8,530円
合計コスト 29,649円

設備導入の効果

設備無しの合計コスト(29,649円)から4月の合計コスト(20,982円)を引いた結果、4月の導入効果は8,666円となりました。

1月〜4月の通算だと、21,861円のエネルギーコスト(電気・ガソリン)を削減したことになります。(EVがなかった3月の影響が大きい)

2024年4月のまとめ

3月の電気代についてまとめると次の通りです。

  • 設備代を含めた総コストは20,982円
  • EVによる燃料代メリットは4,780円
  • 天候不順で太陽光発電が低調
  • エネルギーコストの削減額は8,666円
  • 1月からの通算では21,861円の削減

おすすめの節電アイテム(広告商品リンク)

現在・過去の消費電力をスマホで確認できて便利です。洗濯乾燥機など大型家電、買ったばかりの家電の消費電力をモニターするために使っています。

広告

広告