PVアクセスランキング にほんブログ村

エネルギー 人気記事

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

2022年4月26日

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。

色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。

今回の記事のポイント

  1. オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果
  2. 最終的にオール電化に決めた理由・メリット
  3. 住んでから分かったオール電化のデメリット

オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思います。

オール電化に決めるときに感じた不安

人生初のオール電化、経験が無いので不安もありました。オール電化で決める時感じていた不安をまとめます。

全部が電気、光熱費が大幅に増える?

以前住んでいた賃貸マンション(電気・ガス併用)の年間光熱費は15.5万円でした。これに対し、新居(オール電化)の年間光熱費は18.9万円と約2割増です。光熱費を心配していた理由は次の通り。

光熱費が増えると考えた理由

  • 建物面積が2.5倍(賃貸:48㎡/新居:134㎡)
  • バスタブも1.5倍に大きくなる
  • 大型床暖房(75畳)が入る
  • 上下階・左右の部屋が無く暖房費が高い

5割増しぐらいを覚悟していましたが思ったほど増えず一安心。参考まで、賃貸マンションと新築での光熱費は次の通りです。

年間消費電力 年間光熱費 平均単価
マンション(ガス電気) 4,164kWh 155,398円 37.3円/kWh
新築平屋(オール電化) 6,662kWh 184,500円 27.7円/kWh
差額 2,497kWh 29,102円 ▲9.6円/kWh

※賃貸マンション(2020年)・新築平屋(2021年)

お湯切れリスク、使いたい時にお湯がない?

引っ越してから1年半経ちますが湯切れは一度もありません。冬は風呂にお湯を入れると、残湯目盛りは1/4まで下がりますが湯切れには至りません。

2人暮らしだとエコキュートのタンクは通常370Lですが、災害時の生活水確保のためひと回り大きい460Lを導入しました。実勢価格では数万円しか変わりません。設置スペースがあれば、湯切れ対策・災害対策でひと回り大きめのタンクがおすすめです。

大きなタンクと電気代

エコキュートはタンク内の温度センサーでお湯(45℃以上)と水の割合を把握しています。さらに日々の使用湯量もモニターし必要湯量も把握。深夜になると不足する湯量を自動で計算して沸き上げる仕組みです。使用湯量が一定であれば、タンクが大きくなっても沸き上げる湯量は変わりません。このため、タンクサイズと消費電力はあまり関係がないとされます。

IHは調理しづらい?

使いにくいと賛否が分かれるIHクッキングヒーターですが、(調理器具を選ぶ点は除いて)慣れれば使いやすいと感じています。

湯沸かしの早さなどメリットはいくつかありますが、1番良いのは夏に部屋の温度が上がらないこと。賃貸では12畳程度のDKでしたが、冷房を入れてもガスコンロの火力で室温がグングン上昇。今はコンロを使っても室温変化はありません。大きなメリットです。

深夜電気に縛られる生活はストレス?

安い深夜電気を使うために昼の家電使用を控えるなど、生活自由度に制約がでると感じていました。実際生活してみると、エコキュートも床暖房も自動運転。食洗機・洗濯乾燥機もタイマー機能が充実。無理して深夜電気を使うという感覚はありません。

生活の中で違和感は感じない

はじめてのオール電化生活ですが、ほとんどの事を設備が自動でやってくれるので、ガス併用の生活と違いは感じません。

コラム:オール電化×食洗機で食器が増える?

唯一戸惑ったのは食洗機。深夜だけで動かす場合、日中に食器や調理道具が不足します。探し回った挙句、食洗機の中で未洗いで見つけた時は思わずため息が出ます。追加で数セット用意してからは気になりません。

オール電化で大型食洗機導入の場合、食器・道具類を余分に収納できるように設計に余裕をもたせると安心です。

オール電化に決めた理由・メリット

不安がある一方でオール電化にメリット・魅力も感じていました。オール電化に決めた理由・感じていたメリットを紹介します。

火を使わない安全な生活

宅内で火を使わずに生活できる事は大きなメリットだと感じました。三井住友海上の資料によると、

火災原因のTOP5(令和元年)

  1. キッチンコンロ周り(13.6%)
  2. タバコ(9.6%)
  3. 電気配線(6%)
  4. 配線器具(5.6%)
  5. ストーブ(5.3%)

ガスコンロの安全装置が進化して火災リスクは下がってますが、それでも、火を使わずに生活できる安心感は大きいです。火災保険もオール電化は割引です。

キッチンとリビングを一体的にデザインしたい

ガスコンロを設置するキッチンは火気使用室に該当し、平屋や最上階キッチン(平屋や2階建ての2階)以外では壁・天井の仕上げ材に制限(準不燃材以上)がかかります。

「オープンキッチンでLDKの天井材をキッチンまで広げて一体感をだしたい!」という場合、平屋・最上階キッチン以外では、選択肢が限られ値段も高い「準不燃材(以上)の天井・壁材」しか選べません。火気使用室にあたらないオール電化では比較的自由に建材を選べます。大きなメリットです。

キッチンだけ仕上材を切り替える

準不燃以上の制限は火気使用室だけなので、キッチンとの境で天井材を切り換えればクリアです。問題はどうやって切り替えるか?平面で仕上材を切り替えると見切り・小口(切断面)が目立ち、見た目が良くありません。

よく見かける対策は「キッチンの天井だけを折下げて段差(入隅)で仕上材を切り替える」方法です。ハウスメーカーのモデルハウスでも割と見かけます。ダクトスペースも確保しやすく、かっこいい見た目、切り替え見切りと一石三鳥のデザインです。

IHコンロは掃除が楽、調理効率もUP

ガスコンロの掃除では、五徳を取り付ける溝周りの汚れ掃除が面倒でした。最近のガスコンロはかなりフラットですが、やはりIHヒーターの掃除しやすさは別格です。この点は本当に楽になったと感じています。

また、余計な凹凸がないので作業場所になるのも便利なポイント。コンロ周りの限られたスペースを多目的に使えるので、とても重宝しています。

電気は創れるエネルギー、災害に強い家

電気が止まると何もできなくなることが、オール電化のデメリットと言われます。しかし、裏を返すと、電気さえあればガスがなくても普段通りに生活できる事がオール電化のメリットです。高耐震住宅・太陽光パネル・EVがあれば「在宅避難しやすい災害に強い家」が作れます。

太陽光パネルも普及し「電気を創る」は当たり前です。今後EVや家庭用蓄電池が普及すれば、(電気代の高騰もあり)発電電力の自家消費率は大幅に上がります。「電気は原則自家発電、自家消費、不足する時だけ買う」というのも遠い未来ではないと感じています。

実際に住んでメリットを実感できた

オール電化を選ぶ上で考えたメリットは住み始めて実感することができました。特に掃除のしやすさ・調理スペースの確保は、毎日のことなので日々便利さを実感しています。

コラム:災害レジリエンスとマイクログリッド

大半の電力は発電所から繋がる広域送電網(グリッド)で供給され、「大規模・集中型」の電力システムと言われます。発電設備を集中・大型化でき効率が良い一方で、災害で停電すると広範囲に被害が及ぶデメリットもあります。そこで注目されているのが「地域マイクログリッド」です。

地域の送電網をグリッド(広域送電網)から切断し、地域内の太陽光発電・蓄電池・電気自動車を活用して地域内電力の自給自足を行うもので、「分散型電源」とも呼ばれます。他地域の停電による影響を受けないため、地域の災害耐性(レジリエンス)向上策として期待されてます。

V2H(EVから家に電力供給する)設備には高額な補助金が設定されていますが、申請書には「災害時の協力要請に(可能な限り)応じる」という条件が含まれています。脱炭素社会で語られるEVですが、実は「地域マイクログリッドの中核として災害対策への期待も大きい」というお話でした。

次のページでは「オール電化のデメリット」を紹介します。

次のページへ >


良く読んで頂いている記事


窓掃除ロボットHOBOT 2S ロボットで本当にきれいになるの?

大きなフルハイトの窓は開放的、冬でも日差しをたっぷり取り込めるので人気です。 しかし、綺麗な状態を維持するのは大変です。特に梅雨など長雨シーズンは、掃除しても掃除してもすぐに汚れます。 我が家は、中庭に面して「幅1.5m 高さ2.4mの大窓6枚」「2.4m高のテラスドア2枚」があり、軒が無いのでしっかり雨が当たります。 雨上がりには水染みや水垢がくっきり。入居直後は隔週で窓掃除をしていましたが、段々億劫になり最近は半年近く放置してました。 そんな状況を打開するため、試しに購入したのが「窓掃除ロボットHOB ...

ReadMore

オール電化にして後悔?1年半暮らして感じたメリット・デメリット

今までガス・電気併用で生活してきた我が家にとって、オール電化は「理屈上は良い」と分かっていても「不安が残る」決断でした。そんなオール電化生活もようやく1年半が経過。 色々トラブルもありましたが、実際に暮らしてみて「オール電化を選んでよかった」と感じています。今回の記事では次の3点について紹介します。 今回の記事のポイント オール電化を選ぶ時に感じた不安とその結果 最終的にオール電化に決めた理由・メリット 住んでから分かったオール電化のデメリット オール電化を検討中の方、これから新築の方の参考になればと思い ...

ReadMore

フェムトセル

携帯電波の入らない家(解決編)フェムトセルで電波はどれだけ改善したか?

我が家は「携帯電波が入らない家」、新築の途中、窓・屋根・外壁が出来上がった時に発覚しました。フェムトセルの導入条件は、新築住宅には複雑でなかなか手続きが前に進みません。 引っ越しから3週間遅れでフェムトセルが稼働し、宅内でも電話を使えるようになりました。我が家は大きな中庭のある変則的な間取り。Wi-Fiも含めて電波を使う通信にはハードルが高いようです。 今回の記事では、フェムトセル導入前後での電波改善状況についてまとめます。フェムトセル導入手続き、中庭のある間取りのWi-Fi事情は、こちらの記事でまとめて ...

ReadMore

イーサネットバックホール

Wi-Fi電波が弱い問題#2 イーサネットバックホールとDecoX20で解決

「中央に大きな中庭がある平屋」という特殊な間取りで、家全体にWi-Fiを張り巡らすために、バッファローのWTR-M2133HSによるメッシュWi-Fiを選びました。 家中なんとか使える状態にはなりましたが、ランドリーや寝室の電波が極端に弱い状態。ロフトに上がる階段に中継機を置いているので、登り降りで危ないと感じる事もあります。 そんなWi-Fi事情の中で最大の問題は、親機と中継機の通信状態です。設置場所の都合もあり、親子の通信でかなりのエラーが発生しています。一連の問題を解決するために「イーサネットバック ...

ReadMore

タイル床のメリットデメリット

タイル床のメリット・デメリット、建てる時は大変、住んでからは手間要らず!

我が家はデンマークの建築家「Halldor Gunnløgsson」の自宅をイメージして設計。その家の床は大理石ですが、それは予算オーバーなので石目調のタイルを採用しました。 タイル床での生活は初めてなので、ネットで見かけるデメリット情報に不安を感じていました。実際に建てて1年住んでみて感じた「タイル床のメリット・デメリット」をまとめます。 結論としては、建てる時は費用・手間・時間がかかるが、住んでからは手間要らず。選んでよかったと思います。 その他、家づくりに関する記事はこちらからどうぞ。 こちらもCH ...

ReadMore

クラピア

3ヶ月経過したクラピア、植えた場所によって成長具合に差が出ました

6月上旬に植え付けたクラピアですがとても元気に育っています。今年の夏は雨も多かったので、たっぷりの水と太陽で驚くほど広がっています。 芝生よりも成長が早く手間の少ないと考え、グランドカバーにはクラピアを選びました。期待通りの成長の早さですが、場所によって成長に違いがあります。 モサモサすぎる部分を刈り込みましたが、。刈り込みながら陽当たり・水捌け・土の状況など成長の違いについても考えてみました。 植え込み直後、1ヶ月後の記事はこちらからどうぞ。 こちらもCHECK こちらもCHECK 目次(ジャンプできま ...

ReadMore

エアコン目隠しルーバー

コストダウンのため、エアコンの目隠しルーバーをDIYで作成したら、ハウスメーカーにも大好評!

内装にこだわり始めると、エアコンの設置方法は悩みどころです。特に、LDK用のエアコンはサイズが大きく存在感があるので、インテリアの雰囲気を崩さないように設置したいと考えました。 見積りには目隠しルーバーが設定されていましたが結構な値段。そこで、思い切って自作しました。試行錯誤・手間と時間はかかりましたが、見た目も内装と調和しコストダウンにもなりました。今回は、そんな大好評の「可動式のエアコン目隠しルーバー」を紹介します。 また、関連記事はこちらでも記載しています。 こちらもCHECK 引っ越して最初にやっ ...

ReadMore

フェムトセルの導入

携帯電波が入らない家(導入編)、3ヶ月かかった、全体像の見えないフェムトセル導入手続き

iPhone3Gが発売され、便利なものができたと飛びついてから10年以上。生活インフラとして当たり前に使っているスマホですが、「使えない」と大変です。 前回記事で紹介した通り、我が家は「携帯電波の入らない家」。引っ越し時は家電・家具の搬入など携帯電話が必須なので、引っ越し前にフェムトセルの設置を目指しましたが、残念ながら間に合わず。こんなに手続きが分かり難いとは思いませんでした。 そこで今回の記事「導入編」では、DOCOMOフェムトセルの導入方法・手続きのポイントを紹介します。新築で導入する場合、既存の建 ...

ReadMore

植えてはいけないトクサ

「植えてはいけない」と言われる「トクサ」、植えた理由と地下茎対策

世間では「植えてはいけない」と言われる植物がいくつかあります。我が家の外庭法面や中庭の一角に植えた「トクサ」もその1つ。 「植えてはいけない」と言われるとインパクトがあるので身構えてしまいます。実際は、「軽い気持ちで植えてはいけない」「付き合い方を理解して植えましょう」という意味が正しいと思います。 今回は、「植えてはいけないと言われるトクサを植えた理由」「トクサの地下茎対策」について紹介します。 外構・植栽関連の前回記事はこちらです。 こちらもCHECK 目次(ジャンプできます)Page 1「植えてはい ...

ReadMore

片流れ屋根の太陽光

北向きの片流れ屋根、太陽光パネルはあまり載らない?

新築住宅の5軒に2軒が太陽光を導入するそうで、10年前に比べるとかなり普及したと感じます。FIT制度の効果は絶大です。 御多分に洩れず、我が家も太陽光設置を考えていましたが、目的は売電というより災害対策。災害時でもエネルギーを作れる点に魅力を感じていました。 最終的に新築時には導入せず先送りましたが、検討過程で気になったのは「北下がりの片流れ屋根と太陽光の関係」です。 今回の記事では、新築検討時の情報をもとに以下の事を紹介します。 この記事のポイント 太陽光を設置する上での北下がり屋根のデメリット 北下が ...

ReadMore

-エネルギー, 人気記事
-,