PVアクセスランキング にほんブログ村

エネルギー

bZ4X・ARIYA・LEAF、5年でV2H・太陽光の費用を回収できるか?

2022年5月2日

bZ4Xの写真

トヨタ初の電気自動車が正式に発表され、国産SUVでもEVが本格的に動き始めます。

助成金や買取価格が下がっている太陽光パネルに対して、EVやV2Hでは比較的手厚い助成金が設定されており、災害対策も兼ねて以前より導入を考えていました。

ガソリン代の高騰もあり話題のEVですが、今回はV2H・太陽光・オール電化という切り口から総コストを検証。参考として、ハリアーHVと比較しています。

コスト検証でのポイント

  • 5年間のEV購入・維持費用
  • V2H・太陽光の導入費用(分割払い5年)
  • 5年間の電気代

5年間総費用の検証結果
  • DP /導入補助事業 無し:(安い)LEAF<ハリアーHV<ARIYA<bZ4X(高い)
  • DP /導入補助事業 有り:(安い)LEAF<ARIYA<bZ4X<ハリアーHV(高い)
  • ハリアーHV+買電・買燃料に比べると、EV+V2H・太陽光・電気代の総コストは大して変わらない
こんな人におすすめの記事
  • オール電化でV2Hの導入を考えている方
  • 新築でのエネルギー計画を検討中の方
  • V2Hを前提にEV導入を考えている方

V2H(ビークル to ホーム)とは?

日産ARIYAの写真

日産ARIYA(EV)

最近、高額助成金の条件とされるV2H(ビークルtoホーム)について、簡単に紹介します。

EVを蓄電池として活用

V2H(ビークル to ホーム)とは、電気自動車と家を繋ぐことで、電気自動車の蓄電池を家庭用蓄電池として代用する仕組み。

一部を除き、国産メーカーEV・PHV・PHEVの大半が対応しています。

せっかく家に充電設備を設置するのであれば、充電だけでなく放電もできるV2H設備の方が便利です。

メリット・デメリット

V2Hを導入したい我が家が感じているメリットは、

V2Hのメリット

  1. 家庭用蓄電池に比べて、EVの蓄電池は圧倒的に安い(家庭用蓄電池:20万円弱/kWh、EV:10万円弱/kWh)
  2. 1km当たりの走行コストが安い(EV:6km/20〜30円、ガソリン:10km/160円、HV:20km/160円)
  3. 大容量蓄電池で太陽光・深夜電気を最大限活用し、電気代を節約できる
  4. 災害時・停電時にも太陽光併用で長期間電気を使える(LEAF:13kWh/日消費で4日間、太陽光10kW発電で20日前後)
  5. 平均的な車の買替え頻度ならば、蓄電池も7年程度で更新できる(車の買替え平均:R2年 7〜8年)

EVの良さ、太陽光の良さを活かし、家庭用蓄電池の弱点を補うイメージです。

一般的に言われるデメリットは、

V2Hのデメリット

EVの蓄電池の劣化が早くなる(通常より充放電が多い)

  1. 家に駐車スペースが必要(戸建・駐車場付きが前提になる)
  2. 車が家にないと充放電できない(売買電が必要、VS家庭用蓄電池)
  3. V2Hの設備が高額(工事費込みで安くても70万円程度)
  4. 車としてのEVに疑問(航続距離・音など)

我が家がデメリットとして感じるのは#3ぐらいですが、一定期間でコストが回収できれば初期投資の問題です。

V2H設備の選択肢

現時点で選べるメーカー・製品は限られています。

  1. ニチコン:トライブリッド
  2. ニチコン:EVパワーステーション(ベーシック・プレミアム・プレミアム+)
  3. デンソー(ニチコンOEM):V2H 充放電機
  4. 東光高岳:SmanecoV2H

※三菱電機もスマートV2Hを販売していましたが、2021年3月をもって終売となっています。

太陽光と組み合わせる場合は、新しくなった1のニチコントライブリッドがベスト。
トライブリッドパワコンが太陽光のパワコンも兼ねるので設備投資が抑えられます。
太陽光・蓄電池・EVの3つの電池をまとめて制御するので、余計な手間や無駄な変換ロスが削減できます。

コストメリットが高いのは2のニチコンEVパワーステーション。
スタンダードの値上げが発表され(2022年6月注文分より)、プレミアムとの値差が縮まり、相対的にプレミアムの魅力が上がりました。

スタンダードとプレミアムの違い

停電時(自立運転時)の使い方に大きな違いが出ます。

  • 200V供給(スタンダード:不可=特定負荷、プレミアム:可)
  • 出力(スタンダード:3kVA、プレミアム:6kVA
  • 太陽光電力のEVへの蓄電(スタンダード:不可、プレミアム:可)
  • その他、ケーブル長やスマホ連携にも違い

プレミアムとプレミアム+の違い

自立運転の起動方法

  • プレミアム:EVステーションを起動するために、車のアクセサリーソケットへの配線が必要
  • プレミアムプラス:ワンクリックで起動できので、追加配線は不要

自立運転時の電圧、太陽光連携が最大の違いです。災害・停電時の使い方を基準に選定することになります。

ざっくり補助金の種類

ざっくりと2022年に個人(法人以外)が活用できる補助金です。

  1. CEV補助金:日産ARIYA・LEAFで最大85万円まで補助。自家用のみが対象。
  2. V2H充放電設備 導入補助事業:設備代の1/2(上限75万円)と工事費(上限40万円・個人)
  3. 地方自治体の補助金:各都道府県・市町村で異なる
  4. DP(ダイナミック・プライシング実証事業):設備代の1/2(上限75万円)と工事費(上限40万円

予算枠が限られていますが、EVとV2Hをセットで導入する場合、かなり高額の補助金がもらえます。

デメリットにあった高額なV2H設備代は補助金でほぼ相殺。

来年度以降は分からないので、EVのラインナップも充実し始める今年は良いタイミングです。

次のページではbZ4X・ARIYA・LEAF・ハリアーHVのV2Hコスト比較」を紹介します。予想外の結果です。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-エネルギー
-, ,